ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。
都会の森

都会の森

高嶋政伸主演!司法研修所を卒業したばかりの新米弁護士の成長を、明るく感動的に描く法廷サスペンス。田中美佐子と黒木瞳が美人弁護士を務める。

配信開始日:2016年06月01日

都会の森の動画まとめ一覧

『都会の森』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

第1回~最終回

レンタルする

第1回~最終回

1620ポイント

  • 第1回 いざ!初法廷
  • 第2回 有罪・無罪
  • 第3回 俺は見た!
  • 第4回 進介、証言台に立つ!
  • 第5回 アリバイが消えた!
  • 第6回 証言・先生が殺した!
  • 第7回 弁護士失格!
  • 第8回 意外!?真犯人は…
  • 第9回 哀しい真実
  • 第10回 進介、崖っぷち!
  • 最終回 父と子の法廷
3,564ポイント 1,620ポイント
視聴期間: 30日間

第1回 いざ!初法廷

レンタルする

第1回 いざ!初法廷

324ポイント

第1回 いざ!初法廷
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:30

司法研修所を卒業する日、朝刊の紙面を目にした八橋進介(高嶋政伸)は憤怒の表情になり、玄関を飛び出す。そのまま東京地検に駆け込んだ進介は、検事正・八橋宣明(佐藤慶)に新聞に出ていた公害訴訟不起訴の記事について食ってかかる。しかし、この2人は実の父子だった。
進介の就職先の舟本法律事務所は、宣明と14年前に「花田医師事件」で真っ向から対立した事務所。進介は先輩弁護士・美波子(黒木瞳)に憧れてこの事務所に入ったが、宣明からは「お前を叩きつぶすまでだ」と言い放たれてしまう。そんな中、舟本法律事務所に片桐晶(田中美佐子)が入ってきた。だが、晶と美波子はかつての恋敵で、2人の間には早くも火花が散る。

第2回 有罪・無罪

レンタルする

第2回 有罪・無罪

324ポイント

第2回 有罪・無罪
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:30

晶(田中美佐子)がやってきた舟本法律事務所は何やら険悪ムード。そんな中、カメラマンを連れた伊波(江口洋介)が現れ、晶と美波子(黒木瞳)にフラッシュを浴びせる。伊波は"日本の法廷史上初の女の法廷"の記事を飾る女性弁護士の取材に来たのだ。これは赤字経営立て直しのために晶が仕組んだことで、早くも事務所の中は荒れ模様。そんなある晩、事務所に戻った進介(高嶋政伸)は、美波子と酒場のマスター・日下(徳永英明)の密会を目撃。日下は美波子に別れを告げて去ってしまった。そこに疲れ切った足取りの晶が戻ってきた。以前の事務所の得意先に見放され自信をなくした晶と、恋愛で傷付いた美波子の間には、いつしか昔の友情がよみがえっていた。

第3回 俺は見た!

レンタルする

第3回 俺は見た!

324ポイント

第3回 俺は見た!
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:30

教え子の父親と不倫関係を持った女性教師が、不倫がバレたために口論となり夫を殺したとされる事件で、進介(高嶋政伸)は無罪を唱えた。晶(田中美佐子)と美波子(黒木瞳)に問いただされた進介は、犯行時刻に被告人の弥生(和泉ちぬ)を見たと言い、自らがアリバイの証人だと訴える。初法廷以来、口を利かなくなったという弥生は明らかに誰かをかばっている。そこで進介と美波子は、弥生の愛人・中原司郎(中本賢)の家を訪ねる。司郎の息子・草太(神田利則)も妻・きよ子(黒田福美)も本音を出さず、進介たちは困惑。そんな中、自分の証言を実証する人物を探すために奔走する進介の行動を、検事・才賀伸也(伊武雅刀)が嗅ぎまわっているとの情報が入る。

第4回 進介、証言台に立つ!

レンタルする

第4回 進介、証言台に立つ!

324ポイント

第4回 進介、証言台に立つ!
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:30

検察側の証人に指名された進介(高嶋政伸)は、検事・才賀(伊武雅刀)の策略にはまり完敗してしまう。総力を結集して意地でも勝つという晶(田中美佐子)に対して、美波子(黒木瞳)はこれ以上経費をかけられないと主張する。進介は気晴らしにカフェバー「幻灯」を訪れる。そこには伊波(江口洋介)がいて、「酒に逃げるやつとはな」と言い放たれてしまう。翌朝、出社した進介を舟本所長(鈴木瑞穂)が待ち構えていた。所長は昨日の法廷のありさまを全否定し、進介に弁護人を降りるように言う。

第5回 アリバイが消えた!

レンタルする

第5回 アリバイが消えた!

324ポイント

第5回 アリバイが消えた!
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:30

電源を止められたエレベーターの中から脱出した進介(高嶋政伸)は慌てて地裁に向かうが、法廷は主任弁護士が来ないため延期となっていた。晶(田中美佐子)たちはあきれて、遅刻の理由も聞いてくれない。進介はミスを挽回するために、弥生(和泉ちぬ)の教え子・草太(神田利則)に近づく。彼は何かを知っているに違いないが、堅く閉ざした心はなかなか開いてくれない。そんな中、事務所に戻ろうと腕時計を見た進介は、時刻が狂っていることに気付く。そして弥生と出会った日の時間も違うかもしれないと顔面蒼白となる。

第6回 証言・先生が殺した!

レンタルする

第6回 証言・先生が殺した!

324ポイント

第6回 証言・先生が殺した!
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:30

進介(高嶋政伸)に決して心を開かなかった草太(神田利則)が、検察側の証人として証言台に立ち、才賀(伊武雅刀)の訊問が始まった。そして次々と草太の口から新事実を引き出した。ついに草太から「先生が殺した」と証言させ、法廷の流れは才賀のものに。弁護人の反対訊問が始まるが、草太は黙秘を続け何も聞き出すことはできなかった。今まで誰にも事件について話してこなかった草太は、何故才賀には話す気になったのか?才賀が使った手段とは・・・?

第7回 弁護士失格!

レンタルする

第7回 弁護士失格!

324ポイント

第7回 弁護士失格!
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:30

被告人の弥生(和泉ちぬ)が、進介(高嶋政伸)たち全員を解任した。さらに、接見を拒否する弥生に、進介は手も足も出ない。晶(田中美佐子)が弥生の接見を取り付けてきたが、弥生の意志は固く、晶たちが何を言っても無駄だった。美波子(黒木瞳)や晶は、頭を切り替えて他の民事処理に向かうが、進介は1人煮え切らずにいた。そんな中、自分のことを支持してくれていると信じていた舟本所長(鈴木瑞穂)から、「弁護士失格」とまで言われてしまいショックを受ける。

第8回 意外!?真犯人は…

レンタルする

第8回 意外!?真犯人は…

324ポイント

第8回 意外!?真犯人は…
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:30

弁護人を解雇された進介(高嶋政伸)たちだが、被告人の妹・朝子(夏海京子)から再任され、作戦の立て直しにかかる。今回の裁判ではいよいよ弥生(和泉ちぬ)への訊問が始まる。しかし、あたかも打ち合わせ済みと思わせる才賀(伊武雅刀)と弥生のやり取り。才賀の筋書き通りに弥生は夫に対する殺意を認めてしまう。進介の訊問が始まると、打って変わって弥生は堅く口を閉ざしてしまった。腹が立った進介は弁護人席にいるにもかかわらず、弥生や才賀にケンカを売ってしまう。さらに晶(田中美佐子)も単独で大胆な手段に出て・・・。

第9回 哀しい真実

レンタルする

第9回 哀しい真実

324ポイント

第9回 哀しい真実
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:30

進介(高嶋政伸)たちは弥生(和泉ちぬ)の無実を証明するために真犯人を探していたが、意外にも草太(神田利則)の存在が浮かび上がってきた。「ひとつの悲しみを救うことは、別の悲しみを作ることになる」という父・宣明(佐藤慶)の言葉が今の進介には身に染みる。だが、無実だと分かっている弥生を有罪にするのが正義なのか、進介は葛藤する。「君の記憶が戻れば先生を助けられる」という進介の言葉を信じた草太は、必死に当時のことを思い出す。そして、徐々に記憶を取り戻した草太は、「先生は明らかに誰かをかばっている」と話し始め、進介たちは胸を痛める。

第10回 進介、崖っぷち!

レンタルする

第10回 進介、崖っぷち!

324ポイント

第10回 進介、崖っぷち!
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:15

草太(神田利則)の出生の秘密に関わる新事実が出た。14年前、産婦人科医・花田が闇に葬られる赤ちゃんの命を惜しんで、子どもを望んでいる夫婦にあっせんした事件があった。草太はその子どもの1人。さらに、戸籍上は中原夫婦の実子だが、司郎(中本賢)と弥生(和泉ちぬ)が実の親なのだ。弁護人としてこの事実を法廷に出す権利はない。そこで晶(田中美佐子)たちは、弥生の望む方向で裁判を進めることにした。情状酌量で執行猶予にもっていこうと決めた晶と美波子(黒木瞳)は、才賀(伊武雅刀)らの元へ向かう。しかし、交渉は決裂し、軽くあしらわれてしまった。

最終回 父と子の法廷

レンタルする

最終回 父と子の法廷

324ポイント

最終回 父と子の法廷
視聴期間: 8日間 324ポイント
視聴時間:46:00

草太(神田利則)をマスコミの攻撃から守るために、裁判は非公開形式をとり、弁護側証人として進介(高嶋政伸)の父・宣明(佐藤慶)検事正を召喚する。そんな進介たちを舟本所長(鈴木瑞穂)が待ち構えていた。舟本と宣明が面と向かって言葉を交わすのは14年ぶりだった。舟本は「検事正の握っている爆弾を忘れるな」と忠告するが、今更後には引けない。14年前の事件の後始末をつける裁判が始まろうとしていた。

都会の森の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

あらすじ

司法研修所を卒業したばかりの新米弁護士の成長を、明るく感動的に描く法廷サスペンス。検事正の父を持ちながら、弁護士の道を選んだ八橋進介役を高嶋政伸が演じる。さらに、2人の美人先輩弁護士には田中美佐子と黒木瞳。そこに伊武雅刀、佐藤慶が重みを添え、江口洋介、久我陽子、財前直見がそれぞれ大きな役を務める。また、徳永英明は主題歌を担当するだけでなく、連続ドラマ初出演を果たしている。

スタッフ・作品情報

プロデューサー

森田光則、浜井 誠

監督・ディレクター

山田高道、桜井秀雄、松本 健、森田光則、松原信吾、根本実樹

脚本

長坂秀佳

音楽

主題歌:「壊れかけのRadio」徳永英明

制作

木下プロダクション/TBS

製作年

1990年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

日曜劇場「A LIFE ~愛しき人~」

日曜劇場「A LIFE ~愛しき人~」

木村拓哉が職人外科医に挑むヒューマンラブストーリー!

あまちゃん

あまちゃん

「私、海女になりたいかも…」。祖母に憧れて海女を目指すアキは、やがて地元アイドルに。ヒロインの笑顔が元気を届ける人情喜劇。脚本家・宮藤官九郎が故郷の東北を舞台に描くオリジナル作品。

(C)TBS