『スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3』の動画一覧

まとめ買い

全話EPISODE 1~EPISODE 22

  • 字幕/吹替 
  • 30日間 3,872 pt 〜

    20%OFF

影の中へ パート1 / 影の中へ パート2 / 運命のホロクロン / アンティリーズ引き抜き工作 / ヘラの英雄 / クローン戦争の名残 / マンダロリアンの誇り / アイアン中隊 / ウィンカースーのお宝 / 内通者 / ヴィジョンと声 / ジオノーシスの亡霊 パート1 / ジオノーシスの亡霊 パート2 / ゼブの名案 / ダークセーバーの試練 / マンダロアを継ぐ者たち / 追求の目 / 極秘輸送 / 二重スパイ・ドロイド / 双子の太陽 / 攻撃開始時刻 パート1 / 攻撃開始時刻 パート2

本編

EPISODE 1 影の中へ パート1

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

エズラたちは、ある情報と引き替えに、帝国の刑務所から海賊ホンドー・オナカーを脱獄させる。情報とは、ヤルマにある廃船処理ステーションのことだ。そこには、共和国の爆撃機Yウィングが数多く残されているという。反乱組織の戦力増強のためにファイターが欲しいエズラたちは、その情報を確かめに、セリーダ中継点を通ってヤルマへ偵察に向かう。だが、ステーションでは次々とYウィングが廃棄処分されており、猶予はなかった。

EPISODE 2 影の中へ パート2

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

偵察任務でヤルマに来たにもかかわらず、廃船処理ステーションから古いYウィングを盗み出すことに決めたエズラ。チームはステーションにファントムをつけ、爆撃機を奪って逃げるために燃料補給作業を行う。ステーションへの侵入者に気付いた司令官ブロム・タイタスは、ドロイドやストームトルーパーに彼らを攻撃させる。さらに、爆撃機をコンベアーに電磁ロックする。エズラはロック解除のために、ブロムらがいる管制塔へ向かう。

EPISODE 3 運命のホロクロン

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

ケイナンとエズラが別任務で離れている間、ゴースト号がモールの襲撃を受け、ヘラたちは人質となってしまう。モールはエズラたちに、シスのホロクロンとジェダイのホロクロン、両方とも渡すよう求める。ケイナンが自室に保管していたジェダイのホロクロンはモールの手に渡ってしまう。だがシスであるモールは、これを開けることができない。一方、ケイナンとエズラは、シスのホロクロンを返してもらうためにベンドゥの元を訪れる。

EPISODE 4 アンティリーズ引き抜き工作

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

反乱組織の艦隊はパイロット不足に悩まされていた。そこで、アソーカとは別の秘密の内通者フルクラムからの情報で、帝国軍から離反を希望しているパイロットを引き抜くことに。スカイストライク・アカデミーの候補生の中に希望者たちがいるとのことで、サビーヌは候補生に扮して潜入し、エズラが後方支援にあたる。だが帝国保安局も、アカデミーに裏切り者がいる、との情報を得て、エージェント・カラスとプライス総督を送り込む。

EPISODE 5 ヘラの英雄

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

ヘラの故郷である惑星ライロスへ、救援物資を届けに来たゴースト・チーム。ヘラは、父親チャム・シンドゥーラと再会する。チャムによると、とても有能とは思えなかった帝国軍の司令官スレイヴィン大佐がなぜか最近、強敵へと変貌したらしい。ヘラが育ったタン地方は帝国軍の支配地域となり、屋敷は今や占領軍の本部にされていた。逃げる際、チャムが家に伝わるトーテム像を持ち出せなかったと話すと、ヘラは取りに行くと宣言する。

EPISODE 6 クローン戦争の名残

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

エズラ、ケイナン、レックスそしてチョッパーは、プロトン爆弾を入手するため惑星アガマーへ。壊れた輸送船内で爆弾は見つかるが、チョッパーを除く一同は、クローン戦争時代の分離主義同盟のバトル・ドロイドたちに囚われてしまう。オーダー66の後、ドロイドに出された機能停止のコマンドが、なぜかアガマーには届いておらず、カラニを司令官とするドロイド軍団はクローン戦争を自分たちの勝利で終わらせる時を待っていたのだ。

EPISODE 7 マンダロリアンの誇り

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

プロテクターのリーダー、フェン・ラウを捕虜にとったことで、マンダロリアンの植民地であるコンコード・ドーンの星系を自由に通れるようになっていた反乱者たち。ところが、プロテクターたちの基地と連絡が取れなくなる。そこでサビーヌとエズラがフェン・ラウを連れて、偵察に赴く。だが途中で、ラウにファントムを乗っ取られてしまう。気付くと彼らはコンコード・ドーンに着陸。プロテクターの基地は何者かの襲撃を受けていた。

EPISODE 8 アイアン中隊

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

ゴースト・チームはフルクラムの情報を元に、反乱者シンパの住民たちを脱出させるため、帝国軍に侵攻される惑星マイカポへ向かう。既に帝国の輸送船やタイ・ファイターが接近中だったが、1隻の貨物船が果敢に反撃して、帝国を一旦、退却させる。この貨物船には、マイカポの少年マートをキャプテンとする「アイアン中隊」と称する者たちが乗り込んでいた。しかし、マート以外のメンバーは、彼の友人ジョナーとグーティのみだった。

EPISODE 9 ウィンカースーのお宝

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

またホンドーがらみの仕事の話を持ってくるエズラ。しかし、彼を信用していない仲間たちは不満顔だ。しかも、今回のホンドーのパートナーは、以前ヘラをメイドにしようとしたアズモリガンだ。だが、彼らが持ってきた話は魅力的だった。惑星ウィンカースーで嵐に遭った帝国の輸送船が、現在無人で漂流している。その積み荷の中に、自分たちの欲しいお宝以外に、反乱者が以前から手に入れたがっていたプロトン爆弾もあるというのだ。

EPISODE 10 内通者

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

エズラとケイナンはロザルに戻り、反乱者グループを率いているライダー・アザディと合流。ロザルにある帝国の工場を反乱組織で総攻撃する前に、情報を集めるのが目的だ。工場には、労働者としてエズラの知人、スマールが潜入し、破壊工作を行っていた。エズラとケイナンも工場に潜り込む。ところが帝国は破壊工作に気付き、スローン大提督、プライス総督、エージェント・カラスが工場にやってくる。工作がバレたスマールは・・・。

EPISODE 11 ヴィジョンと声

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

アトロンの反乱者基地でモールの声を聞き、その姿を見るエズラ。ヘラはケイナンにエズラを任せて、ロザルへ偵察任務に向かう。ケイナンとエズラは、アドバイスを求めてベンドゥを訪ねる。だが、そこへモール本人が現れる。以前、ジェダイとシスのホロクロンをひとつにした時、エズラとモールの意識が混じり合ったため、モールにチョッパー基地の場所がバレていたのだ。モールは再度、エズラと意識をひとつにしようと考えていた。

EPISODE 12 ジオノーシスの亡霊 パート1

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

秘密任務に向かったゴースト・チーム。道中、ベイル・オーガナから聞かされた任務は、ジオノーシスから住民が消えた、と報告を受けて送った調査隊からの連絡が途絶えたため、チームを救出し彼らが集めた情報を回収する、というものだった。チームを率いるのは、クローン戦争時代にレックスが訓練をしたソウ・ゲレラだ。ジオノーシスに着いた一同は、最後の交信の際にソウたちがいたと思われる座標の辺りへ。ソウの報告では・・・。

EPISODE 13 ジオノーシスの亡霊 パート2

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

ソウ・ゲレラは、捕らえたジオノーシアンを厳しく追及しようとする。見かねたエズラが、そのジオノーシアンにクリック=クラックという名前をつけて優しく話しかけると、彼は何かを伝えようと、絵のようなものを地面に描く。だが何を意味しているか分からない。その後、一同はクリック=クラックの作業場で、ジオノーシアンの女王の卵を見つける。彼はシールド・ジェネレーターやバトル・ドロイドを使ってその卵を守っていたのだ。

EPISODE 14 ゼブの名案

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

ゴースト・チームの一同が訓練に出かけている間、アトロンのチョッパー基地の責任者として1人居残りとなったゼブ。隕石か何かで基地外縁部のセンサー・マーカーが壊れたと聞き、修理に向かうと、そこには正体不明の壊れたドロイドが。ゼブはチョッパーの反対を聞かず持ち帰る。再起動すると、記憶システムにはダメージがあるようだが、倉庫内をスキャンして武器弾薬の在庫目録を即座に作成する。AP-5は助手として使い始める。

EPISODE 15 ダークセーバーの試練

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

モールの故郷の星ダソミアから、ダークセーバーを持ち帰ったサビーヌ。ケイナンは彼女から預かったセーバーをフェン・ラウに見せる。それは千年以上前、ジェダイ・オーダーに加わった初のマンダロリアンであるター・ヴィズラが作った物だった。彼の死後、ジェダイ聖堂からヴィズラ家の者たちが盗んだもので、モールに奪われるまでヴィズラ家のリーダーのシンボルだった。サビーヌがこれを使えるようになれば、と言うフェン・ラウ。

EPISODE 16 マンダロアを継ぐ者たち

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

マンダロリアンの戦士たちを反乱組織に引き入れるため、久しぶりに家族の元へ戻ることになったサビーヌ。ケイナン、エズラ、フェン・ラウが同行。だが、サビーヌは同胞たちに裏切り者と見なされており、手荒い出迎えを受ける。兄弟のトリスタンは、帝国に任命されたマンダロア総督ガル・サクソンの部下になっていた。そして、母ウルサの元へ連れて行かれるが、母は娘の話に耳を貸さない。それでも娘の命だけは守りたい母は・・・。

EPISODE 17 追求の目

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

リステ大尉の軽クルーザーに、ロザルから逃げてきたシャトル泥棒が捕まる。泥棒の正体は何と、エズラ。エージェント・カラスは尋問と称して二人きりになり、事情を聞く。エズラは、フルクラムのことが帝国軍にバレそうなのでカラスを救出しに来た、と言う。ところがカラスやリステに対し、スローン大提督から呼び出しがかかり、シャトル泥棒のエズラも一緒に、スローンのスター・デストロイヤー「キメラ」に連れて行かれることに。

EPISODE 18 極秘輸送

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

オーガナ議員の依頼で、ある輸送船に燃料補給をすることになったゴースト・チーム。フネを待っていると、帝国の偵察ドロイドが現れる。それを破壊した直後に、ゴールド中隊を伴った輸送船が到着する。議員の随行員によると、このフネは反乱運動に重要な意味を持つ荷物を運んでいて、ドロイドが探していたのもこのフネだろうと言う。ゴールド中隊は、無謀な行動をとるゴースト・チームに対して批判的だった。そこへ帝国軍が現れる。

EPISODE 19 二重スパイ・ドロイド

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

ロザル攻撃作戦に備えて必要となるコードを盗み出すため、ウェッジ、チョッパー、AP-5が、帝国保安局の基地へ送られる。AP-5とチョッパーは、どちらが任務の主導権を握るかで揉め、潜入した基地内で別行動を取る。ところが監視を行っていたロボトたちが、未許可ドロイドの基地侵入に気付く。ロボトの責任者ブーンは、チョッパーがセントラル・コンピューターにアクセスを試みているのを逆手に取り、情報を得ようとする,。

EPISODE 20 双子の太陽

  • 22分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

オビ=ワン・ケノービを探し求めて、タトゥイーンにたどり着いたモール。だが、どうしても居場所がつかめない。オビ=ワンをおびき出すのにエズラを利用することを思いつき、ホロクロンを通じて、エズラにオビ=ワンのメッセージと自分の声を聞かせる。エズラは、マスター・ケノービが生きていて、彼にモールが迫っているのだと考え、ヘラたちの制止も聞かず、勝手にタトゥイーンへ飛ぶ。チョッパーだけがエズラに黙って同行する。

『スター・ウォーズ』シリーズ

この作品をみた人はこちらもみています