極道の紋章 レジェンド 第七章

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

極道の紋章 レジェンド 第七章

大人気任侠シリーズ「極道の紋章」の続編・第七弾。 白竜と松田一三が再びタッグを組み関西から全国へ勢力を伸ばし極道会の頂点へと進んでいく。 数々の名言を生みだし話題となった夜空で語る…

『極道の紋章 レジェンド 第七章』の動画一覧

本編

極道の紋章 レジェンド 第七章

  • 70分 
  • 2日間 440 pt 〜

手打ち破りの件で、津浪(白竜)を呼び出した黒岩(小沢和義)。しかし、津浪に捕まった道南連合の藤沢(野口雅弘)がすべてを白状し、黒岩は逆に窮地に陥ってしまった。東堂(本宮泰風)の仲介により、最悪の事態は避けられたが、弘和会は北海道から撤退する事となった。義真会は全国へと規模を拡大していく中、中条(四方堂亘)からの推薦で新たに名古屋に組を持つ橋本(仁科貴)が会のメンバーに加わった。津浪は前崎(松田一三)に橋本を押して、名古屋を獲る様に指示するが、前崎は橋本がどのような人間かが掴めないでいた。そんな中、以前二代目前崎組組長で侠友会の執行部だった島谷(木村圭作)が前崎の前に現れた。前崎の周りで起こるさまざまな変化。そこには弘和会の刺客も潜んでいた―。

『極道の紋章』シリーズ