森は生きている

森は生きている

   

   
原作は、ロシアの詩人サムエル・マルシャークの書いた傑作と名高い児童劇。日本でもたびたび舞台で上演され子どもたちの喝采をあびてきた。本でも脚色は舞台と同じ隆巴が担当している。音楽には作曲、演奏ともにロシアの音楽家たちが協力している。
もっと見る

配信開始日:2021年02月16日

森は生きているの動画まとめ一覧

『森は生きている』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

各話

森は生きている

レンタルする

森は生きている

330 pt

森は生きている
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:05:09

わがままな王女が新年にマツユキ草が欲しいと言い出した。真冬にそんなものがあるわけがない。しかし、布告によれば籠いっぱいのマツユキ草を持ってきた者には、籠いっぱいの金貨が与えられるという。欲の深いアーニャの継母は、さっそく籠を持たせてアーニャを家の外に追い出した。泣く泣く雪の積もった暗い森の中に入っていくアーニャ。すると、向こうに大きな焚火が見えた。近づいて行くと焚火をかこんだ12人の男がいる。彼らはアーニャの話を聞くと1時間だけそのあたりを春にして、マツユキ草を咲かせてくれた。彼らは月の精だったのである。届けられたマツユキ草を見て、王女は咲いているところが見たいと言い出し、人には言ってはいけないと約束させられているアーニャに無理やり案内させて森にやって来たが…。

森は生きているの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

原作

サムイル・マルシャーク

監督

矢吹公郎

脚本

隆巴、矢吹公郎

製作年

1980年

製作国

 日本 日本の国旗

出演キャスト

(C)東映