『グレイズ・アナトミー シーズン3』の動画一覧

まとめ買い

全話EPISODE 1~EPISODE 25

  • 字幕/吹替 
  • 30日間 4,400 pt 〜

    20%OFF

動き出す時間 / 衝動は嵐のように / 夢と現実 / 自分が自分であるために / 罪悪感という魔物  / 身を捧げる覚悟 / 再出発 / 心の痣 / 告発の行方 / 寄り添える相手  / 父との6日間 Part I / 父との6日間 Part II / 大いなる期待 / ささやかな願い / 消えゆく私 / 生と死 / 別れのとき / 傷は人生のロードマップ / 計画外のできごと / 過去との再会 / かけちがう望み / 夢を求めて Part I / 夢を求めて Part II / 崩れゆく歯車 / 誓いの言葉

本編

EPISODE 1 動き出す時間 TIME HAS COME TODAY (SEASON PREMIERE)

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

デニーを失い大きなショックを受けたイジー。バスルームに閉じこもったままのイジーに代わる代わる寄り添いながら、メレディスたちの脳裏にはインターン1年生として初めて仲間と出会った頃の記憶がよみがえる。危険な伝染病に感染した患者に接触してしまったジョージとデレクは、病院内のロッカールームに隔離されることに。アレックスは置き去りにされた未熟児の母親探しに奔走し、ウェーバー部長はわざわざ秘書を通じて予約を入れた妻アデルの訪問を受ける。

EPISODE 2 衝動は嵐のように I AM A TREE

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

入院中のバークを見舞いに訪れた彼の両親と、気まずい初顔合わせをしてしまったクリスティーナ。バークの母親は、クリスティーナが自慢の息子に見合う相手かどうか、厳しい目で観察を開始する。また病院内の落し物として掲示板に貼られた女性用の下着を巡って、カリーの浮気を疑うジョージ。メレディスは、優しくて思いやりのあるフィンに心を動かされるも、今度こそアディソンとの結婚にピリオドを打つというデレクの言葉を聞き、ますます混乱するばかり。そんな3人は担当する患者を通じて、それぞれの悩みに対する答えを見出す。

EPISODE 3 夢と現実 SOMETIMES A FANTASY

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

デレクとフィンの2人とデートを重ねて、どちらを選ぶか決めると宣言したメレディス。でも、それは思っていた以上に難しいことだと痛感する。自宅療養となったバークは、果たして自分の腕が元通りに動くようになるのかと不安に陥る。そんなバークを見守っていたクリスティーナは、バークに自信を持たせようとある行動に出ることに。アレックスは自分が痛みを感じないスーパーヒーローだと信じる少女の治療に当たる。そしてデニーの死から立ち直ったイジーは、もう一度医師になるチャンスが欲しいと願い出るため、意を決して病院へ向かうが・・・。

EPISODE 4 自分が自分であるために WHAT I AM

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

突然の腹痛に襲われ、"もしや妊娠?!"と半信半疑なメレディスだったが、やがて虫垂炎であることが判明。麻酔のため饒舌になったメレディスは、通りがかったアディソンを病室に呼び、2人は初めて本心を語り合うことに。マークが正式に医師としてシアトル・グレース病院に着任したことを知り憤慨するデレクは、右手に違和感が残っているというバークの相談を軽く受け流し、バークの現場復帰を許可してしまう。そしてイジーの元には、デニーの父親があるものを手渡すためにメンフィスからやって来る。

EPISODE 5 罪悪感という魔物 OH, THE GUILT

  • 44分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

シアトル・グレース病院で開かれた死亡症例検討会に出席したメレディスたち。そこでデニーの症例が取り上げられ、イジーを含むインターンたちの責任者であるベイリーが、非難の矢面に立たされる。いよいよ病院に復帰することになったバークのために、クリスティーナは周りに気付かれないようにバークをサポートすることを提案。デレクとアディソンは離婚に向けて具体的な話し合いを始め、デニーが残してくれた巨額の遺産を手にしたイジーは、その使い道に頭を悩ませる。そんな中病院には、離婚したものの"離れられなく"なってしまった元夫婦の患者が現れる。

EPISODE 6 身を捧げる覚悟 LET THE ANGELS COMMIT

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

やっと病院に戻ることが許可されたイジーと、彼女を迎え入れたベイリーには、それぞれに大きな壁が待ち受ける。メレディスはニューヨークから訪ねて来たデレクの姉に気分を害され、アレックスは珍しいケースの助手に自分ではなくジョージを指名したアディソンに腹を立てる。またバークの後遺症を隠すために、オペのスケジュールやメンバーにまで目を配るようになったクリスティーナは、次第に他のインターンたちから孤立し始める。

EPISODE 7 再出発 WHERE THE BOYS ARE

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

メレディスと離れて自分の考えを整理するため、郊外へキャンプに行くと決めたデレク。バークを誘ったつもりが芋づる式にメンバーが増え、ウェーバー部長を含む男ばかりの大所帯で出掛けることに。ところがジョージとアレックスの些細な言い争いがケンカに発展し、キャンプどころではなくなってしまう。同じ頃病院では、隠し事に気付いたベイリーがクリスティーナを追及。メレディスは、マークが担当する性別適合手術に立会い、アディソンは転倒した出産間近の妊婦を診る。そしてイジーには、カウンセラーとともに1日を過ごすという課題が与えられる。

EPISODE 8 心の痣 STARING AT THE SUN

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

父ハロルドに転移性の食道ガンが見つかり、動揺するジョージ。その上、心臓の手術も必要となり、それをバークが担当すると知ったジョージは、以前目撃したバークの手の震えを思い出し、不安を募らせる。一方アレックスとイジーは、整形手術を繰り返し、自分のことを三人称で語る風変わりな男性患者を一緒に担当しながら、再び絆を深める。家を出てホテル暮らしを続けていたウェーバー部長は、妻の希望を受け入れ引退することを決意。そのためメレディスの母親エリスを見舞うこともやめると決心する。

EPISODE 9 告発の行方 FROM A WHISPER TO A SCREAM

  • 52分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

大規模な車の事故が発生し、大勢の患者がERに搬送されて来た。大忙しのインターンたちを横目に、試用期間中のイジーは治療に参加することができない。バークの腕が信用できないジョージは、患者の家族の立場から父の担当を変更して欲しいと申し入れ、手術には別の医師を指名。突然バークが担当から外れたと知ったジョージの両親は困惑する。そして、クリスティーナとバークは秘密を隠し通すことに限界を感じるが、口裏を合わせるかどうかで口論となってしまう。

EPISODE 10 寄り添える相手 DON’T STAND SO CLOSE TO ME

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

手の震えを抱えたまま復帰したバークと、それを知りながら隠していたクリスティーナ。ベイリーはウェーバー部長に2人を処罰すべきだと強く訴えるが、部長はバークの手を回復させることを優先させ、デレクに手術を打診。しかしバークがその提案を断ったことから、デレクは自分の腕に対する自信を失ってしまう。ジョージが父ハロルドの手術を巡って更に意固地になる一方で、メレディスには家族とは何かを考えさせられる出来事が起こる。

EPISODE 11 父との6日間 Part I SIX DAYS (PART 1 OF 2)

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

メレディスの父親が病院に現れた。再婚した彼の娘が緊急出産したのだ。自分とは別の家族を持つ父の姿にイラつくメレディス。更にデレクからあることを指摘され、ショックは倍増する。勤務を休んで自分に付き添うジョージを見て、ハロルドは自分の本当の病状をジョージに告げないで欲しいと医師たちに頼む。一方、試用期間が解けないイジーは、難病を抱えるヘザーという少女の手術に立ち会うため、なんとかベイリーに自分の復帰を認めさせる方法を思案する。

EPISODE 12 父との6日間 Part II SIX DAYS (PART 2 OF 2)

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

多額の費用がかかるため断念されたヘザーの手術に、救世主が現れる。何者かが匿名でヘザーの治療代を病院に寄付したのだ。ジョージは「すべてを正直に話す」と約束していたベイリーに詰め寄り、ハロルドはガンが転移していた場合も手術の続行を希望していたことを知る。そんなハロルドの術後の経過は思わしくなく、ジョージと家族は難しい決断を迫られる。デレクに指摘された悩みを抱えるメレディスは、思いがけない相手からのアドバイスに救われる。また再度手術を受けたバークは、手の震えが消えたことをデレクに告げる。

EPISODE 13 大いなる期待 GREAT EXPECTATIONS

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

外科部長を引退し、家庭に戻ると決心したウェーバー部長。しかし妻アデルは彼の決断を喜ぶどころか、意外な反応を示す。一方シアトル・グレース病院では、早くも外科部長ポストの後任を巡って、デレク、バーク、アディソン、マークの4人が闘争心をむき出しにしたバトルを開始。父親を亡くしたジョージは、悲しみを癒すためセックス・マシーンと化し、昼夜を問わず求められるカリーは疲労困憊に。一方、若くして家でをした少女が、子宮頸ガンを患い、すでに手遅れだということを知ったベイリーは、病院内に無料クリニックを開設する決意を固める。またクリスティーナに対し口を閉ざしていたバークは、長い沈黙を破り驚くべき言葉を口にする。

EPISODE 14 ささやかな願い WISHIN’ AND HOPIN’

  • 47分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

デニーの遺産をイジーが寄付したことにより設立された無料クリニックがオープンの日を迎える。ラスベガスから戻ったジョージとカリーは、衝撃的なニュースを発表。メレディスは、アルツハイマーを患っていた母エリスが突然記憶を回復したという連絡を受け、病院へ駆けつける。回復は一時的なものらしいが、娘に大きな期待を抱いていたエリスに今の生き方を厳しく問われ、メレディスは傷ついてしまう。バークにプロポーズの返事をしていないクリスティーナは、結婚生活とキャリアの両立は可能なのかと悩む。そんな中、ある患者の血液中の有毒物質に感染した病院内のスタッフが次々と倒れてしまう。

EPISODE 15 消えゆく私 WALK ON WATER

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

一時的に正常な意識を取り戻した母親の発言に、大きなダメージを受けたメレディス。何も話してくれない彼女が、デレクは心配でならない。プロポーズを受け入れ、正式に婚約したバークとクリスティーナは、その事実をどのように公表するかでまた言い争いに。そんな時、災害時に治療の優先度を決めるためのトリアージの訓練が行われていたシアトル・グレース病院に、濃霧のためフェリーとコンテナ船が衝突したというニュースが飛び込んでくる。事故現場である埠頭に向かったメレディスたちは、大惨事に巻き込まれた大勢の怪我人に直面する。

EPISODE 16 生と死 DROWNING ON DRY LAND

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

事故現場で怪我人の手当てをしている最中に、誤って海へ落ちたメレディスは、意識不明のまま水中から引き上げられる。イジーはフェリーの中で2台の車の間に挟まって動けない怪我人を発見。絶望的な状況の中で対処を迫られ、必死に自分を奮い立たせる。大勢の負傷者が運び込まれたシアトル・グレース病院では、重体の女性が息子の無事が確認できるまで手術を拒否すると宣言。ジョージは彼女に必ず息子を捜し出すと約束してしまう。また事故に遭った被害者の家族や知人たちが病院に殺到し、アレックスがその対応を任される。

EPISODE 17 別れのとき SOME KIND OF MIRACLE

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

ウェーバー部長の下、必死にメレディスの蘇生に取り組むバークとベイリー。心配で落ち着かないデレクは担当を外され、エリスの病室へ向かう。現場で目を離した自分を責めると同時に、メレディスがどれほど母親との関係に悩んでいたかを知ったデレクは、エリスにその怒りをぶちまける。その頃生死をさ迷うメレディスは、夢の中で過去に亡くなった患者たちに遭遇し、不思議な対話をする。一方、アレックスが事故現場から救助した妊婦が目を覚ますが、自分の名前から赤ちゃんの父親を含む、すべての記憶を失っていることが判明する。

EPISODE 18 傷は人生のロードマップ SCARS AND SOUVENIRS

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

シアトル・グレース病院の外科部長候補に、新たな人物が参戦。有名な心臓外科医であるマーロウは、なんとスタンフォード時代に教え子だったクリスティーナと恋人関係にあった。その事実を知ったバークは平静さを失い、マーロウに復縁を迫られるクリスティーナは、面倒な三角関係に陥ってしまう。部長後任レースを意識しすぎるスタッフたちの目に余る行動に、ウェーバー部長の怒りも頂点に。徐々に回復するメレディスは、父ザッチャーとその妻スーザンを食事に招き、家族としての第一歩を踏み出そうとするが、ザッチャーの心無い一言にそれまでの思いをとうとう爆発させてしまう。

EPISODE 19 計画外のできごと MY FAVORITE MISTAKE

  • 46分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

カリーにホテルの部屋を追い出され、酔った勢いでイジーと一夜を共にしたジョージ。ひどい二日酔いで迎えた翌日、運悪くカリーの父親との初顔合わせが待ち受ける。ジョージに前夜の記憶が全くないと知ったイジーはショックを受け、バークと顔を合わせたくないクリスティーナと共に、彼らを避けるため自主的に無料クリニックの担当を志願。シアトル・グレース病院では外科部長候補に対する理事面接が行われることになり、マーロウの出現で更に闘志を燃やすデレクたちは、それぞれの方法で必死にアピールをする。

EPISODE 20 過去との再会 TIME AFTER TIME

  • 45分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

フェリーの衝突事故に巻き込まれて記憶喪失となった妊婦エヴァが、顔を再生する整形手術を受けた。未だに誰とも連絡が取れず、自分は見捨てられたと投げやりになる彼女にとって、アレックスは大きな心の支えだ。彼もまた、彼女に惹かれている自分に気付く。メレディスとデレクは2人の関係に疑問を抱き始め、バークの気持ちを受け止めると決心したクリスティーナは、マーロウを冷たく突き放す。そんな中、イジーが十代で出産し養子に出した娘が、急性骨髄性白血病を抱えてシアトル・グレース病院にやって来る。娘の育ての両親から骨髄移植のドナーになってほしいと頼まれ、協力を決意するイジー。仲間たちにも相談せず、一人で骨髄採取に挑むイジーの元へ、真っ先に駆けつけたのはジョージだった。

『グレイズ・アナトミー』シリーズ

この作品をみた人はこちらもみています