ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。

第1話 女郎大脱走

『助け人走る』

第1話 女郎大脱走

『 ドラマ 助け人走る』の 「 第1話 女郎大脱走 」の フル動画を配信!

あらすじ

 吉原で最下層の女郎さと(片山真由美)、きよ(梶三和子)姉妹らは足抜きを計り発見されたが、さとの機転できよは逃げのびた。つかまったさとは、廊の世話役惣兵エ(内田朝雄)の拷問にあい、六年の廊働きを命じられた。
 きよは清兵衛(山村聡)の営む“よろず助け口御引受処”を訪れ、ちょうど来合わせた平内(中谷一郎)と組んで、ドブ掃除について行くことになった。きよは仕事先で惣兵エの子分に見つかったが、平内の助けで逃れ、清兵衛を尋ねて事情を話し、姉を救い出してほしいと依頼する。
 清兵衛は助け人仲間の文十郎(田村高廣)や平内、利吉(津坂匡章)を招集し、作戦をねった。
 文十郎と平内は下調べにさとを尋ねるが、さとは切見世と称する狭い部屋で一日中客をとらされ、まるで地獄のような扱いをされていた。同じ境遇の女郎が全部で二十五人も居ると聞いた平内は全員の足抜きを引き受けてしまう……。

スタッフ・作品情報

監督

蔵原惟繕 ほか

脚本

野上龍雄 ほか

製作年

1973年

製作国

 日本

『助け人走る』の各話一覧

第1話 女郎大脱走

レンタルする

第1話 女郎大脱走

220 pt

第1話 女郎大脱走
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:55

 吉原で最下層の女郎さと(片山真由美)、きよ(梶三和子)姉妹らは足抜きを計り発見されたが、さとの機転できよは逃げのびた。つかまったさとは、廊の世話役惣兵エ(内田朝雄)の拷問にあい、六年の廊働きを命じられた。
 きよは清兵衛(山村聡)の営む“よろず助け口御引受処”を訪れ、ちょうど来合わせた平内(中谷一郎)と組んで、ドブ掃除について行くことになった。きよは仕事先で惣兵エの子分に見つかったが、平内の助けで逃れ、清兵衛を尋ねて事情を話し、姉を救い出してほしいと依頼する。
 清兵衛は助け人仲間の文十郎(田村高廣)や平内、利吉(津坂匡章)を招集し、作戦をねった。
 文十郎と平内は下調べにさとを尋ねるが、さとは切見世と称する狭い部屋で一日中客をとらされ、まるで地獄のような扱いをされていた。同じ境遇の女郎が全部で二十五人も居ると聞いた平内は全員の足抜きを引き受けてしまう……。

第2話 仇討大殺陣

レンタルする

第2話 仇討大殺陣

220 pt

第2話 仇討大殺陣
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:53

 譜代とはいえわずか一万ニ千石の田原藩主、三宅備後守忠康(北村総一郎)は、将軍家の行列が通る箱根・仙石原で、中山安兵衛に匹敵する仇討を演出し、将軍家に田原藩の名声をとどろかせ世間にも誇ろうと考えた。
先年、田原藩の元勘定方組頭、大田原帯刀(志村喬)が、補佐役、稲葉主膳を果し合いで討取ったが、忠康はこの事件を利用して、主膳の子、与一郎兄弟に親の仇として帯刀を討たせようと仕組んだのである。
 しかし、帯刀が主膳を討ったのにはわけがあった。その頃、主膳をはじめ間垣玄斉(千葉敏郎)ら十五人が、藩の公金を横領しているのを知った帯刀は、藩のためにこの事実を公けにせず、尋常の果しあいと称して公金横領の首領である主膳を討ったのだった。
 清兵衛(山村聡)は、長いつきあいのある帯刀からこの話をきき、カラクリのある仇討を黙って見ているわけにはいかない、と文十郎(田村高廣)、平内(中谷一郎)、利吉(津坂匡章)を集め、与一郎兄弟の助太刀にまわった田原藩の十五人の侍を始末し、帯刀を当の相手、与一郎兄弟とまっとうに立ち合わせる手筈をととのえた…。 

第3話 裏表大泥棒

レンタルする

第3話 裏表大泥棒

220 pt

第3話 裏表大泥棒
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:53

 油問屋大倉屋(高木均)は、貸したまま返してもらえない高麗茶碗の赤井戸を、出入りの新庄藩、戸沢から取戻してくれと顔役の今戸の嘉平(石山健二郎)に依頼した。
 嘉平からこの話をきいた清兵衛(山村聡)は、利吉(津坂匡章)と平内(中谷一郎)の手を借りて首尾よく茶碗を盗み出す。ところが、数日後、戸沢藩士で納戸役の岩切半次郎(東野孝彦)が盗まれた茶碗の責任を負って切腹したことからこの事件のウラが明るみに出た。赤井戸は戸沢家代々の家宝だった。大倉屋は、妾の志津(金井由美)が欲しがる赤井戸を金の力で手に入れようと、嘉平を作り話でだましたのである。
 この話をきいて怒った清兵衛と文十郎(田村高廣)は、嘉平宅になぐりこんだ。嘉平も大倉屋に計られたことを知り、乾分の伊太八(志賀勝)を連れて大倉屋を詰問するが、許しを乞う大倉屋の金に目がくらんだ伊太八に嘉平は殺され、真相を知る助け人にも危険が迫ってきた………。

第4話 島抜大海原

レンタルする

第4話 島抜大海原

220 pt

第4話 島抜大海原
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:56

 貧乏侍佐山の娘、おりょう(川崎あかね)は、商人近江屋の息子、信吉(新田章)に嫁いだが、武家御法度に反したとして遠島になり、ひとり息子の太郎を残して御蔵島に送られ夫の信吉は江戸を追放された。
 清兵衛(山村聡)から、ウラの仕事として、おりょうの救出を頼まれた文十郎(田村高廣)は、鳥も通わぬ流人島へ行くのは反対だった。しかし、かつて御蔵島に父が流人となって送られ、その消息を知りたがる平内(中谷一郎)のたっての願いで承諾し、他の流人の身代りになって平内と共に流人船に乗りこみ嵐をついて島に向った。
 島民は名主の三左衛門(花沢徳衛)に統制され、流人の監視はきわめて厳重だった。流人たちの口もかたく、平内の父探しも難航。ようやく探しあてたおりょうは、記憶をなくし流人相手の女郎に身を落としていた……。

第5話 御生命大切

レンタルする

第5話 御生命大切

220 pt

第5話 御生命大切
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:55

 高島藩の小佐内圭介(池田秀一)と太田新八は、夜道でごろつき浪人笹本(津川雅彦)らの辻斬りにおそわれ、新八は死に、圭介は気を失って助かった。
 圭介は藩の物笑いだと後ろ指をさされ、いたたまらなくなって切腹を決意するが、彼を愛しむ女中おこう(弓恵子)の涙でふみとどまる。
 おこうから助けを求められた清兵衛(山村聡)は、平内(中谷一郎)と為吉(住吉正博)をおとりに辻斬りをおびきよせ、一人は文十郎(田村高廣)が斬り倒したが笹本は逃げた。
 清兵衛は、辻斬りを倒したのは圭介だと番所に届け、圭介は名誉を回復して徒士頭に出世する。
 その夜おこうは、圭介が辻斬りを倒したのはウソだと笹本に脅迫され、ふたたび清兵衛のもとを訪ねた………。

第6話 上意大悲恋

レンタルする

第6話 上意大悲恋

220 pt

第6話 上意大悲恋
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:55

 浜田藩江戸詰の津島小一郎(山本紀彦)と、三村家息女あずさ(田島令子)は、相愛の仲で婚儀の日取りも決っていたが、それを知りながら主君松平直康(岡崎二郎)は、あずさを手ごめにし側室にした。
 直康はその上、小一郎に出世と称して、あずさが住む奥御殿の不寝番を仰せつけた。小一郎はいつか直康を復讐しようと、機会を待った。
 二年後、屋敷に能役者が招かれた舞台の隙に、小一郎はあずさと脱出を計った。だがすぐ追手がかかり、危いところを文十郎(田村高廣)に助けられ、文十郎の家で一休みする。
 騒ぎを知って駆けつけた平内(中谷一郎)と清兵衛(山村聡)は、今表に出たら犬死だと、二人をかくまい事情を聞いた。
小一郎たちを屋根からでも逃がしてやろうとする助け人だったが、すでに直康の子を身ごもっていることに気づいたあずさは、小一郎に許しを乞うや表にとび出し追手に捕まってしまう。錯乱した小一郎も後を追った。

第7話 営業大妨害

レンタルする

第7話 営業大妨害

220 pt

第7話 営業大妨害
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:59

 労咳の女郎、お浜(京唄子)は、岡場所で女郎をあっせんするダニのような男、勘次(滝恵一)をいためつけてほしい、と助け人の文十郎(田村高廣)と平内(中谷一郎)に依頼した。
 文十郎らは勘次に会ったが、勘次は風体に似合わず好人物。みなし児を十人も引き取って育て、近いうちに女郎のお駒(森みつる)と所帯を持つ約束をしていた。お浜はこんな勘次にヤキモチをやいて助け人に折かんを頼んだのだった。
 ところが、そのお浜が首を吊って死んだのである。実は、ウラで岡場所をいとなんでいる古物商の唐津屋(西山嘉孝)が、病になり稼ぎの悪い女郎らを自殺とみせて殺していたのだった。
 女郎の死因に疑問を持ったお駒は、これを勘次に打ち明け、勘次から話を聞いた文十郎と平内は真相究明に乗り出した。

第8話 女心大着服

レンタルする

第8話 女心大着服

220 pt

第8話 女心大着服
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:56

 金も扱う飛脚所「島屋」の雇い人、おてい(吉行和子)は、働きもので、帳場をとりしきり、番頭以上に皆から信頼されていた。
 ある日、表を掃除していたおていは、あやまって通りがかりの富小路検校(秋山勝俊)の着物を汚してしまう。検校はこれをネタに千両を要求し、その上、おていを奉公人にさし出せと島屋の主人、佐平(岩田直二)を強迫した。困った佐平は助け人の清兵衛(山村聡)に相談をもちかけ、文十郎(田村高廣)と平内(中谷一郎)が検校をたずねたがすでに検校は何者かに殺されていた。
 その頃、大阪へ送る三十両の金がまだ届いていないとの知らせを受けた佐平が不審に思い帳簿を調べてみると、この三ケ月間に五百両もの穴があいている事実が判明した。
 仕事ひと筋と見えたおていだったが、色男で遊び人の長次(寺田農)に次から次へと金をせびられていたのである。犯行がバレたと知ったおていは島屋をとび出した……。

第9話 悲願大勝負

レンタルする

第9話 悲願大勝負

220 pt

第9話 悲願大勝負
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:50

 浪人に身を落した将棋指し、玉井市左衛門(北沢彪)は公卿の烏丸卿(柳生博)のはからいで、御公儀お抱えの将棋家元、中橋宗雲(神田隆)の息子で名人の宗慶(唐沢民賢)と下指しがかなった。
 かつて、市左衛門の腕前を恐れた宗雲や、家元の庇護者、仁科久重(谷口完)の陰謀にかかり、主家を追われた市左衛門が積年の恨みをはらすための対局である。
 市左衛門の娘お初(今出川西紀)は、父が無事に対局を終えることが出来るよう守ってほしいと、助け人清兵衛に依頼した。
 下指しの日、宗慶が不利と見た宗雲らは、立会人の寺社奉行、市岡佐渡(守田学哉)と結託し、将棋を指しかけとして、二日後の指しつぎまで市左衛門を久重の屋敷に監禁した。
 文十郎らは市左衛門を助け出し清兵衛宅に連れ帰るが、重傷でさしつぎには出場出来ない。代理人として盤に向った文十郎は病床の市左衛門から一手一手指示を受け対局は再開した。

第10話 水中大作戦

レンタルする

第10話 水中大作戦

220 pt

第10話 水中大作戦
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:53

 村越重蔵(山本学)が三浦右京亮高久(城所英夫)に若妻みの(有沢正子)を強奪されてから十五年の歳月が流れた。
 みのが高久の屋敷の座敷牢に閉じこめられたまま死にかけていることを耳にした重蔵は、せめて息を引きとる時には自分の腕の中で死なせてやりたいと助け人清兵衛(山村聡)の許を訪れる。
 一方、重蔵の子供弦之助(杉山光宏)は、父が出世のために母を高久に差し出したと信じ、家を出て仏門に入り名を智念と改めていた。偶然智念に出会ったお吉(野川由美子)は、智念に真相を話してやる。
 しかし、みのは平内(中谷一郎)らと脱出の途中に息を引取り、重蔵と弦之助も高久の手によって始末されてしまった。
 もはや高久を生かしておくことは出来ない、と平内とお吉は再び高久の屋敷に潜入した……。

第11話 落選大多数

レンタルする

第11話 落選大多数

220 pt

第11話 落選大多数
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:53

 相棒の喜八(藤木敬士)と共同出資で富くじを買った弥助(高品格)に五番札の百両が当った。
 奉行所で金を受取るまで平内(中谷一郎)は弥助のボディガードを引受けるが、ちょっとしたスキに弥助は自宅で首を吊って死んでしまった。
 富くじの取り分五十両を受取ることになっていた喜八が、弥助殺しの疑いをかけられ連行されたが、喜八も女房のおくに(赤座美代子)もアリバイを申し立て無実を叫んだ。
 おくにの依頼で、清兵衛(山村聡)をはじめとする助け人たちが真相解明に乗り出し、寺社奉行岩間山城守(藤岡重慶)らが、富くじに当った者を自殺や事故に見せかけて始末して金を奪い、出世のために悪用していることをさぐり出した……。

第12話 同心大疑惑

レンタルする

第12話 同心大疑惑

220 pt

第12話 同心大疑惑
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:53

 八丁堀同心、中村主水(藤田まこと)は、暮れの旗本殺しの凶器がキセルであったことから、下手人は平内(中谷一郎)とにらみ、番所に連行した。
 元締めの清兵衛(山村聡)は主水に五両を握らせて平内を連れ戻した。そして、主水がただ者ではないと察した清兵衛は、文十郎(田村高廣)に主水を殺すよう依頼した。
 文十郎は夜道で主水を襲った。だが主水は予想上に強く失敗する。
 一方、助け人の裏稼(か)業を読みとった主水は清兵衛の家に乗り込んだ。いざとなれば始末しようと構える清兵衛たちに、主水はなんと、「おれにもひと口乗せろ」と言い寄るのだった。

第13話 生活大破滅

レンタルする

第13話 生活大破滅

220 pt

第13話 生活大破滅
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:54

信州高遠藩江戸詰めの小堀三郎太(小林昭二)は藩の特産物を売って必要なものを買う、蔵役組頭補佐である。その仕事柄、付き合いのあった和泉屋平造(浜田寅彦)と船主の半次郎(中井啓輔)から賄賂と女みすず(緑魔子)をあてがわれる。しかしそれは藩家老の飯島から言われたことであり、小堀としては本意ではなかった。小堀の妻おみね(谷口香)は主人に女がいることを知り、自分の嫉妬の為ではなく武士としての誇りを守るために別れさせてくれと清兵衛(山村聡)に依頼する。一度は別れを決意した小堀だったが、やはりみすずの元に戻ってしまう。おみねはそれに耐え兼ねて、自ら行動を起こしてしまう。

第14話 被害大妄想

レンタルする

第14話 被害大妄想

220 pt

第14話 被害大妄想
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:26

 旗本二百石、中尾主膳(浜村純)の息子、軍兵衛(河原崎次郎)は酒飲みのぐうたらで、小普請組より出世できなかった。
 いつもの通り酔って帰宅した軍兵衛は、妻しのぶ(三浦徳子)と口論のはて妻を切り殺してしまった。驚いた主膳は、お家安泰のため用人の内藤貢(斉穂寺忠雄)を切り捨て、しのぶと不義密通していたことに仕組んだ。
 殺された内藤には、病気の妻お藤(志乃原良子)と十一才の娘、美代(川本美和)がいた。夫の死を知らされたお藤はショックで死んでしまった。
 両親を失って巡礼に旅立った美代は、守り袋の中に母の遺言状を見つけ、父の敵きを討ってくれと清兵衛(山村聡)に依頼した。

第15話 悪党大修業

レンタルする

第15話 悪党大修業

220 pt

第15話 悪党大修業
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:53

 物盗り、殺しと騒がしい木枯し吹く江戸の町。犯人は稲妻小僧とうわさされていた。
 その頃、もと角兵衛獅子(じし)の姉弟、お軽(柴田未保子)、弥助(小林芳宏)から助け人に依頼があった。弥助は夢遊病で、よる無意識に盗みを働き、このままでは殺しもしていないのに稲妻小僧にされてはりつけになるという。
 夜歩きせぬよう文十郎(田村高廣)が見張るが、弥助は振切って金の大黒を盗み出す。平内(中谷一郎)は盗品を返して歩く始末。
 金の大黒は、本物の稲妻小僧、さそりの銀平(加藤嘉)が狙っていた品。折しも銀平は、昔自分から逃げた弥助を見かけて捕えた。かって盗みを仕込んだ弥助を、再び手先きに使おうと考えたのだ。

第16話 掏摸大一家

レンタルする

第16話 掏摸大一家

220 pt

第16話 掏摸大一家
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:52

 平内(中谷一郎)が、女スリのおよう(鮎川いづみ)に財布をすられた。
 おようを操っているのは岡っ引きの仙八(加藤武)だ。仙八は、小吹教授の看板の裏で、多勢の女スリを働かせていた。
 このところおようは、板前の定吉(松山省二)に恋をし、腕が落ちていた。それを知った仙八は、おようを脅し、おようは、つい平内の名を口走った。このため平内は仙八の子分、なげ込みの辰次(谷村昌彦)らに川に投げこまれた。
 文十郎(田村高廣)は平内が死んだことにして忌中の張紙を出した。予想通り、スリ仲間のお島(白木万理)が確かめにきたところを捕え、真相をただした。
 一方、おようはスリ仲間から足を洗うため、右腕のスジを切ってしまった。

第17話 探索大成功

レンタルする

第17話 探索大成功

220 pt

第17話 探索大成功
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:52

 そば屋の兼吉(島田順司)の店へ、強盗殺人の五人組が逃げ込んできた。十年前、佐渡から島抜けした時の仲間、次助(内田勝正)らであった。脱走中、民家を襲って大工を殺し、美人の女房をさらった連中だ。その時いさめた兼吉を、いまとなって共謀だったと脅すのだった。
 さらわれた女房お松(入江若葉)は、その後、眼が不自由となり、私娼(しょう)に転落したが、一人息子弥吉(三木豊)を捜し続けていた。
 その弥吉は、偶然、兼吉に拾われていた。悪どい次助らの人殺しを見て目が覚めた兼吉が、その後旅先きでみなし児を貰い育てたのが弥吉だったのだ。
 兼吉が、文十郎(田村高廣)から事実を知らされた頃、次助は先まわりしてお松を捜しあて、弥吉に会わすから金を出せと脅した。

第18話 放蕩大始末

レンタルする

第18話 放蕩大始末

220 pt

第18話 放蕩大始末
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:52

 大工の平八(遠藤太津朗)の娘、お咲(松木聖)が、恋人の丈太郎(鈴木俊介)とあいびき中、旗本の若侍二人に襲われ犯された。
 清兵衛(山村聡)は昔の仲間平八の態度がおかしいことから丈太郎に会い真相を知った。そして、自ら金出して、文十郎(田村高廣)らに犯人捜しを依頼した。
 文十郎は先日、夜鷹に乱暴するのをこらしめた浦部伸吾(根本一正)らが、酒を飲みながら仲間とお咲を襲った自慢話を盗み聞いた。
 清兵衛は伸吾の父辰蔵(池田忠夫)を訪れ、慰謝料を出すよう交渉した。辰蔵は息子の罪を認め、平八に百両を差し出した。平八は辞退するが、気丈なお咲は罪の償いにと受取った。
 丈太郎も、すべてを忘れお咲と祝言の約束をした。が、伸吾たちから、平八はもと島送りの盗人と聞かされ思い直してしまう。
 悲観したお咲は川に身を投げた。

第19話 世情大不安

レンタルする

第19話 世情大不安

220 pt

第19話 世情大不安
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:23

 物価狂乱の江戸の町。助け人の文十郎(田村高廣)や平内(中谷一郎)も買出しに忙しい。
 この二人に裏の仕事がきた。依頼人は浪人の高坂多聞(犬塚弘)。高坂は買い占め商人の三洲屋を襲って品物を江戸中にまこうと誘う。口先きは景気がいいが、高坂は金も持たず、二人は取り合わない。
 二人を追いすがる高坂の目の前に三洲屋の用心棒、片桐源次郎(木村元)が現われ、高坂を袋叩きにし、敵討ちなど諦めて国へ帰れと金を投げた。
 実は、片桐は高坂の親の敵。が、見栄っ張りで腕の弱い高坂は片桐にかなわない。しかも片桐は三洲屋(伊達三郎)を通じて老中に働きかけ、敵討ちの許可を取り消させていた。高坂は、三洲屋を襲えば片桐もクビになり、敵討ちも再び許されようと考えたのだった。
 殴り倒された高坂は、片桐の投げた金を拾い、文十郎らに助太刀してくれと哀願した―――。

第20話 邪恋大迷惑

レンタルする

第20話 邪恋大迷惑

220 pt

第20話 邪恋大迷惑
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:52

 目明しの万蔵(伊藤雄之助)は同心の磯矢(今井健二)と組んで島帰りの前科者から金をゆすったり、女房に手を出したりしていた。
 万蔵は、目をつけた芸者おさよ(吉田日出子)の夫、島帰りの仙八(中吉卓郎)をいびり、再び島送りにした。おさよは万蔵に襲われ、抵抗したはずみで盲目になってしまった。
 五年後、おさよはあんまになっていた。それを知った万蔵はしつように追うが、おさよは文十郎(田村高廣)らに助けられた。
 万蔵は磯矢に、おさよを適当な罪状で捕えてくれと頼んだ。おさよは文十郎らに迷惑がかかると、単身万蔵宅に乗りこみ、鉄針で立ち向かったが逆に殺された。
 顔を知られ、手が出せなくて焦る文十郎らの前に、竜(宮内洋)と名乗る助け人の一匹狼が現われた。

第21話 心中大悲憤

レンタルする

第21話 心中大悲憤

220 pt

第21話 心中大悲憤
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:54

 下級武士、矢崎雄之助(山下洵一郎)は甘い顔と結婚をえさに女をだまして金を貢がせ、子供ができた女は捨てていた。
 髪結のおわか(笠原玲子)も雄之助にだまされ、わが子を殺してはりつけの刑になった。また、仲居のおすえ(赤座美代子)は雄之助を引き留めるためわが子を捨てた。
 殺されたおわかの父清造(美川陽一郎)は、雄之助を尾行して数々の虐待を知り、助け人の清兵衛(山村聡)を訪れ一切を話した。利吉(津坂匡章)が調べに走った。
 一方、狙われていると知った雄之助は助け人の一匹狼、竜(宮内洋)に十両を渡し狙う奴の始末を頼んだ。竜は、清兵衛宅に乗り込み対決したが―――。

第22話 父子大相剋

レンタルする

第22話 父子大相剋

220 pt

第22話 父子大相剋
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:52

 栄達をはかる旗本の田原与左衛門(岡田英次)は、老中へのわいろ千両を八洲屋(内田朝雄)に工面させた。見返りの条件は、息子弥一郎(佐藤功)と八洲屋の娘、茅野(久野秀子)を縁組し、八洲屋を幕府御用商人として推挙するというものだ。
 与左衛門はこのため、弥一郎の恋人たえ(柴田和子)を殺した。
 これを知った弥一郎は、父親へ報復のため茅野が預けられている仮親、金子新兵衛(光枝明彦)宅から茅野を誘かい、身代金千両を要求した。
 誘かいを目撃した茅野の恋人、平三郎(石山律雄)は、助け人清兵衛(山村聡)に茅野捜しを依頼した。

第23話 裏切大慕情

レンタルする

第23話 裏切大慕情

220 pt

第23話 裏切大慕情
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:52

 家人の橘一之進(伊藤孝雄)とゆき(珠めぐみ)の夫婦は、人もうらやむ仲だった。が、ある日突然、不幸が襲った。
 ゆきが、浪人の石田(田中浩)にかどわかされ、呉服商美濃屋藤兵衛(渥美国泰)に犯されたのだ。
 ゆきは悩んだ。夫にも打明けられず、家名に傷つくことを考えれば自害もできない。ゆきは助け人の清兵衛(山村聡)を尋ね、自分を殺し、二人を殺してくれと口走った。事情を明かさず立ち去ったゆきが気がかりで、清兵衛は利吉(津坂匡章)に調査を命じた。
 再びゆきは災難にあった。石田にゆすられ、藤兵衛に犯された。覚悟を決めたゆきは、清兵衛に一切を話し、十両をさし出した。
 一方、一之進は、ゆきが実家から金を無心することからゆきを問いつめ不義を知った。そして、ゆきを責め、斬り殺してしまった。

第24話 悲痛大解散

レンタルする

第24話 悲痛大解散

220 pt

第24話 悲痛大解散
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:55

 助け人の為吉(住吉正博)が捕えられた。助け料の小判から足がついたのだった。捕えた与力の黒田(南原宏治)は“死神”の異名を持つ男。助け人の裏稼(か)業を執ように探索していた。
 清兵衛(山村聡)宅も家捜しした。が、小判は出ず、黒田は為吉を拷問して一味の名を吐かせようとした。
 “自白”を恐れた清兵衛は身代りをはかるが黒田に腹のうちを読まれ拒まれる。見せしめにと為吉に引き合わされるが、傷だらけの為吉は気丈に、隠していた妻(江夏夕子)と子を頼むとだけ言い残した。
 為吉救出がだめなら、せめて楽に死なそうと清兵衛は利吉(津坂匡章)に短刀を渡した。

第25話 逃亡大商売

レンタルする

第25話 逃亡大商売

220 pt

第25話 逃亡大商売
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:56

 よね(弓恵子)の夫、長吉(花岡秀樹)はかつて夕立小僧と騒がれた怪盗だったがいまは堅気の身。その長吉が、手柄を狙う与力の梶川(外山高士)の手で、ささいなけんかを口実に獄門に送られた。
 罪は家族にまで及ぶというのが当時の定法。よねは江戸脱出を考え、助け人の利吉(津坂匡章)に相談した。利吉から話を聞いた文十郎(田村高廣)も平内(中谷一郎)も、最近の危険な空気からこの仕事を断る。そこで利吉は、文十郎の知合いで「逃し屋」が商売の弥平次(伊丹十三)に引き合せを依頼した。
 よねは弥平次の差向けるかごに乗った。が、弱味につけこまれてあれこれ金を取られ、無一文となって放り出された場所は夫、長吉が殺された刑場で、なぜか梶川が待ち受けていた。

第26話 凶運大見料

レンタルする

第26話 凶運大見料

220 pt

第26話 凶運大見料
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:25

 火事場で腹痛を起した小料理屋の女房おきぬ(日色ともえ)を文十郎(田村高廣)が助けた。おきぬは火事が鬼門、このショックで流産してしまった。二度目である。
 二年前、かつての情夫でやくざの岩三(浜伸二)を火事のとき見殺しにしたたたりと悩み、易者の慶雲堂(芦屋雁之助)に相談した。
 ところが数日後、死んだはずの岩三の使いと称して巳之介(早川保)がおきぬを呼び出し金をゆすった。夫の多吉(前田吟)に話すという。
 その頃、助け人に巳之介を殺してくれという依頼があった。頼み人のおそで(京春上)は慶雲堂の占いに従って巳之介に入れ上げ、伯父と開いていた小間物屋を乗っ取られた。伯父は殺され、自分は女郎に売り飛ばされたという。
 文十郎(田村高廣)は、きぬが巳之介と会っていたのを見たことから呼び出し事情を聞いた。おきぬも被害者で、二つの事件に共通点があるのを知った―――。

第27話 江戸大暗黒

レンタルする

第27話 江戸大暗黒

220 pt

第27話 江戸大暗黒
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:55

 夫が江戸追放の刑を受け、「船善」のあとを守るおえい(南風洋子)が、法を犯して夫と会っているのをやくざに見られた。これを不義密通と取られ金をゆすられるが、おえいは事実を話せない。
 やくざを操る悪の元締め大五郎(多々良純)は、おえいに借金の保証人になると持ちかけ、まんまと店を乗っ取った。
 万事窮したおえいは、助け人の利吉(津坂匡章)に一切を話した。
 一方、大五郎を追う若い同心小宮(遠藤征慈)は助け人の協力を得て証拠を掴み、上司、与力の香川(五味竜太郎)に報告した。ところが大五郎と香川はグルで、情報を知った大五郎は小宮を捕え、殺してしまった。

第28話 国替大精算

レンタルする

第28話 国替大精算

220 pt

第28話 国替大精算
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:55

 平内(中谷一郎)が笠間藩の中間小頭、銀蔵(山本麟一)から五両で人殺しを頼まれた。
 文十郎(田村高廣)らと相談したが、奉行所のワナかも知れぬと断ることにした。
 ところがその帰途、文十郎は平内から殺す相手がお香(小林千鶴子)だったと知って驚く。妹しの(佐野厚子)の友達なのだ。
 お香は、高須藩の江戸詰藩士、加治俊八郎(小杉勇二)と愛し合っていた。が、俊八郎は近く国許へ帰るため、お香と縁を切ろうと考えていた。そこで、中間の弥七(山本勝)に十両でお香の後始末を頼み、弥七は仲間の銀蔵に話を持って行ったのだった。
 助け人に断られた銀蔵は、浪人を雇い、お香を捕えた。

第29話 地獄大搾取

レンタルする

第29話 地獄大搾取

220 pt

第29話 地獄大搾取
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:53

 助け人の元締、清兵衛(山村聡)引退のあと、その代理を勤める利吉(津坂匡章)が、“タコ部屋”の人足となって泥まみれの大熱演、悪と対決する。
 利吉への依頼は尋ね人。村の仲間と出稼ぎに出たまま消息の知れない巳之吉(寺下貞信)を、女房のふさ(八木孝子)が捜していた。文十郎(田村高廣)らは断るが、利吉は、出身が同じと知って単身乗り出した。
 巳之吉らはもぐりの口入れ屋にだまされて“タコ部屋”で働かされているに違いない。こう読んだ利吉はタコ部屋潜入を図り、声をかけられようと江戸をさまよった。
 タコつりの源八(野崎善彦)の手で利吉が連れ込まれた先は、牢獄のような駒吉(田口精一)の飯場だった。そしてその夜、隣室に監禁された巳之吉ら、日吉村の者が水を欲しがる声を聞いた。
 利吉らは“タコ部屋大脱走”の計画を開始したのだった―――。

第30話 貸金大仕掛

レンタルする

第30話 貸金大仕掛

220 pt

第30話 貸金大仕掛
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:47:14

 飾り職人・辰五郎(島田正吾)は、かつて錠前切りの辰と呼ばれる盗人だった。が、いまは近く祝言を上げる孫娘おみよ(池波志乃)のため、かんざし作りに腕をふるう老職人となっていた。その辰五郎が、昔の仲間伝次(御影伸介)から、監禁されている娘を救うためと持ちかけられ、十五年ぶりに錠前破りを犯した。
 ところが実は、金を貸してはまた盗み出すという、両替商唐津屋重兵衛(清水彰)の策略。事実を知った辰五郎は、伝次に殺されてしまう。

第31話 狂乱大決着

レンタルする

第31話 狂乱大決着

220 pt

第31話 狂乱大決着
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:54

 飯富盛介(戸浦六宏)が関八州取締出役の地位を得たのは、妻の沙登(和田幾子)に因果を含めて上役と一夜を共にさせたからだ。だが、以来夫婦仲はこわれてしまった。
 それを知った離婚手助けが商売の“別れ屋”桃助(常田富士男)は沙登に味方して、飯富から別れさせようと、昔仲間の利吉(津坂匡章)に協力を求めた。
 悪い八州・飯富は、沙登には冷く当る一方では刀剣集めに目がなく、日野神社の神刀をねらい、拒む神官を殺して刀を手に入れたが―――。

第32話 偽善大往生

レンタルする

第32話 偽善大往生

220 pt

第32話 偽善大往生
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:53

 両替商・備州屋(加東大介)は、欲しい土地を手に入れるため、邪魔になる長屋を焼き払おうと、遊び人の紋次(嵐圭史)を使って放火させた。
 裏を知っている紋次は、浪人の外村(嵐芳夫)に脅迫状を書かせ備州屋に送って千両取ろうとした。
 備州屋は文十郎(田村高廣)に脅迫状の主を探るよう依頼。文十郎が紋次の仕業と突きとめると、紋次は備州屋こそ偽善者だと白状した。
 助け人たちは独自に動き出した。

第33話 忠誠大心外

レンタルする

第33話 忠誠大心外

220 pt

第33話 忠誠大心外
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:55

 須坂藩士・日田平之助(石山律雄)が、妻つや(松本留美)を離縁し、公金を横領して逃げた。これは阿波特産の藍(あい)の秘法を探るため、江戸家老・坂田(外山高士)と仕組んだ芝居だった。
 ところが坂田は、藍商の徳兵衛(稲葉義男)から藩が借りた千両を着服、平之助に横領の罪を着せる魂胆だった。しかも、返済期限を延ばすためと、つやをおどして徳兵衛と一夜を共にさせる始末。
 自殺を図るつやを文十郎(田村高廣)が助け、平之助捜しを引き受ける。その平之助は蜂須賀藩に追われて切られ、荒寺に転り込んだ。そこには、観音像を彫っている清兵衛(山村聡)の姿があった。

第34話 必死大逃走

レンタルする

第34話 必死大逃走

220 pt

第34話 必死大逃走
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:54

 中央進出をはかる六本木の塩屋坂出屋重兵衛(城所英夫)は、日本橋の老舗讃岐屋(石浜裕次郎)をわなにかけて獄門台に送った。
 一方で、役人の諸口剛造(管貫太郎)に酒・女・金を贈って讃岐屋のあとの営業許可を取ろうとした。
 讃岐屋の番頭佐助(石山雄大)の依頼で助け人らが動き出す。
 諸口の妻みね(金井由美)は、夫に女ができたことを知ってとがめるが、酒色に溺れる諸口はみねを切り殺してしまう。
 これを見た坂出屋は、不義密通に仕立てようと、小番頭の三平(嵐勘忍)を呼んで切り殺そうとした―――。

第35話 危機大依頼

レンタルする

第35話 危機大依頼

220 pt

第35話 危機大依頼
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:46:32

 商人の女房おきぬ(南田洋子)が、旗本の正木三五郎(宮口二郎)を殺してと、助け人の利吉(津坂匡章)に哀願した。集金に行って乱暴されたうえ、夫にばらすと脅迫されていたという。
 利吉は平内(中谷一郎)らにおきぬを引き合わせ事情を説明した。そこへ、お吉(野川由美子)にあいくちを突きつけて人質にした正木らがおきぬを渡せと押し込んできた。
 助け人と正木らの息づまるようなかけひき。だが、意外な人物が敵に寝返った―――。

第36話 解散大始末

レンタルする

第36話 解散大始末

220 pt

第36話 解散大始末
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:58

 最終回は大奥女中の救出大作戦。
 旅から助け人の元締め清兵衛(山村聡)が帰ってきた。さっそく裏の仕事が持ち込まれた。大奥からだ。将軍の愛を受け、そのため一生外に出られない運命をたどる大奥女中のおちさ(小野恵子)から、逃してくれという依頼だった。
 苦心の末、文十郎(田村高廣)と平内(中谷一郎)が、下肥えの汲取船で江戸城に潜入した。だが救出寸前、将軍急死の報で事態は変った。
 これで里へ帰れる、と喜んだのも束の間、おちさらお手付ろうは尼になるのがしきたりと聞いて驚いた。しかも、大奥入りが養父土屋主水正(渥美国泰)が自分の出世のための人身御供と知り、再び助け人に救いを求めた。

この作品のキャスト一覧

田村高廣

佐野厚子

中谷一郎

こちらの作品もチェック

(C)松竹・朝日放送