恋文~私たちが愛した男

恋文~私たちが愛した男

連城三紀彦の直木賞受賞作「恋文」を映像化した、切ない大人のラブストーリー。渡部篤郎、水野美紀、和久井映見が、登場人物たちの微妙な感情の揺らぎを絶妙に表現する。

夫が突然家を出ていった。余命半年の昔の恋人のために・・・。1984年の連城三紀彦の直木賞受賞作「恋文」を映像化した、切ない大人のラブストーリー。透明感のあるタッチで男女の機微をとらえた名作を、岡田惠和の脚本で連続ドラマに。渡部篤郎、水野美紀、和久井映見という演技力抜群の3人が、登場人物たちの微妙な感情の揺らぎを絶妙に表現する。

配信開始日:2017年11月01日

恋文~私たちが愛した男の動画まとめ一覧

『恋文~私たちが愛した男』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

第1話~第10話

レンタルする

第1話~第10話

1,650 pt

  • 第1話 余命6ヶ月・・・命がけの嘘
  • 第2話 別れ・・・最後の家族旅行
  • 第3話 涙の告白・・・最後の誕生日
  • 第4話 手術前夜の花嫁衣裳
  • 第5話 妻の反撃!息子の逆襲
  • 第6話 妻が離婚を決意する時
  • 第7話 怒り爆発!女vs.女の対決
  • 第8話 さようなら・・・美木子さん
  • 第9話 三人だけの結婚式
  • 第10話 江津子逝く・・・そして・・・
3,300ポイント 1,650ポイント
視聴期間: 30日間

第1話 余命6ヶ月・・・命がけの嘘

レンタルする

第1話 余命6ヶ月・・・命がけの嘘

330 pt

第1話 余命6ヶ月・・・命がけの嘘
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:59:50

夫で美術教師の竹原将一(渡部篤郎)が留置所にいるという連絡を受け、職場の出版社を抜け出した郷子(水野美紀)。笑って反省している様子がない将一だったが、そんな夫の面倒を見るのに郷子は慣れていて、2人の関係はバランスが取れていた。ある日、将一の勤める学校に彼の昔の恋人・田島江津子(和久井映見)が訪ねてきた。難病で入院している江津子は、教頭を見舞いに病院に来ていた将一を偶然見かけ、懐かしくなり会いに来たのだ。その数日後、仕事中の郷子に将一から「悪いことをするかもしれないから、先に謝っておく、ごめんなさい」と不可解な電話がかかってきた。帰宅後、電話の意味を問いただすが、はぐらかす将一。翌朝、将一は江津子からもらったラブレターを残し、家を出た。

第2話 別れ・・・最後の家族旅行

レンタルする

第2話 別れ・・・最後の家族旅行

330 pt

第2話 別れ・・・最後の家族旅行
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:15

将一(渡部篤郎)が江津子(和久井映見)のために家を出ることを認めてしまった郷子(水野美紀)。せめて一度江津子に会わせてほしいと頼み、郷子は将一のいとことして見舞いに訪れる。郷子は、江津子の部屋に入るなり女同士で話がしたいと言い、不安そうな将一を外に追い出す。だが、郷子は妻であることは決して口に出さず、完全にいとことして江津子と接した。内心は複雑だが、パジャマ姿でも死を間際にした江津子の美しさには勝てないと思っていた。そんなある日、会社の後輩・誠(要潤)から雑誌の相談コーナーに来た手紙のことを聞かされた郷子は顔色を変える。内容から判断して手紙は息子・優(泉澤祐希)が書いたものに間違いない。将一が出て行った本当の理由を話した時も優は淡々としていたが、本心はかなり動揺していたのだと郷子は知る。

第3話 涙の告白・・・最後の誕生日

レンタルする

第3話 涙の告白・・・最後の誕生日

330 pt

第3話 涙の告白・・・最後の誕生日
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:16

江津子(和久井映見)が、郷子(水野美紀)にまた会いたいと言い出した。将一(渡部篤郎)はうれしさ半分困惑半分で郷子に頼みに行くが、郷子にきっぱりと断られてしまう。その頃、将一と郷子の結婚記念日が近づいていた。郷子はその日、将一が家に帰ってくると期待していた。だが、皮肉にもその日は江津子の誕生日。将一は郷子のことを気にしつつも「最後の誕生日を祝ってほしい」という江津子の願いを受け入れ、デートに出かける。一方、郷子は将一が食べたいと言っていた料理を作り、帰りを待っていた。将一は江津子を病院まで送り届けた後、家の前までやってきたが中には入らず、庭先で郷子や息子・優(泉澤祐希)の姿を眺めて1人涙していた。

第4話 手術前夜の花嫁衣裳

レンタルする

第4話 手術前夜の花嫁衣裳

330 pt

第4話 手術前夜の花嫁衣裳
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:15

江津子(和久井映見)が延命のために手術を受けることになった。危険は少ないものの、手術には親族の同意が必要だった。将一(渡部篤郎)は高崎に住む江津子の叔父の所に同意書をもらいに行くことになるが、その話を聞いた郷子(水野美紀)は、交渉ごとの苦手な将一の心細げな様子に気づき同行を申し出る。郷子にとって久々の将一との2人旅。途中で将一は近くの喫茶店で待つようにと郷子に言い、叔父の家に1人で向かう。叔父の家での話し合いは葬式の費用の話ばかりで、将一は怒りをあらわにする。叔父の家を出た将一は、江津子が唯一この街の良い思い出と語っていた写真館に立ち寄ってみる。写真館のウインドーには、幼い江津子がウエディングドレス姿ではにかみながらもうれしそうに写真に収まっていた。その江津子の表情に見入る将一の胸には、ある決意が浮かんでいた。

第5話 妻の反撃!息子の逆襲

レンタルする

第5話 妻の反撃!息子の逆襲

330 pt

第5話 妻の反撃!息子の逆襲
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:45:59

将一(渡部篤郎)は手術の直前に「結婚しよう」と江津子(和久井映見)にプロポーズする。その後、将一は離婚話をするために、郷子(水野美紀)を呼び出す。郷子は嫌な予感がして、将一に話をさせないように会話を運ぶが、ついに将一は「江津子と結婚してあげたいから別れてくれ」と切り出した。郷子はもちろん拒否。「結婚式のふりでもいいじゃない」と言う郷子に将一は「ちゃんとしてやりたい」と譲らない。押し問答の末、将一は「俺を愛してるなら好きにさせてもらえないか」と言い放った。受け入れられるわけがない郷子は強く拒絶して席を立つ。一方、江津子は美木子(いしだあゆみ)に「結婚はできない」と話していた。江津子には結婚を受け入れられない秘めた事情があった。

第6話 妻が離婚を決意する時

レンタルする

第6話 妻が離婚を決意する時

330 pt

第6話 妻が離婚を決意する時
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:16

江津子(和久井映見)から秘密を明かされた美木子(いしだあゆみ)は、あなたの味方だと言って江津子を励ます。その頃、将一(渡部篤郎)は優(泉澤祐希)にひどいことをさせてしまったと、自分を責めるように仕事に精を出すが、職場の先輩・計作(寺尾聰)に「周りが迷惑する」と諭される。ある日、病院を訪ねた将一は江津子から自分の絵を描いてほしいと頼まれる。将一は笑って引き受け、久々にスケッチブックに向かう。自分の絵を描いてもらいながら、江津子は将一から受けていたプロポーズの答えを告げる。そんな2人の様子を盗み見ていた郷子(水野美紀)は感情がこみ上げてくるのを抑えることができず、病院から出てきた将一に思いの丈をぶつける。

第7話 怒り爆発!女vs.女の対決

レンタルする

第7話 怒り爆発!女vs.女の対決

330 pt

第7話 怒り爆発!女vs.女の対決
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:15

江津子(和久井映見)は、将一(渡部篤郎)と郷子(水野美紀)が夫婦であり、優(泉澤祐希)という息子がいることも全て知っていたと郷子に打ち明ける。それを聞いた郷子は怒り出し、隠していた理由を問い詰める。すると江津子は将一から「自分は独り身だから側にいる」と言われ、最後ぐらい得をしたい気持ちになり、結婚していると知りながらその言葉に乗ってしまったと告白して謝罪する。一方、病室の前でその話を聞いてしまった将一はショックでその場を立ち去るが、しばらくして重い足取りで病室に戻る。だがそこで、郷子が変わらずいとこを演じ続けていることに、将一は驚く。郷子がこのまま2人で将一をだまし続けようと江津子に提案し、江津子も夫婦であると知らないフリをしていたのだ。将一は2人のうそに気付いたが、そのままだまされたフリをすることにした。

第8話 さようなら・・・美木子さん

レンタルする

第8話 さようなら・・・美木子さん

330 pt

第8話 さようなら・・・美木子さん
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:01

計作(寺尾聰)が漁協での仕事中に事故で意識を失い、将一(渡部篤郎)の付き添いで病院に運ばれる。意識の戻った計作は、死を身近に感じたことをきっかけに、自分の過去を将一に語り始める。その頃、美木子(いしだあゆみ)は江津子(和久井映見)を連れて病院を抜け出し、自分の美容院に案内していた。そこで美木子は江津子に計作とのいきさつを全て打ち明ける。翌日、郷子(水野美紀)は江津子を見舞いに出かけ、途中で会った将一と一緒に病室に入ると、室内はただごとでない雰囲気になっていた。美木子の容体が急変したのだ。集中治療室に連れて行こうとする医師に美木子は「この病室で死にたい」と言い張る。江津子は、愛しているのに別れたままだという美木子の夫のことを将一に話す。その人物の名が計作だと聞いた将一は顔色を変えて病室を飛び出し、計作を捜すが・・・。

第9話 三人だけの結婚式

レンタルする

第9話 三人だけの結婚式

330 pt

第9話 三人だけの結婚式
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:45:47

江津子(和久井映見)はまもなく自分にも訪れる「死」への恐怖からパニックに陥り、病院を飛び出してしまう。将一(渡部篤郎)は必死に捜し回り、江津子を見つける。江津子は将一がそばにいてくれることで死の恐怖がかえって増したと気持ちをぶつける。そんな彼女を将一は抱き締めることしかできなかった。その後、江津子の体力は日に日に衰え、ついには庭への散歩もままならなくなる。ある日、将一は見舞いから帰ろうとする郷子(水野美紀)を追いかけ、「何があっても江津子と結婚するつもりだ」と強い決意を明かす。郷子は立っていられないほどのショックを受ける。さらに将一は優(泉澤祐希)を海岸に呼び出して一緒にいられなくなったことをわびる。優は納得できるはずもなく将一を責めるが、将一には返す言葉もなかった。

第10話 江津子逝く・・・そして・・・

レンタルする

第10話 江津子逝く・・・そして・・・

330 pt

第10話 江津子逝く・・・そして・・・
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:28

将一(渡部篤郎)と江津子(和久井映見)の病室での新婚生活が始まった。将一は病室から仕事に出て行き、病室に帰ってくる。そんなささやかな幸せの間にも、病魔は江津子の体力を徐々に奪っていった。ある日、将一の頼みを聞き入れて、計作(寺尾聰)が見舞いに現れた。江津子は将一に内緒で計作にある頼み事をする。別れの時が近づいていることを自覚した江津子は将一に、自分の最後の顔が見苦しいと嫌だから死に顔を見ないでほしいと頼む。そして、ついに来るべき時が訪れる。江津子の容体が悪いという知らせを受けた郷子(水野美紀)は急いで病院に駆けつける。ところがそこに将一の姿はなく、郷子はとまどい、焦る。その間にも、江津子の容体は予断を許さぬものになっていた。

恋文~私たちが愛した男の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

プロデューサー

橋本 孝、瀬戸口克陽

監督・ディレクター

新城毅彦、酒井聖博

原作

連城三紀彦「恋文」(新潮社刊)

脚本

岡田惠和

主題歌

Do As Infinity「柊」(avex trax)

制作

ドリマックス・テレビジョン/TBS

製作年

2003年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

ピュア・ラブIII

ピュア・ラブIII

教師と僧侶の純愛!大ヒット昼ドラ最終章!

クリード 炎の宿敵

クリード 炎の宿敵

家族と過去に結びつきを持つ対戦相手に直面し、リングでの戦いは激化していく。

火曜ドラマ「結婚式の前日に」

火曜ドラマ「結婚式の前日に」

脳腫瘍の娘と型破りな母の100日間の物語!

ピュア・ラブ

ピュア・ラブ

病気を抱える教師と修行僧の純愛ドラマ!

二重生活

二重生活

理由なき尾行、はじめました。

プリンセス トヨトミ

プリンセス トヨトミ

その日大阪が全停止した。

道頓堀川

道頓堀川

宮本輝の同名小説の映画化

未来のミライ

未来のミライ

ボクは未来に出会った。

進撃の巨人 Season 3

進撃の巨人 Season 3

新たな体制となったリヴァイ班の前に、最強最悪の敵が立ち塞がる。

ケイゾク

ケイゾク

中谷美紀と渡部篤郎が難事件に挑む!

化身

化身

男が始める。女が終わらせる。

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのように

ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

(C)TBS