ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。
おかあさんの木

おかあさんの木

おかあさんは、「おかえり」と言えたのでしょうか。子供たちは、「ただいま」と言えたのでしょうか。戦場へ向かった7人の子供たち―

原作は児童文学者、大川悦生(98年没)著「おかあさんの木」(ポプラ社刊行)。発表から40年を経ましたが、その間幾度も小学校中学年から高学年の国語教科書に採用されてきたお話です。映画では、おかあさんとこどもたちのお話を中心に、戦時下に生きた普通の人々の物語が描かれます。決して声高ではありませんが、戦争が人々にもたらす悲しみ、そしてそれ以上に普遍的な、いつの時代にも通じる"母と子の情愛"がそこにあります。主演は鈴木京香。監督は磯村一路。戦後70年という節目に当たる2015年初夏、すべての子供を戦争に奪われたおかあさんの愛が、おかあさんを想うこどもたちの愛が、観客の頬を熱く濡らす泣きのエンタテインメント。

配信開始日:2016年06月09日

おかあさんの木の動画まとめ一覧

『おかあさんの木』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

おかあさんの木

レンタルする

おかあさんの木

324ポイント

おかあさんの木
視聴期間: 5日間 324ポイント
視聴時間:01:54:04

今から100年ほど前…長野県の小さな田舎村。若く美しいミツは、かねてから想いを寄せていた謙次郎とめでたく祝言を挙げた。ミツは一郎、二郎、三郎、四郎、五郎…と次々に元気な男の子を生み、決して裕福とはいえない暮らしぶりではあったが幸福だった。六人目の男の子・誠だけは、子宝に恵まれなかった姉夫婦に懇願され密かに里子に出したものの、さらに末っ子の六郎まで生まれ、家の中はいつも賑やか。優しい夫とヤンチャな息子たちに囲まれて、ミツはいつも笑顔で忙しい毎日を過ごしていた。しかしその笑顔が消える出来事が起きてしまう。謙次郎が心臓発作で、急逝したのだ。愛する人の突然の死に、呆然とするミツを支えたのは、6人の息子たちだった。
それから数年後。すっかりたくましい青年に成長した息子たちを、今度は"戦争"がミツから奪う。まずは一郎、そして二郎…。出征してゆく息子たちを複雑な思いで送り出すミツは、彼らが戦地に赴く度に1本ずつ桐の木を庭に植えてゆく。そんな彼女をいつも気遣い心配しているのは、昌平とその娘・サユリだった。だが昌平は郵便局員という仕事柄、ミツに息子たちの戦死の報せを告げるという辛い役回りを担当することになる。
長い長い戦争が終わっても、7人の息子たちは誰一人戦地から帰ってこなかった。それでもミツは7本の桐の木を大事に育てながら、いつか誰かは戻って来ると信じて待ち続けた。
終戦翌年の冬――。唯一、生死が確認できなかった五郎が、傷だらけの姿で戻って来る。
夢にまで見た懐かしい我が家、そして愛しい母を想い傷付いた足を引きずり思わず駆け出す五郎が見たものは…。

おかあさんの木の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

原作

大川悦生

脚本・監督

磯村一路

製作年

2015年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

生きて、日本に帰ろう――

日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

戦後70年を迎えた今だからこそ、伝えたい

俺は、君のためにこそ死ににいく

俺は、君のためにこそ死ににいく

愛する人を、守りたかった。

この世界の片隅に

この世界の片隅に

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

映画『信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO』

映画『信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO』

いつの時代も、やっぱ平和が一番でしょ!

海街diary

海街diary

家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。

本能寺ホテル

本能寺ホテル

私が過ごした一日は、信長の最後の一日だった

四月は君の嘘

四月は君の嘘

それは、最も切ない嘘でした

潔く柔く きよくやわく

潔く柔く きよくやわく

大切な人を失っても、人はまた愛することができるのでしょうか。

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ

最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず、2回観る

火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣主演の新感覚の社会派ラブコメディ!

映画「ビリギャル」

映画「ビリギャル」

汗と涙と笑いの青春ストーリー!

(C)2015「おかあさんの木」製作委員会