博徒対テキ屋

博徒対テキ屋

昭和初期、“裸の町”と呼ばれた浅草の町を舞台に、アウトローの世界に生きる博徒と資本家に空しい抵抗を試みるテキ屋の赤裸々な人間葛藤を豪華キャストを結集して描いた博徒シリーズ第3弾。

配信開始日:2019年11月29日

博徒対テキ屋の動画まとめ一覧

『博徒対テキ屋』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

博徒対テキ屋

レンタルする

博徒対テキ屋

330 pt

博徒対テキ屋
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:30:53

昭和4年、浅草にデパート進出を計る資本家と伝統的な露店業を生活の糧とするテキ屋との間には一触即発の不穏な空気が流れていた。浅草界隈きってのテキ屋の名門・菊屋一家の四代目・貴島政吉には竜太郎と勝男の二人の息子があった。叔父から不義の子と聞かされた竜太郎は、叔父を殺して勘当同然に飛び出し、菊屋一家を目の仇と狙うテキ屋・滝岡とグルになった上州馬賊の小松といざこざを起こして留置所に。身柄を引き受けに来た菊屋一家の水野から、勝男が政吉と口論して家を飛び出した事を知らされた竜太郎は、勝男に誰にも話した事のない自分の出生の秘密を打ち明け説得するのだった。度重なるテキ屋同士の内紛をよそに、杉屋デパートの大島社長は任侠肌の博徒・国分辰之助の協力を得て建設計画を着々と進めていた。助成金をちらつかせる資本の圧力と度重なる馬賊の嫌がらせに店を畳む者が現れる。竜太郎は大島社長を訪ねた。大島は竜太郎から命を張ってテキ屋の生活を守ろうとする菊屋一家の熱意を聞かされ、建設工事を2年間延期する事を約束。この吉報を聞こうとやって来た政吉は小松に襲われ命を落とす。竜太郎はいきり立つ勝男を殴りつけて失神させると、単身、滝岡一家へ殴り込みをかける…。

博徒対テキ屋の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

小沢茂弘

脚本

村尾昭、小沢茂弘

音楽

斉藤一郎

撮影

古谷伸

照明

増田悦章

美術

井川徳道

録音

東城絹児郎

編集

堀池幸三

製作年

1964年

製作国

 日本

出演キャスト

鶴田浩二

松方弘樹

大木実

島倉千代子

富司純子

近衛十四郎

八名信夫

天津敏

山本麟一

楠本健二

小田部通麿

平沢彰

砂塚秀夫

佐藤晟也

潮健児

茶川一郎

宗方奈美

飯沼慧

内田朝雄

加藤嘉

佐藤綾子

植村謙二郎

中田ダイマル

中田ラケット

鳳啓助

蓑和田良太

田中春男

有川正治

毛利清二

高並功

佐藤洋

汐路章

阿部九洲男

丹波哲郎

片岡千恵蔵

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

博徒斬り込み隊

博徒斬り込み隊

この映画には、義理や人情によってのみ動かされるやくざは出てこない。

三人の博徒

三人の博徒

義理と人情に結ばれた男の世界に生きる三人の博徒が、横浜、網走、そして香港、マカオを舞台に暴れ廻る任侠アクション。

監獄博徒

監獄博徒

脱獄、リンチ、殴り込みなど血なまぐさい数々の事件の中にも、なお貫き通す男の友情、意気地を描き上げた壮烈な娯楽巨篇。

(C)東映