悲しい色やねん

悲しい色やねん

男たちの熱い野望が大阪の街を焦がす──!『あぶない刑事』とは違うスケールの大きいヒーローを演じる仲村トオルと、'88年新人賞を総ナメにした高嶋政宏が熱演。

森田芳光監督が初めて取り組んだアクションの異色作。
小林信彦の原作に共感を覚えた森田監督が自ら脚本を書いている。
仲村トオル、高嶋政宏、藤谷美和子、小林薫、江波杏子をはじめとするトップクラスのキャストが火花を散らす。
大阪の夜景のショットが印象に残る作品である。

配信開始日:2017年06月11日

悲しい色やねんの動画まとめ一覧

『悲しい色やねん』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

悲しい色やねん

レンタルする

悲しい色やねん

330 pt

悲しい色やねん
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:42:13

夕張トオル、24歳。大阪で一大勢力を張る夕張組の一人息子だが、稼業は継がず、大学を出て銀行に入り融資を担当するエリートサラリーマンである。女たちにも好かれ、仕事も順風満帆のトオルの身辺に一大事件が起きた。父の夕張組組長・寿美雄が、喧嘩ザタを引き起こして病院にかつぎこまれたのである。しかも相手は大阪で夕張組と勢力を二分する三池組系の元ヤクザであった。組員らは勇み立ち、タダではすまない不穏な状況になってしまったが、トオルは単身、三池組に乗りこんでコトをおさめた。そうした中でトオルは、高校時代の同級生で今は三池組の桐山と再会、父親が引退を考えていることもあって銀行を退職、借金のカタに手に入れたゲーム用品製造会社社長となり夕張組を解散した。そんな時、父の寿美雄が三池組組長の手により暗殺された!トオルは単身、三池組へと向かう。

悲しい色やねんの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

原作

小林信彦

監督・脚本

森田芳光

製作年

1988年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌

熱狂的なビー・バップ・コールに応えて堂々登場の第2弾!

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇

シリーズ最終作となる人気コミックの実写劇場版第6作。

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲

人気コミックの実写劇場版第4作。

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭

人気コミックの実写劇場版第5作。

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲

人気コミックの実写劇場版第3作。

BE‐BOP‐HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール

BE‐BOP‐HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール

究極のビー・バップ見参。

実録 史上最大の抗争 義絶状

実録 史上最大の抗争 義絶状

この戦いに極道いのちを賭けた

ビー・バップ・ハイスクール

ビー・バップ・ハイスクール

大人気コミック「ビー・バップ・ハイスクール」の実写劇場版第1弾。

あぶない刑事

あぶない刑事

取り扱い注意。

誘女、派遣します

誘女、派遣します

貴方はこの誘惑に勝てるか!?

さらば あぶない刑事

さらば あぶない刑事

泣くなよ絶対。とびきりハデにサラバだぜ。

愛しのハーフ・ムーン

愛しのハーフ・ムーン

純愛、浮気、セックスフレンド・・・愛ってなに?結婚ってなに?

(C)東映・サンダンス・カンパニー