見放題で視聴
ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。
終わりゆく一日

終わりゆく一日

浮遊するこころと残されていく伝言―
これは15年間の愛に関する定点観測

『終わりゆく一日』(原題はニック・ドレイクの曲名からとった"Day is Done")は、スイスのインディペンデント映画作家トーマス・イムバッハが一人の男の15年を綴った自伝的作品である。常に斬新な手法でドキュメンタリーとフィクションの境界に挑み続けるイムバッハは、ヨーロッパ映画界で異端のポジションを確立しており、その作品はベルリンやロカルノ国際映画祭などで注目を浴びてきた。本作では、1995年から2010年の間に撮りためた仕事場の窓の外の風景と、1988年から2003年の間に集めた留守番電話のメッセージというパーソナルな素材を組み合わせ、鮮やかに自分の人生を物語化してみせる。
一方、監督の分身である主人公の声を担うサウンドトラックで、ロック好きにはたまらない名曲の数々をカバーするのは、この映画のために集まったスイスの気鋭ミュージシャンからなるバンド。ブルースやジャズの要素を含んだ彼らの美しい再解釈はめくるめく映像と溶け合って、観る者にいつまでも忘れがたい余韻をもたらす。

配信開始日:2015年04月24日

終わりゆく一日の動画まとめ一覧

『終わりゆく一日』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

終わりゆく一日

レンタルする

終わりゆく一日

324ポイント

終わりゆく一日
視聴期間: 2日間 324ポイント
視聴時間:01:51:36

チューリッヒの工業地域にあるスタジオ。古い35ミリのカメラを構え、窓の外の風景を撮り続ける男がいる。
男の背後では、留守番電話の伝言が流れている。「もしもし、今何してるの?」「湖に泳ぎに行かない?」「残念ですがあなたの企画は会議で却下されました」「埋葬の日どりを決めたわ」「今チビちゃん起きたところ」「どこに雲隠れしたのか知らないけど、もう言うことはないわ」「君は逃げ出したのか」「世界で一番大好きなパパ」……。映画作りにおける葛藤、親の死、我が子の誕生、パートナーとの別れ。機械に残された親しき者たちの声が、男の人生を浮かび上がらせる。
やがて、一言も発しない男の気持ちを代弁するかのように、歌が響き出す。孤高のミュージシャンたちの研ぎ澄まされた詞とメロディが、失われた時と新しい始まりを告げる。

終わりゆく一日の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

撮影・監督

トーマス・イムバッハ

製作年

2011年

製作国

 スイス

(C)2011 OKOFILM SRF ATRE Thomas Imbach