『骨までしゃぶる』の動画一覧

本編

骨までしゃぶる

骨までしゃぶる

  • 88分 
  • 2日間 330 pt 〜

東京洲崎の二流遊郭・松岡楼に売られた貧農出身の和田お絹は、その華やかさに驚いた。美人のお絹の評判は良く、次第に郭の水にも馴染んでいく。ある夜、桶屋の職人・甚五郎がお絹の客になった。ところが甚五郎は、お絹の肌に触れることなく朝を迎えてしまう。それから三日三晩、甚五郎はお絹の通しの客になるものの、手を出そうとはせず、お絹に結婚の申し込みをした。身請けには百六十円がいると軽くあしらうも、お絹の胸にはグッとくるものがあった。そして数日後、甚五郎は、店を持つために借りてきた百六十円でお絹を身請けしたいと言った。お絹は、独力で廓を抜け出そうと決意する…。