八月の狂詩曲(ラプソディー)

八月の狂詩曲(ラプソディー)

黒澤明監督が贈る、愛と希望と平和のメッセージ!
それはおかしな夏でした。そう、あの手紙から…。

配信開始日:2011年06月24日

八月の狂詩曲(ラプソディー)の動画まとめ一覧

『八月の狂詩曲(ラプソディー)』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

八月の狂詩曲(ラプソディー)

レンタルする

八月の狂詩曲(ラプソディー)

330 pt

八月の狂詩曲(ラプソディー)
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:01:37:35

長崎から少し離れたお祖母ちゃんの家で、四人の孫は夏休みを過ごしていた。そこへハワイから手紙が届いた。その一通が、お祖母ちゃんの兄・錫二郎の息子を名乗るクラークというアメリカ人からで、不治の病にかかっている錫二郎に一目逢ってほしいと言う。そして、クラークが日本にやって来る。

八月の狂詩曲(ラプソディー)の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

黒澤明

製作年

1991年

製作国

 日本

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

夢

黒澤明が見た"夢"の世界

赤ひげ

赤ひげ

養生所の門は 雪どけの太陽に まぶしく輝いていた・・・・・・

生きものの記録

生きものの記録

水爆の恐怖を凝視する男・・・果たして彼は真実の狂人なのか!?

生きる

生きる

いのち短かし 恋せよ乙女・・・・・・ いま甦る《黒澤明》永遠の名作!

一番美しく

一番美しく

みなぎる覇気!女性の働く姿にこそ一番美しく、気高いものがある・・・・・・

隠し砦の三悪人

隠し砦の三悪人

美姫と黄金を守敵中突破! 勇壮!豪快!冒険娯楽活劇巨篇!!

影武者

影武者

勇壮にして壮烈。華麗にして絢爛。動乱の戦国を巨大なる幻が行く---

姿三四郎

姿三四郎

壮絶!絢爛!躍動する男の世界!黒沢明第一回監督作品

素晴らしき日曜日

素晴らしき日曜日

木枯らしの野外音楽堂に流れる二人だけの「未完成交響曲」……。

續姿三四郎

續姿三四郎

迫力! 息もつかせぬこの迫力! 熱血多感の三四郎、波乱の再登場!!

椿三十郎

椿三十郎

豪勇無双!唸る剛剣!必殺の魔剣!何を仕出かすか、ご存じ三十郎!!

天国と地獄

天国と地獄

身代金を厚さ7センチの カバンに入れて「こだま」に乗れ!

どですかでん

どですかでん

<涙>がある<笑>がある 美しい<愛>の詩がある---

虎の尾を踏む男達

虎の尾を踏む男達

日本映画の至宝・黒澤明が鋭く解剖する時代名作"勧進帳"

どん底

どん底

野放図で、底抜けの面白さ! 天下無類、型破りの異色大力作!

野良犬

野良犬

「なに?ピストルを盗まれた!!」 すられた拳銃を追えーーー 爆発的情熱で叩き出す迫力巨弾!

酔いどれ天使

酔いどれ天使

抉られる思い!! 白い背広がみるみる血の色に・・・・・・

用心棒

用心棒

地獄の門であった凄い奴二人。ピストルか刀か、壮絶の対決迫る!

わが青春に悔なし

わが青春に悔なし

怒涛の昭和に、愛すべきを愛しぬき 闘うべきを闘いぬいた、女と男!!

悪い奴ほどよく眠る

悪い奴ほどよく眠る

立ちふさがる巨大な悪の影! 権力と社会悪に挑む、世界の黒澤!!

白痴(’51)

白痴(’51)

黒澤明監督松竹第二回作品

醜聞(スキャンダル)

醜聞(スキャンダル)

写真家・早田雄二×銀幕女優10人 夢のコラボ!

蜘蛛巣城

蜘蛛巣城

そなたはやがて城の主 妖婆の予言に躍る戦国武将!!

七人の侍

七人の侍

映画史上、最強最高の面白さ! 全世界が熱狂した「七人の侍」登場!!

こちらの作品もチェック

虹をつかむ男 南国奮斗篇

虹をつかむ男 南国奮斗篇

熱いリズムにのって南の海に咲け、恋ふたつ。

遙かなる山の呼び声

遙かなる山の呼び声

この家で過ごした日のことは、一生忘れません

キネマの天地

キネマの天地

松竹大船撮影所50周年超大作

落下する夕方

落下する夕方

ずっと続くと思ってた、幸せな暮らし。

それでも花は咲いていく

それでも花は咲いていく

神様、こんなボクにも幸せをくれますか?

クレイマー、クレイマー

クレイマー、クレイマー

パパもママもこれほどボクを愛しているのに・・・

クイール

クイール

一匹の盲導犬の感動の物語。

化身

化身

男が始める。女が終わらせる。

夕映え少女

夕映え少女

美少女満載で贈るカワバタ・ワールド!

猫弁と透明人間

猫弁と透明人間

吉岡秀隆×杏のハートウォーミングミステリー・第2弾!

Presents 合い鍵

Presents 合い鍵

「人生には、心に残る大切なプレゼントがたくさんある。」

マイ・インターン

マイ・インターン

わたしを救ってくれたのは、40歳年上の"新人(インターン)"

(C)1991 松竹株式会社