『ベイビーステップ(第2シリーズ)』の動画一覧

まとめ買い

全話第2話~第25話

  • 30日間 1,848 pt 〜

    65%OFF

悪循環がラッキー / 未来のデータ / シンプルで覚醒 / タクマの決意 / 偵察で初遭遇 / 正念場のリベンジ / 進化のスピード / 感覚で困惑 / 雄たけびでスタート / 選択肢と爆発力 / 逆境に全力 / ライバルが集結 / 月明かりと波音 / ヒーローと大歓声 / スパッでギューン / 天性がドラマチック / プレッシャーをイメージ / 失礼が初対面 / 心理戦と自制心 / 善悪と規則 / 存在が原動力 / 積極的で理想的 / 無謀と意外性 / ファイナルセット

第2話~第5話

  • 7日間 352 pt 〜

    60%OFF

悪循環がラッキー / 未来のデータ / シンプルで覚醒 / タクマの決意

第6話~第9話

  • 7日間 352 pt 〜

    60%OFF

偵察で初遭遇 / 正念場のリベンジ / 進化のスピード / 感覚で困惑

第10話~第13話

  • 7日間 352 pt 〜

    60%OFF

雄たけびでスタート / 選択肢と爆発力 / 逆境に全力 / ライバルが集結

第14話~第17話

  • 7日間 352 pt 〜

    60%OFF

月明かりと波音 / ヒーローと大歓声 / スパッでギューン / 天性がドラマチック

第18話~第21話

  • 7日間 352 pt 〜

    60%OFF

プレッシャーをイメージ / 失礼が初対面 / 心理戦と自制心 / 善悪と規則

第22話~第25話

  • 7日間 352 pt 〜

    60%OFF

存在が原動力 / 積極的で理想的 / 無謀と意外性 / ファイナルセット

本編

再生
第1話 世界と壁
  • 25分 
  • 無料

プロを目指し、強くなりたいと願う栄一郎(えいいちろう)は、短期留学のためフロリダのテニスアカデミーにやってきた。テニスのためだけにすべてがそろう施設を目の当たりにした栄一郎は胸を高鳴らせる。そこへ笑顔の美しいマーシャという少女がやってきた。コーチの計らいで打ち合いをすることになったふたり。予想以上の力強いショットを打ち込んでくるマーシャだったが、だんだん不機嫌になってしまい…。

第2話 悪循環がラッキー

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

練習初日、プロ選手のアレックスに練習試合を断られる栄一郎(えいいちろう)。しかし、栄一郎と同い年でプロの池爽児(いけそうじ)が、栄一郎に勝った者と試合をすると言い出した。そのおかげで、池と試合をしたいアレックスや多くの選手が栄一郎と試合をする事に…。アカデミーの選手たちの重いボールに苦戦する中、栄一郎は得意のコントロールを武器に戦うが、勝つことができない日々が続く。思い悩む栄一郎は…。

第3話 未来のデータ

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

スランプから抜け出した栄一郎(えいいちろう)はついに1勝し池爽児(いけそうじ)と試合をする事に。以前よりも自分は成長したと信じて池に挑む栄一郎だが、試合は池の一方的な展開で完敗してしまう。トップレベルのプロの世界に触れた栄一郎。そして次の試合の相手は、前回勝つ事ができなかったアレックスに決まる。プロの壁にぶつかり悩むアレックスと、プロになりたいと強く思う栄一郎は…。

第4話 シンプルで覚醒

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

栄一郎(えいいちろう)対アレックスの試合。ノートを取りながら試合をする栄一郎のスタイルに脅威を感じるアレックス。しかし、データで攻める栄一郎にアレックスは冷静に対処し、プレースタイルを変えるという方法で攻め立てる。これまでのデータが使えなくなり、考えるより目の前のアレックスに集中する栄一郎。本能に任せることで自然と身体が反応する事に気がつき始めた栄一郎は、次第に動きがよくなっていく。

第5話 タクマの決意

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

フロリダ短期留学を終え、帰国した栄一郎(えいいちろう)は、久しぶりにSTC(南テニスクラブ)で奈津(なつ)や諭吉(ゆきち)たちと再会する。喜びもつかの間、神奈川県ジュニアテニス大会へ向け、厳しい練習が始まる。そして青井(あおい)コーチに促され、逞(たくま)に試合を申し込んだ栄一郎は、機嫌が悪い逞に、「完膚なきまでにたたきのめす!」と威圧されてしまう。留学で磨いたテニスを信じて、栄一郎は試合に挑む。

第6話 偵察で初遭遇

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

逞(たくま)との戦いでサーブの重要性に気づいた栄一郎(えいいちろう)は青井(あおい)コーチと特訓に励む。そして、3学期が始まり進路について考える栄一郎は、両親と全日本ジュニアで優勝できなければプロを諦めると約束したことを思い出し、決意を新たにする。そんな中、栄一郎は全日本ジュニア選抜室内選手権の偵察に行き、試合を見てさらに気合いが入る。そこで偶然、奈津(なつ)のライバル・亜希(あき)と出会う。

第7話 正念場のリベンジ

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

栄一郎(えいいちろう)の人生を懸けた挑戦の第一歩、神奈川県ジュニアテニス大会が始まった。1回戦の相手は栄一郎のライバル荒谷(あらや)の後輩西村(にしむら)。栄一郎の情報を西村に徹底的に伝授したと脅す荒谷の言葉に戸惑う中、試合は始まる。一方、やはり栄一郎のライバルである宮川(みやがわ)は、試合を見ながら、栄一郎がかつてより強くなったと実感。自分が成長した確かな答えを得るために打倒・栄一郎を決意する。

第8話 進化のスピード

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

2回戦の相手は、自身の将来を懸けて大会に臨んでいる宮川(みやがわ)。今までの自分から変わるため手に入れた新しい武器(ショット)で攻めてくる。そんな宮川の強さを再認識する栄一郎(えいいちろう)。先にゲームをブレイクをした方が絶対的に有利な1セットマッチの試合は、緊迫した戦いが続く。予想以上に早い栄一郎の進化に、1年前とは別人だと感じた宮川は集中力を高め気持ちを切り替えるため持参したコブ茶を取り出す。

第9話 感覚で困惑

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

榊原(さかきばら)コーチの提案により、栄一郎(えいいちろう)と奈津(なつ)は練習試合をすることに…。戸惑う栄一郎だが奈津と試合をすることで、感覚的なテニスを吸収してほしいと説明する青井(あおい)コーチ。栄一郎にとっては精神面の強化。奈津にとってはライバル亜希(あき)対策のため。お互い成長するためにふたりは真剣に戦いに挑む。一方、プロを目指す荒谷(あらや)もまた、強い意気込みで練習に臨んでいた。

第10話 雄たけびでスタート

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

荒谷(あらや)と栄一郎(えいいちろう)の2度目の戦いが始まった。強じんな肉体から生み出される圧倒的パワーとスピードを武器にブレイクをもぎ取ろうとする荒谷と、コントロールを武器にブレイクを狙う栄一郎。荒谷は昨年の対戦からスピードもパワーもレベルアップし、弱点だった精神面の問題も克服していた。栄一郎は前回の対戦データと照らし合わせ対策を重ねていくが…。全く対照的な二人の戦いはかつてない熱を帯びていく。

第11話 選択肢と爆発力

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

これまでの苦戦の理由は、荒谷(あらや)が左利きである事によるものだと気づいた栄一郎(えいいちろう)。持ち前の分析力で左利きに対する対策を練り、次第に相手の意表をつく攻撃を開始する。それにより栄一郎の戦略に選択肢が増え、荒谷は徐々に追い詰められていくことに…。思いどおりにプレーできない荒谷は次第にイライラを募らせていき、その怒りはついに頂点に達する。そんな荒谷がとった意外な行動とは?

第12話 逆境に全力

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

ついにファイナルセットを迎えた栄一郎(えいいちろう)対荒谷(あらや)の熱戦。このセットを取った者が優勝を手にする。調子を上げてきた荒谷はケタ違いのパワーとスピードで攻めたてる。対する栄一郎はコントロールを武器に攻撃の選択肢を増やし、それを迎え撃つ。力と技の激しい攻防。そしてプロを目指す者同士の戦い。両者一歩も引かないままゲームは終盤を迎え、決着の時が近づいていく。果たして、優勝を手にするのは…!?

第13話 ライバルが集結

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

熱い試合を終え、心底テニスを楽しいと感じた栄一郎(えいいちろう)に「今度の全日本ジュニアで優勝できなかったらプロを目指すことをやめられるのか?」という思いがよぎる。そんな中、STC(南テニスクラブ)では他のクラブとの交流練習が行われることに…。荒谷(あらや)、宮川(みやがわ)、岩佐(いわさ)らが集結し、実戦さながらの練習が始まる。そしてその中には、久々に再会する亜希(あき)の姿もあった。

第14話 月明かりと波音

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

全日本ジュニア出場への最後の関門、関東ジュニアが迫る。「負ければプロを諦める」と両親に約束したことを再確認し、栄一郎(えいいちろう)は気合を入れる。そして千葉で行われる大会にむけ、STC(南テニスクラブ)のなかまと出発する。翌日の試合に備え、練習を終えた栄一郎たちは、宿舎で一息。そんな時、夜のロビーで奈津(なつ)と偶然出会った栄一郎は、「いいもの見せてあげる」と誘われるまま二人で出かけることに…。

第15話 ヒーローと大歓声

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

ついに関東ジュニアテニス選手権大会が始まる。栄一郎(えいいちろう)の1回戦の対戦相手は矢河辺忠則(やかべただのり)。1年前の試合ビデオを見て研究はしていたものの、この1年で急激に伸びた高い身長と、見たことのない新たなプレースタイルに栄一郎は戸惑う。予想外の展開ばかりが続き、情報をすべて白紙に戻すべきかどうか迷う栄一郎。果たしてどう戦うのか?

第16話 スパッでギューン

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

井出(いで)への大歓声に栄一郎(えいいちろう)が困惑する中、井出との対決が始まる。感覚でプレーする井出の行動が読めず苦戦する栄一郎だったが、奈津(なつ)との試合を思い出し、目で見て感じた事に重点に対処し始める。一方、ペースを変える栄一郎の攻撃に合わせる事ができない井出は次第に追い詰められ、突然ブツブツと小声で何かをつぶやき出すと周りの音が一切聞こえていないかのように集中し始めた。

第17話 天性がドラマチック

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

天才的な適応力を発揮しどんどん調子をあげてくる井出(いで)。何をやっても一瞬で返されてしまい、苦戦する栄一郎は、改めてノートを見直すことで集中する。それをきっかけに動きが良くなり、レベルの高いラリーを繰り広げ、会場はさらに盛り上がっていく。どちらも一歩も譲らないキープ合戦だが、状況はわずかに井出の優勢。華のあるプレーで会場の観客を味方にしてく井出に、栄一郎はどう対抗する・・・。

第18話 プレッシャーをイメージ

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

井出(いで)への大歓声を気にせずプレーしていたはずの栄一郎だが、体は思った以上にプレッシャーを感じていた。井出中心のドラマチックな展開に、気付かないうちに飲まれていたのだ。この状況を打開するにはどうすればいいのか?考え抜いた栄一郎は自分が感じているプレッシャーをノートに書き、目をそらしていたものと向き合い始める。応援を背に絶好調な井出と、勝利の道を模索する栄一郎との試合の行方は!?

第19話 失礼が初対面

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

激戦の末、井出(いで)戦を制した栄一郎は、ついに全日本ジュニアへの出場を決めた。青井(あおい)コーチは栄一郎がゲームの終盤、理想的な精神状態「ゾーン」に入ることができていた、と説明する。次の相手は千葉県大会ベスト4の小野(おの)。そろって3回戦へ進出した諭吉(ゆきち)は、難波江(なばえ)と同じクラブで、難波江も一目置く謎の第4シード・高木(たかぎ)と激突する。高木の強さの秘密とは一体?

第20話 心理戦と自制心

  • 25分 
  • 2日間 110 pt 〜

全日本ジュニアランキング1位の難波江(なばえ)にも勝ったことがあるという高木(たかぎ)との対決が始まった!諭吉(ゆきち)が「イヤなやつだから気をつけてください」と言っていたとおり高木のプレーは独特。あらゆる手段で栄一郎の精神を揺さぶってくる。調子を狂わされペースを握ることができない栄一郎。上位の実力を持っている高木だが、どんなことをしてでも勝とうとするその訳とは?

『ベイビーステップ』シリーズ

この作品をみた人はこちらもみています