東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男

さまざまな聴牌のない人生

■近代麻雀・近代麻雀オリジナルに連載された異色作の映像化
東大を卒業したがプロ雀士の道を歩む須田良規本人をモデルにしたコラム「東大を出たけれど」を「グラスホッパー」(原作:伊坂幸太郎 連載:コミックチャージ、角川書店)で巧みな心理描写を描いた井田ヒロトが完全コミック化(全3巻)した作品を原作としている。
多くの原作ファンの要望にこたえる形で12月10日にコミックの廉価版が全国のコンビニで発売される予定である。
実際作者は、東大出身の雀士であり、自らの体験をもとにして、この作品を書き上げた。
雀荘に集まる人々の人間ドラマを、勝負事という一瞬の刹那に委ねる人達を見事に書き切っている。
■現代の若者が持つ焦燥と不安感を小沼雄一監督が巧みに演出する!
東大を卒業したが雀荘従業員という不安定な職業についた若者の不安と焦燥感は世相を確実に反映している。そんな微妙な若者の心を小沼雄一監督が巧みに演出しています。
監督の代表作は「童貞放浪記」(2009年劇場公開)「結び目」(2010年劇場公開)など。最新作はAV女優みひろの半生を描いた「nude」が劇場公開され話題となっています。

配信開始日:2019年03月15日

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男の動画まとめ一覧

『東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男

レンタルする

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男

330 pt

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:03:39

東大を卒業し、雑務と接客をこなしながら自腹で麻雀を打つ雀荘従業員(メンバー)になった須田良規(岡部 尚)。
日本の最高学府を卒業したのだからもう少し気の利いた職業があったかもしれない。だが良規は自らが住むべき場所を雀荘の中に見出した。
雀荘には、学生時代の友人である奥村恵(折原みか)、八波泰介(工藤和馬)、瀬川透(島守杏介)や良規行きつけのラーメン店従業員の山ちゃん(宮川一朗太)らが、さまざまな思いを抱きながら訪れる。そこには社会的地位や名誉、資産の有無も存在しない。皆、公平に与えられたチャンスを掴むべく闘うことだけに集中する。そして、その間は忘れることができる。日々の辛苦を、将来の不安や、焦燥を・・・。明日になれば再び日常に戻っていく市井の麻雀客たちを、良規は静かに見つめている。

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督、編集

小沼雄一

製作プロデューサー

小田泰之

プロデューサー

川上泰弘

脚本

小沼雄一、石川 美香穂

助監督

山口雄也

撮影

今井裕二

録音

山田均

メイク

坂本 美由紀

音楽

宇波 拓

効果

丹 雄二

製作年

2012年

製作国

 日本

出演キャスト

(C)2010須田良規・井田ヒロト/竹書房/アムモ98