日本統一53

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

日本統一53

本宮泰風・山口祥行主演の大人気任侠シリーズ・第五十三弾。 ”日本から抗争をなくす”を理由に、氷室蓮司・田村悠人の二人が日本極道界の頂点を目指すサクセスストーリーである。 個性豊かな…

『日本統一53』の動画一覧

本編

日本統一53

  • 76分 
  • 無期限 2,200 pt

鎌倉の御前と銀座・東友会を潰し、東京の貸しジマ制度を撤廃させた侠和会若頭・氷室(本宮泰風)と本部長・田村(山口祥行)。 矢車会の跡目と盃を交わした氷室は、再結成した関東七人会に対し、矢車会の健在及び侠和会の威光を示すため、東京で侠和会会長・川谷(小沢仁志)も参加の矢車会先代の葬儀を執り行うことに。 葬儀には取材を入れ、侠和会の東京進出を大々的にアピール。 そして、東京進出に合わせ、茨城・横浜・八王子のシマの強化・拡大を進める。 その最中、横浜ではフェンタニルという合成麻薬が出回っており、不穏な空気が流れ始める。 横浜港のドンこと鶴岡(尾藤イサオ)から丸神会横浜支部の中森(大賀太郎)が怪しいと聞いた氷室は、藤代組の川上(中澤達也)と竜次(岸田タツヤ)と共に中森組に乗り込む。 シラを切る中森だったが、氷室は中森の後ろに誰かがいると睨んでいた。

『日本統一』シリーズ