ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。

第1話 集まりて候

『暗闇仕留人』

第1話 集まりて候

『 ドラマ 暗闇仕留人』の 「 第1話 集まりて候 」の フル動画を配信!

あらすじ

 嘉永六年。黒船襲来で混乱の江戸。北町奉行の同心・中村主水(藤田まこと)は仕置人時代をなつかしく思っていた。
 そのころ、髪結いのおその(今出川西紀)が与力の高畑(今井健二)に夜鷹の疑いで捕えられ、この時主水は、腕の立つ二人の男に出会った。かげのありそうな、裏の仕事にうってつけの男と見た。御家人くずれの三味線ひき糸井貢(石坂浩二)と元殺し屋で石工の大吉(近藤洋介)である。
 さらにむかしの仲間、半次(津坂匡章)とおきん(野川由美子)と再会したのを機会に、主水は”仕留人稼(か)業”を決心、糸井らを引き入れようと接近する。
 高畑の手で近江屋(浜田寅彦)の妾(めかけ)にされようとしたおそのは舌をかんで自殺。祖父の弥助(佐山俊二)は主水らに五両をさし出して敵を討ってくれと依頼した。さいしょ拒んだ糸井も事件にまき込まれここに”仕留人グループ”が誕生する。

スタッフ・作品情報

監督

工藤栄一 ほか

脚本

国弘威雄 ほか

製作年

1974年

製作国

 日本

『暗闇仕留人』の各話一覧

第1話 集まりて候

レンタルする

第1話 集まりて候

220ポイント

第1話 集まりて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:47:00

 嘉永六年。黒船襲来で混乱の江戸。北町奉行の同心・中村主水(藤田まこと)は仕置人時代をなつかしく思っていた。
 そのころ、髪結いのおその(今出川西紀)が与力の高畑(今井健二)に夜鷹の疑いで捕えられ、この時主水は、腕の立つ二人の男に出会った。かげのありそうな、裏の仕事にうってつけの男と見た。御家人くずれの三味線ひき糸井貢(石坂浩二)と元殺し屋で石工の大吉(近藤洋介)である。
 さらにむかしの仲間、半次(津坂匡章)とおきん(野川由美子)と再会したのを機会に、主水は”仕留人稼(か)業”を決心、糸井らを引き入れようと接近する。
 高畑の手で近江屋(浜田寅彦)の妾(めかけ)にされようとしたおそのは舌をかんで自殺。祖父の弥助(佐山俊二)は主水らに五両をさし出して敵を討ってくれと依頼した。さいしょ拒んだ糸井も事件にまき込まれここに”仕留人グループ”が誕生する。

第2話 試して候

レンタルする

第2話 試して候

220ポイント

第2話 試して候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:54

 黒船に対抗するため、爆薬の研究を続ける講武所の助教、須貝(中山仁)は、偶然見かけたかつての仲間、糸井貢(石坂浩二)に再三、仲間入りをすすめた。
 爆薬の人体実験を企てる須貝は同心、岩井(上田忠好)に金を渡して人集めを依頼、岩井は十人の囚人を渡した。その囚人の中にはイカサマ商売で岩井に捕えられた半次(津坂匡章)、親の罪の身代りとなった与之吉(山本紀彦)がいた。
 大筒にこめられた爆薬は、木に縛られた半次らに向って火を吹いた。

第3話 売られて候

レンタルする

第3話 売られて候

220ポイント

第3話 売られて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:52

 吉原遊廓の角屋隆右衛門(山形勲)は、黒船が着く港に女郎屋を開くことを企んだ。開港場を探るため、御側用人の伊沢(北原将光)に接近を図る。伊沢が浄心寺の壇家ということで妙心尼(三島ゆり子)に着目、大吉(近藤洋介)との情事をタネに、伊沢から開港場を聞き出せとおどした。
 大吉は、妙心尼をかばって一時逃れのうそをつくが、ばれて地下牢(ろう)に監禁される。ここで大吉は、脱出を図って捕えられた女郎おりん(志乃原良子)に会う。
 大吉を捜すため、おきん(野川由美子)が洋妾(らしゃめん)に化けて角屋に潜入した。

第4話 仕留て候

レンタルする

第4話 仕留て候

220ポイント

第4話 仕留て候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:51

 新任の北町奉行、山城守(本郷功次郎)は腐敗した所内を刷新するため、与力の諸岡(小林勝彦)とはかつて、無能な同心十人を休職処分にすると発表した。
 筆頭に上げられた中村主水(藤田まこと)は、諸岡に金を包んで処分を取消してもらった。その代りにクビを切られたのは人の良い老同心庄内(加東大介)だった。
 一方、山城守は若年寄昇進を狙っていた。回船問屋の銀屋(北村英三)をおどして禁制品を仕入れさせ、その品を大奥に献上しようと考えた。
 これを知った主水は、金になると仲間にはかるが一同尻ごみする。
 その間に山城守は銀屋殺しを諸岡に指示、諸岡はそれを庄内の息子誠一郎(池田秀一)に命じた。

第5話 追われて候

レンタルする

第5話 追われて候

220ポイント

第5話 追われて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:52

 金貸しの徳市(山本麟一)は米屋の伊兵衛(小鹿番)に金を貸す条件に大福講を始めさせた。が、徳市は高い利息と伊兵衛の信用で集まった金を持ち逃げし、そのうえ口封じに伊兵衛を殺した。
 伊兵衛から真相を聞いていた女房のおこま(福田公子)は、なにも知らない娘おしげ(志摩みずえ)と逃げた。だが二人ははぐれてしまい、おこまは捕えられ、おしげは大吉(近藤洋介)に保護された。
 監禁されたおこまは、わずかなすきに逃げ出し、やっとおしげに会った。ところがこれは、わざと逃がした徳市の策略で、二人は手下のやくざが呼び集めた講の出資者に取り囲まれた。金を返せと、なじる群集にまぎれ込んだやくざたちは、親娘を撲殺してしまった。

第6話 狙われて候

レンタルする

第6話 狙われて候

220ポイント

第6話 狙われて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:52

 油問屋・堺屋惣兵衛(長島隆一)の変死に疑いを抱いた中村主水(藤田まこと)は、後妻おちか(上月左知子)の身辺を洗う。
 おちかは先妻おふさを殺して堺屋に入り込んだが、これは油漆奉行・黒尾(宮部昭夫)と結託して堺屋の財産を乗っ取るためだった。
 一方、大吉(近藤洋介)は墓を頼みにきたおちかに見覚えがあった。六年前、おふさ殺しを依頼に来た女だった。
 大吉に顔を見られたおちかは、おふさ、惣兵衛を殺した用心棒、元相撲取りの不動丸(小島三児)に大吉の始末を命じた。

第7話 喰うて候

レンタルする

第7話 喰うて候

220ポイント

第7話 喰うて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:53

 あや(木村夏江)の保養のため箱根へ出かけた貢(石坂浩二)が”雪道中”に出会した。真夏に富士山で取った雪を将軍のもとへ運ぶ一行だ。一行の責任者米谷(早川保)は火、湯の使用を禁じ、違反者をおどして金や女をまき上げていた。
 その夜、客の信助(石山律雄)の子供が発熱、貢の診断の結果、お湯が必要とされた。信助は女房おなつ(八木孝子)に目をつけた米谷の強要を断わり、湯元のせき止めを抜いたが殺されてしまった。
 一方、江戸のおきんは米谷の悪計から女房が自殺、敵を討つため短筒を求めようとする藤沢の宿屋与市(金井進二)に会った。
 もうけ話、と主水(藤田まこと)大吉(近藤洋介)が乗り出した。

第8話 儲けて候

レンタルする

第8話 儲けて候

220ポイント

第8話 儲けて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:51

 黒船に近づき、洋式銃の製法を探ろうとした鉄砲鍜治の又蔵(長谷川明男)が江戸追放の刑を受けた。その又蔵に武具商・堺屋利兵衛(津川雅彦)が、妾のお涼(赤座美代子)に命じて色仕掛けで接近、設計図を書かせた。
 鉄砲不足の話を、貢(石坂浩二)から聞いた職人の定八(工藤堅太郎)と仁助(牧冬吉)は、利兵衛が大名に木製銃を売りつけているのを知り金をゆすったが、遂に用心棒に殺されてしまう。
 利兵衛はさらに、設計図が完成したところで又蔵と、又蔵を好きになってしまったお涼を殺した。
 この様子を主水(藤田まこと)の依頼で見張っていたおきん(野川由美子)が見てしまった。

第9話 懸想して候

レンタルする

第9話 懸想して候

220ポイント

第9話 懸想して候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:54

 おきん(野川由美子)が恋をした男、呉服屋の文七(伊藤孝雄)は、実は殺し屋だった。文七は親分の辰五郎(遠藤太津朗)に、足を洗いたいと頼んだが逆に子供殺しを命じられた。
 子供の死体を見た主水(藤田まこと)は手口から文七の犯行とにらんだ。似顔絵を見た半次(津坂匡章)は、男がおきんが夢中になっている文七だと知る。
 おきんは恋か殺しか、決断に迫られた。

第10話 地獄にて候

レンタルする

第10話 地獄にて候

220ポイント

第10話 地獄にて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:52

 はり師玄沢(大木実)は若い女をさらって彫師夢幻(凡天太郎)に地獄絵のいれずみを彫らせ、金持に世話して金を得ていた。
 客の美濃屋久兵衛(梅津栄)は買った女が自殺したことから玄沢に大金をゆすられ、断わると娘おその(片桐夕子)をさらわれる。
 身代金を強要する玄沢に、久兵衛はあいくちで切りつけるが逆に殺される。おそのからもらった祝儀を返しに行った貢(石坂浩二)は、臨終の久兵衛から話を聞いた。

第11話 惚れて候

レンタルする

第11話 惚れて候

220ポイント

第11話 惚れて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:51

 殺人事件の容疑者仲間の一人として手裏剣の得意な猟師、弥太(新克利)が捕まった。が、弥太には女すりのおまき(池波志乃)と一夜を共にしていたアリバイがあった。
 処刑直前、役人の乾(金田竜之介)は捕り違えだと詫びて弥太を釈放したうえ、おまきと世帯を持たせた。だがこれは、乾がおのれの出世のための邪魔者を、弥太の手裏剣で殺させようという遠謀だった。
 乾の取り違えの罪をならし、詰腹を切らせようという男がいると聞かされた弥太は、乾の温情に報いるため、死を覚悟して男のかごを狙った。が、死んだのは、老中の側室、お千鶴(大塚訓代)だった。弥太は、お千鶴が邪魔者だったことを知らぬまま処刑された。
 おまきも、殺された。

第12話 大物にて候

レンタルする

第12話 大物にて候

220ポイント

第12話 大物にて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:51

 悪の大物、闇の小兵衛(永井智雄)を追う同心・関根(亀石征一郎)が、親を殺され、妻をさらわれた。小兵衛の威光を笠に着て、おいの長一郎(太田博之)や、めいのおなつ(伊佐山ひろ子)も悪業を重ねていた。
 関根の妻を殺した長一郎を主水(藤田まこと)が捕えたことから小兵衛の報復が始まった。猫の死体が投げ込まれてりつ(白木万里)らは逃げ出し、主水は捕えられて長一郎の破牢を手伝うことを誓わされる始末。
 主水は仮病を使って奉行所に籠り、半次(津坂匡章)らに、仕留料を払うからと、あとを頼んだ。

第13話 自滅して候

レンタルする

第13話 自滅して候

220ポイント

第13話 自滅して候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:53

 中根ちづ(南田洋子)は亡き夫の忘れがたみ小一郎(比嘉辰也)にすべてを賭けていた。間近に迫った御小姓組の登用試験に小一郎を合格させるためには手段を選ばないほどちづの気持は追いつめられていた。小一郎の漢学の師、佐島昌軒(山本学)から聞いた殺し屋、大吉(近藤洋介)に、ちづは試験の競争相手の少年殺しを頼んでしまった。
 小一郎は試験に通ったものの、その日から大吉の手先という男がちづをゆすり始めた。

第14話 切なくて候

レンタルする

第14話 切なくて候

220ポイント

第14話 切なくて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:52

 半次(津坂匡章)は府中近くにある生れ故郷の幼なじみ伊太郎(水上保広)から殺しの依頼を受けた。大吉(近藤洋介)と共に村をたずねた半次は、伊太郎と若い百姓の捨吉(井上博一)から尾州藩の鷹匠頭、田村伝蔵(岩崎信忠)の横暴さを聞かされた。
 伝蔵は鷹狩りのため村の名主の屋敷に泊った。その離れ座敷に忍び込んだ大吉は、この村に住む半次の義母・たよ(吉田日出子)が伝蔵と共にいるのを見て殺しの仕事を中止した。
 半次がこの仕事を断ったあと、捨吉は鷹狩りの一行に斬り込んで殺され、たよも伝蔵に裏切られて死を選んだ。

第15話 過去ありて候

レンタルする

第15話 過去ありて候

220ポイント

第15話 過去ありて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:53

 大吉(近藤洋介)が雨戸まで閉め家の中に閉じこもってしまった。
 大吉の昔の殺しの元締が口を封じるため命をねらっているのだ。
 しかし元締の名を半次(津坂匡章)にも教えず、大吉は死を覚悟しているようだ。
 主水(藤田まこと)は、この事件に関わりのありそうな呉服問屋のおかみ、お浜(川口敦子)の身辺を洗ってみた。
 半次たちの仲間、おみつ(佐野厚子)が大吉をねらう殺し屋、亥之吉(石橋蓮司)の手で殺され、大吉も元締がお浜の亭主惣兵衛(天津敏)だと教えた。

第16話 間違えて候

レンタルする

第16話 間違えて候

220ポイント

第16話 間違えて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:54

 駕籠屋、長作(北見唯一)は抜け荷を運んだ罪で店を奪われ、死罪になった。その店を買取ったのが岡っ引上りの茂三(南原宏治)。主水(藤田まこと)は裏の悪企みをかぎつけ、長作の女房たね(谷口香)の頼みもあって貢(石坂浩二)も行動を始めた。
 茂三の悪事も判明し、貢は茂三を襲ったが、瀕死の茂三を旅から帰ってきた大吉(近藤洋介)が間違えて生き返らせてしまった。

第17話 仕上げて候

レンタルする

第17話 仕上げて候

220ポイント

第17話 仕上げて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:54

 依頼人の上役や主人を事故死にみせかけて消し、本人をその地位につけるという「闇の仕上屋」。将棋指南を表稼業にする吉岡宗達(内田朝雄)は腕ききの手下を揃えて、二年、三年がかりで仕事を運ぶ仕上屋である。絹問屋の番頭清二郎(山下洵一郎)の依頼で、主人を無理心中にみせかけて殺し一人娘おさよ(服部妙子)の婿養子として清二郎を主人の座にすわらせた。邪魔者のおさよも消され事件に疑問を持った女中のおすえ(山岸映子)が貢(石坂浩二)に恨みを晴らしてくれという。

第18話 世のためにて候

レンタルする

第18話 世のためにて候

220ポイント

第18話 世のためにて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:54

 江戸で評判の瓦版「よろずひょうばん」の版元、聖古堂の儀兵衛(成瀬昌彦)は、庶民の信用を利用して人の弱味につけこんで悪どいゆすりを働いていた。番頭の弥七(上野山功一)を手先に使い、いいなりにならないと瓦版で中傷や暴露記事を書いて報復するのだ。
 勘当した息子が殺人を犯し、その母親である小間物屋の隠居おせき(新海なつ)が脅された。その結果、店はつぶれおせきは死んだが、儀兵衛一味は残された若夫婦おゆき(近江佳世)と政吉(平井昌一)にも魔手をのばすのだった。

第19話 乗せられて候

レンタルする

第19話 乗せられて候

220ポイント

第19話 乗せられて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:52

 貢(石坂浩二)はかつて共に蘭学を学んだ新島欣吾(蜷川幸雄)と久しぶりに出会った。貧しい身なりの欣吾はオランダへ渡るルートをつかんだが費用の五十両がないという。いまも蘭学への情熱を燃やす欣吾に誘われ、貢の心も動いた。
 貢のオランダ密航の費用をかせぐため、主水(藤田まこと)はかねて探索中の回船問屋、三洲屋隆右衛門(多々良純)をゆすろうとする。しかし相手は先手をうって主水を連れ去った。
 欣吾の妻、八重(三浦真弓)は身体を売ってまで五十両を作ったが、このオランダ密航の裏には隆右衛門と与力、大門弥三郎(田畑猛雄)の奸計があった。

第20話 一途にて候

レンタルする

第20話 一途にて候

220ポイント

第20話 一途にて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:52

 若くて一徹者の同心、加納一平(石田信之)は、与力、平田玄一郎(袋正)たちの腐敗ぶりを許すことが出来ず、反抗する。邪魔者を始末しようとする平田一味、実は同心だった一平の父も同じ理由で彼等に消されたのだ。一平は年輩の同心、笠井新兵衛(小林昭二)の娘で幼ななじみの桃江(奈加川由美)と愛しあっている。その新兵衛も一平の行動に心配気だ。
 平田は腹心の同心を使って一平を罠にかけようとする。企みを知った主水(藤田まこと)たちも妨害する。しかし奉行所内で一平は乱心者の汚名をきせられ殺されてしまった。

第21話 仏に替りて候

レンタルする

第21話 仏に替りて候

220ポイント

第21話 仏に替りて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:55

 浮世絵の版元、雅泉堂(今井健二)は、絵師の歌川秋水(藤岡重慶)に若い女を題材とした地獄絵を描かせていた。そのため若くて美しい女を誘拐し、いじめ抜き、死ぬとこっそり始末していた。雅泉堂は抜け目なく奉行の井戸(外山高士)にも手をまわし、巧みに法の網からも逃れていた。
 主水(藤田まこと)は、雅泉堂のために無実の罪をきせられた留吉(綿引洪)を取調べるうち、雅泉堂に疑いを持った。留吉の妹おなみ(中川三穂子)も兄を死罪で失った上、地獄絵のモデルとして雅泉堂にさらわれてしまった。

第22話 怖れて候

レンタルする

第22話 怖れて候

220ポイント

第22話 怖れて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:55

 人里離れた山奥で金を盗掘している三人の男がいる。首領格でけだもののような熊蔵(山谷初男)の手から女が逃げ出してきた。二年前にさらわれた材木問屋檜屋の喜三郎(北沢彪)の娘ちよ(松木路子)である。偶然ちよ救出の手助けをした大吉(近藤洋介)は、熊蔵の残虐さに恐怖を感じた。
 執念深い熊蔵は、ちよのあとを追って丸善屋にまであらわれた。心労のため喜三郎は倒れ、ちよは再び山へ戻る覚悟をきめた。しかしその裏には喜三郎の義弟にあたる儀助(柳生博)の檜屋乗取りをねらう悪企みがあったのだ。

第23話 晴らして候

レンタルする

第23話 晴らして候

220ポイント

第23話 晴らして候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:54

 与力殺しの疑いで捕われた兄、佐吉(小坂一也)を救うためおその(大谷直子)は、事件の夜佐吉とすれ違った大吉(近藤洋介)に証人になってくれという。その時仕留めの仕事の帰りだった大吉は人違いだと逃げた。
 与力殺しは、同じ与力の間宮伝九郎(沢本忠雄)と岡っ引の平六(笹吾朗)の仕業で、佐吉をその犯人に仕立て上げたのも彼等なのだ。
 おそのは兄を助けたい一心で金貸しの伊三次(山口幸生)に身をまかせ、大吉は良心に責められるが、主水(藤田まこと)や貢(石坂浩二)から証人になることを反対されてしまった。

第24話 嘘つきにて候

レンタルする

第24話 嘘つきにて候

220ポイント

第24話 嘘つきにて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:55

 しじみ売りの少年、佐助(金子吉延)は、米問屋、備前屋の主人大八(飯沼慧)を尊敬していた。大八は焼け出された人たちの面倒をみたり、気のふれた先代の妻、よね(野口ふみえ)にも嫌な顔ひとつしない、その上佐助にも励ましの言葉をかけてくれる。
 しかし裏では、岡っ引の虎松(潮健児)、島抜けしてきた三次(市村昌治)たちを抱き込み、よねを殺そうとねらっていた。そこへ大八に裏切られた佐助が、よねを人質にとって番小屋へ立てこもった。

第25話 晒されて候

レンタルする

第25話 晒されて候

220ポイント

第25話 晒されて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:54

 米の仲買、越後屋の女主人お陽(中村玉緒)は、義理の娘お道(桜井浩子)の無断の借金の返済を迫られて驚ろいた。義平次(川合伸旺)と名乗る男は、百両を今夜中に返さなければ、店の権利書をもらって帰るという。
 店を守るため、お陽は五十両を持って賭場へ行き、一か八かの勝負をした。その時偶然、大吉(近藤洋介)に誘われてその場にいた貢(石坂浩二)は、せっかくかせいだ五十両をお陽にまきあげられてしまった。
 その翌日、お陽と男が心中死体となって発見され、お陽だけが息を吹き返した。彼女は主水(藤田まこと)に心中した覚えはないと叫ぶが、定め通りさらしものにされてしまった。

第26話 拐かされて候

レンタルする

第26話 拐かされて候

220ポイント

第26話 拐かされて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:24

 がまの油売りの浪人、筧弾正(上田忠好)は、昨年亡くした妻の薬代を火消しの松五郎親分(堺左千夫)に借りていたが、今では元利共で百両、娘おさき(瞳順子)と二人暮しの弾正に返せるあてはない。好色な松五郎は手先の岡っ引、屑伝(矢野宣)を使って、借金のかたにおさきを妾にしようとねらっている。
 屑伝が強引におさきを連れ出しに来たが、彼女は行方不明。大道で弾正と知りあったおきん(野川由美子)が、事情を知っておさきを隠まったのだ。しかし執念深い屑伝は捜査の網をせばめ、おきんの家も危い。おさきの捜査を命じられた主水(藤田まこと)も、貢(石坂浩二)たちも協力して、おさきを救うために立ち上った。

第27話 別れにて候

レンタルする

第27話 別れにて候

220ポイント

第27話 別れにて候
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:46:15

 黒船の来航をバックに時代を見とおし開国論を主張する若年寄松平玄蕃頭、貢もその見識を高く評価しているが、この玄蕃頭は裏では阿片に溺れ、商人から金品や女を献上させ、妾宅の近くの長屋を眼ざわりだと取り壊させるような男なのだ。貢は国の運命が大きく変ろうとしている時に、自分自身の生き方に疑問を感じはじめていた。

この作品のキャスト一覧

藤田まこと

白木万里

菅井きん

こちらの作品もチェック

(C)松竹・朝日放送