ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。

第1話 一筆啓上地獄が見えた

『必殺仕置屋稼業』

第1話 一筆啓上地獄が見えた

『 ドラマ 必殺仕置屋稼業』の 「 第1話 一筆啓上地獄が見えた 」の フル動画を配信!

あらすじ

 “必殺シリーズ”おなじみの同心、中村主水(藤田まこと)が登場。主水は南町奉行所へ転勤になりどうも勝手が違う。そこへ主水の前歴を知る髪結い床の女主人、おこう(中村玉緒)が近江屋利兵衛(高木均)の殺しを頼んできた。風呂屋の釜番捨三(渡辺篤史)に調べさせたあと、主水は若い殺し屋、市松(沖雅也)と怪力の坊主、印玄(新克利)たちと仕置屋を結成した。

スタッフ・作品情報

監督

蔵原惟繕 ほか

脚本

安倍徹郎 ほか

製作年

1975年

製作国

 日本

『必殺仕置屋稼業』の各話一覧

第1話 一筆啓上地獄が見えた

レンタルする

第1話 一筆啓上地獄が見えた

220 pt

第1話 一筆啓上地獄が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:52

 “必殺シリーズ”おなじみの同心、中村主水(藤田まこと)が登場。主水は南町奉行所へ転勤になりどうも勝手が違う。そこへ主水の前歴を知る髪結い床の女主人、おこう(中村玉緒)が近江屋利兵衛(高木均)の殺しを頼んできた。風呂屋の釜番捨三(渡辺篤史)に調べさせたあと、主水は若い殺し屋、市松(沖雅也)と怪力の坊主、印玄(新克利)たちと仕置屋を結成した。

第2話 一筆啓上罠が見えた

レンタルする

第2話 一筆啓上罠が見えた

220 pt

第2話 一筆啓上罠が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:52

 子供の養育費ほしさに、源次(石山律雄)は久しぶりに昔の元締鳶辰(津川雅彦)から札差、大和屋(北村英三)殺しの仕事を請負った。しかしその仕事には罠が仕掛けられていた。源次は殺され、昔の仲間の市松(沖雅也)は一人で仇を討とうとしていた。主水(藤田まこと)も源次の女房みつ(今出川西紀)の頼みで動き始めた。

第3話 一筆啓上紐が見えた

レンタルする

第3話 一筆啓上紐が見えた

220 pt

第3話 一筆啓上紐が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:50

 ダニのように女から金を絞りとる小悪党、加吉(中尾彬)の殺しの依頼があった。どうも髪結いのおこう(中村玉緒)とも関係があった男らしい。加吉は今、姉思いのおちさ(上原ゆかり)をねらっているようだが、捨三(渡辺篤史)の調べにも尻尾を出さない。やがて主水(藤田まこと)は加吉と同心の奥村(小林勝彦)一味の動きをつかんだ。

第4話 一筆啓上仕掛が見えた

レンタルする

第4話 一筆啓上仕掛が見えた

220 pt

第4話 一筆啓上仕掛が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:51

 髪結いのおこう(中村玉緒)の近所で不審火が続く。地主の桔梗屋仁左衛門(大滝修治)が長屋を焼払って歓楽街を作るため、火消しの伝八(横沢祐一)に命じて放火させていたのだ。
 瓦版作者高田京楽(山本学)は桔梗屋に金を握らされ罪もないお美津(竹下景子)を放火犯人だという嘘の記事を書いた。

第5話 一筆啓上幽鬼が見えた

レンタルする

第5話 一筆啓上幽鬼が見えた

220 pt

第5話 一筆啓上幽鬼が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:51

 ある三味線弾きの女が姉の仇をうってくれと主水に依頼をする。芸者のおよう(三条泰子)が犯人だと言うが確証がないため、まずは証拠探しから始める。そんな時、町で美人な女を錦絵にする国春という絵師が現れる。おようは自分が選ばれると思っていたが菊次(二宮さね子)という別の芸者が選ばれてしまう。おようは菊次を殺そうと企むのだった。

第6話 一筆啓上 怨霊が見えた

レンタルする

第6話 一筆啓上 怨霊が見えた

220 pt

第6話 一筆啓上 怨霊が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:52

 呉服問屋井筒屋の若後家、おその(西尾三枝子)は、昨年旅先で死んだ夫、庄太郎(和田浩治)が生きているような気がする。しかし夫の一回忌が過ぎれば義弟の清二郎(和田、二役)と結婚することに決っていた。おそのが髪結いのおこう(中村玉緒)に調査を頼んだことから意外な企みが明らかになってきた。

第7話 一筆啓上邪心が見えた

レンタルする

第7話 一筆啓上邪心が見えた

220 pt

第7話 一筆啓上邪心が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:51

 鬼同心、堀内以蔵(今井健二)が仕置屋の探索に力を入れている。そこへおこう(中村玉緒)の持ってきた仕置の話は二つ。呉服屋「帯清」の養子、茂作(花上晃)が妻おちか(入江若葉)の不義の相手矢之助(河原崎次郎)を、もう一つはおちかが夫を殺してくれという。堀内は得体の知れぬ市松(沖雅也)に疑いの目を向けていた。

第8話 一筆啓上正体が見えた

レンタルする

第8話 一筆啓上正体が見えた

220 pt

第8話 一筆啓上正体が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:52

 主水(藤田まこと)と親しい同心の山崎格之進(織本順吉)の下っ引き仙吉(佐々山洋一)が殺された。手口から見て島帰りの銀次(田端猛雄)らしい。しかしおこう(中村玉緒)は銀次の無実を主張する。その裏では山崎は綿問屋伊勢屋(藤岡重慶)と組んで、仙吉の女房おしま(吉行和子)たちに売春を強いていたのだ。

第9話 一筆啓上 偽善が見えた

レンタルする

第9話 一筆啓上 偽善が見えた

220 pt

第9話 一筆啓上 偽善が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:54

 戯作者、蛙亭文蝶(寺田農)は大奥をもじった内容の戯作を書いた罪で手鎖三十日の刑を受けた。
 その上文蝶は女房のおきく(津田京子)を何者かに犯された。髪結いのおこう(中村玉緒)は文蝶から女房の恨みを晴らしてほしいと頼まれた。捨三(渡辺篤史)の調べで貸本屋の孫兵衛(長谷川明男)がならず者にやらせていたと判った。

第10話 一筆啓上 姦計が見えた

レンタルする

第10話 一筆啓上 姦計が見えた

220 pt

第10話 一筆啓上 姦計が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:55

 同心の安田(横内正)は義父の借金を返すため罪人の家族からワイロを取ったところを綱紀粛正役の土方(伊藤孝雄)に見つかった。
 土方は安田に、助かりたければ妻、志津(弓恵子)を奉行に差し出せといい、やってきた志津を犯した上、夫とともに殺して心中に見せかけたが、主水(藤田まこと)は死因に疑問を持つ。

第11話 一筆啓上 悪用が見えた

レンタルする

第11話 一筆啓上 悪用が見えた

220 pt

第11話 一筆啓上 悪用が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:54

 伊三郎(平泉成)は札差「藤田屋」の女房、お栄(松本留美)の難儀を救ったが、腕ききの岡っ引、佐平次(大木実)に筋の通らぬ罪を着せられて島送りとなった。お栄は島から帰った伊三郎になんとか償いをしようとして、伊三郎に近づき「不義密通」と佐平次に金をおどし取られた。これを知った伊三郎は佐平次の手で殺された。

第12話 一筆啓上 魔性が見えた

レンタルする

第12話 一筆啓上 魔性が見えた

220 pt

第12話 一筆啓上 魔性が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:54

 盗賊団に一家を惨殺された乾屋(寺下貞信)は死ぬ間際に市松(沖雅也)に報復を頼んだ。越中屋が盗賊の巣とわかったが、店の女房は市松の幼なじみ、おるい(中川梨絵)だった。やがておるいは夫、銀次(岩田森)らの犯行だと市松に告白。一方、主水(藤田まこと)は事件の陰には一味を手引きした者がいるとにらむ。

第13話 一筆啓上 過去が見えた

レンタルする

第13話 一筆啓上 過去が見えた

220 pt

第13話 一筆啓上 過去が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:53

 おこう(中村玉緒)が持ってきた仕事の内容を知って主水(藤田まこと)は驚いた。殺す相手は、何と、仕事屋仲間の印玄(新克利)なのだ。頼んだのは梅屋の女郎およね(武原英子)。
 九年前およねがまだ14歳のとき、旅の願人坊主、印玄に父親を殺されたのだという。

第14話 一筆啓上 不義が見えた

レンタルする

第14話 一筆啓上 不義が見えた

220 pt

第14話 一筆啓上 不義が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:53

 浅吉(佐々木剛)と、おそで(田島令子)は、甲州屋を殺して逃げてきた盗賊の円蔵(大木晤郎)と源七(平沢彰)に出くわしたが、奉行所へ訴えるわけにはいかない。浅吉は長門屋治平(米倉斉加年)の店の番頭、おそでは治平の愛人で、二人は人目をはばかる仲だった。ところが実は治平は円蔵らの頭目で、すべては治平に筒抜けだった。

第15話 一筆啓上 欺瞞が見えた

レンタルする

第15話 一筆啓上 欺瞞が見えた

220 pt

第15話 一筆啓上 欺瞞が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:52

 清元の二代目、佐一郎(綿引洪)は女ぐせが悪く、旗本の小栗克之信(杉本孝次)と組んで、近づく娘たちを次次にもて遊んでいた。後見人のたか(山田五十鈴)は佐一郎を芸に専念させようと力をつくすが、裏切られた上、借金代わりに克之進らのえじきにされ、絶望のあまりおこう(中村玉緒)に佐一郎の仕置きを頼む。

第16話 一筆啓上 無法が見えた

レンタルする

第16話 一筆啓上 無法が見えた

220 pt

第16話 一筆啓上 無法が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:51

 無法者の旗本、稲村(穂積隆信)は、藩の同僚を殺して逃亡中の久坂(管貫太郎)と手を組み、古泉堂(小鹿番)から店と土地を奪った上に、無礼討ちにした。主水(藤田まこと)は稲村らの仕置きを決意。そのころ市松(沖雅也)は、父の敵討ちのために久坂を追うお糸(秋谷陽子)を助けようとして稲村らに屋敷へ連れ去られる。

第17話 一筆啓上 裏芸が見えた

レンタルする

第17話 一筆啓上 裏芸が見えた

220 pt

第17話 一筆啓上 裏芸が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:51

 お蝶(白川みどり)お雪(森崎由紀)姉妹の水芸が評判で連日大入りのあけぼの座が火事となり、座頭の六兵衛(嵯峨善兵)が死体で見つかった。胸に刺し傷があり、与力の向坂(上野山功一)は一座の弥吉(大竹修造)を犯人として処刑した。が、実は事件は、客を奪われた日乃本座の羽左衛門(浜田寅彦)と向坂の陰謀だった。

第18話 一筆啓上 不実が見えた

レンタルする

第18話 一筆啓上 不実が見えた

220 pt

第18話 一筆啓上 不実が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:51

 香具師(やし)の元締、喜三郎(長谷川弘)は代官の大山勝之進(五味龍太郎)と手を組み、娘たちをだまして江戸へ連れてきては女郎に売りとばしていた。そんな女郎の一人、お仲(横山リエ)が喜三郎の仕置きを頼んできた。一方、喜三郎に破門された巳代吉(石橋蓮司)は恋人のお仲に心にもない心中話を持ちかける。

第19話 一筆啓上 業苦が見えた

レンタルする

第19話 一筆啓上 業苦が見えた

220 pt

第19話 一筆啓上 業苦が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:49

 油屋の息子が死体で店へ帰ってきた。全覚(佐藤慶)に荒行をさせられたためらしい。おこう(中村玉緒)が母親から仕置きの注文を取ってきたが、主水(藤田まこと)は二の足を踏んだ。全覚はかつて主水と同じ道場で剣を学んでいたが、ある日、突然、師範の田所(波田久夫)を斬って姿を消した男。腕は主水よりもはるかに上だ。

第20話 一筆啓上 手練が見えた

レンタルする

第20話 一筆啓上 手練が見えた

220 pt

第20話 一筆啓上 手練が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:52

 主水(藤田まこと)は村野(宗方勝巳)から上州藤岡宿の辰五郎(北村英三)一家を調べに行くように命じられた。ちょうどそのころ辰五郎に父親を殺された娘、お千代(桑垣浩子)が仕置きを頼みに来たため、市松(沖雅也)らも主水とともに上州へ。一行のあとを正体不明の男、疾風(はやて)の竜(中村敦夫)が追う。

第21話 一筆啓上 逆夢が見えた

レンタルする

第21話 一筆啓上 逆夢が見えた

220 pt

第21話 一筆啓上 逆夢が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:51

 筆頭与力が死に、奉行の鳥居(志村喬)の命令で後任は入れ札で選ぶことになった。油問屋の泉屋(神田隆)は愛人お袖(稲野和子)の言うままに、与力の日暮(近藤宏)を当選させてとり入ろうと、日暮の競争相手を応援する秋田屋(石浜祐次郎)を殺した。主水(藤田まこと)は手口から市松(沖雅也)の仕業と思い込む。

第22話 一筆啓上 狂言が見えた

レンタルする

第22話 一筆啓上 狂言が見えた

220 pt

第22話 一筆啓上 狂言が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:52

 札差の浜田屋(国一太郎)が自殺し、娘おりん(大関優子)は正気をなくした。両替商の三原屋(稲葉義男)は、おりんを自宅に引き取り、世話をしていた。三原屋に髪結いに行ったおこう(中村玉緒)は突然おりんから三原屋の仕置きを頼まれた。父は三原屋に殺されたのだという。訴えるおりんの目は正気の目だった。

第23話 一筆啓上 墓穴が見えた

レンタルする

第23話 一筆啓上 墓穴が見えた

220 pt

第23話 一筆啓上 墓穴が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:50

 清吉(山本紀彦)は寺社奉行所同心である叔父の榊(戸浦六宏)に女房お篠(吉沢京子)と無理やり別れさせられた。榊は寺でのバクチを見のがし、住職の春慶(天王寺虎之助)から金を受け取っていた。これを知った清吉は不正を内密にする代わりにお篠のもとへ帰らせてほしいと切り出すが、危険を感じた榊と春慶に殺される。

第24話 一筆啓上 血縁が見えた

レンタルする

第24話 一筆啓上 血縁が見えた

220 pt

第24話 一筆啓上 血縁が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:52

 丹波屋(中村錦司)の愛人おきぬ(荒砂ゆき)は兄の伝蔵(長谷川明男)と手を組んで丹波屋の女芳おせき(近江輝子)を殺し、こんどは丹波屋の命もねらっていた。おせきに育てられた女中のおかよ(宮前ゆかり)は恨みをはらしてほしいとおこう(中村玉緒)に相談したが、実はおきぬは17年前におかよを捨てて逃げた生みの母親だった。

第25話 一筆啓上 不倫が見えた

レンタルする

第25話 一筆啓上 不倫が見えた

220 pt

第25話 一筆啓上 不倫が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:52

 同心、岡崎(小笠原良智)の妻、志乃(市原悦子)は、ふとしたことから清吉(寺田農)に体を奪われた。奉行所発注の工事の落札をねらう三州屋(谷口完)は、清吉を抱き込み、岡崎の手元にある各業者の見積書を志乃から手に入れさせた。これを知った岡崎は志乃を離縁して切腹。主水(藤田まこと)は調査に乗り出す。

第26話 一筆啓上 脅迫が見えた

レンタルする

第26話 一筆啓上 脅迫が見えた

220 pt

第26話 一筆啓上 脅迫が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:54

 岡っ引の弥七(山本麟一)は錠前師の鉄吉(高峰圭二)と手を組んで益田屋(西川ヒノデ)の金を盗もうとしたが、蔵の中に小判はない。大工の富蔵(美川陽一郎)に秘密の部屋を作らせ、そこに隠したらしい。弥七は富蔵を牢に入れ、富蔵の娘お京(志摩みずえ)を人質にして部屋の場所を聞き出そうとする。

第27話 一筆啓上 大奥が見えた

レンタルする

第27話 一筆啓上 大奥が見えた

220 pt

第27話 一筆啓上 大奥が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:32

 娘のおさと(本阿弥周子)が将軍のお手付きとなり、旗本に取り立てられた甚兵衛(山口禅二)は、さらに出世をと、おとき(ひろみどり)を無理やり養女にして大奥へ奉公させた。ところが、おときは恋人の竹次郎(伊吹新吾)と駆け落ちした。甚兵衛は2人を殺させ、竹次郎の妹みわ(竹下景子)をおときの身代わりにしようとたくらむ。

第28話 一筆啓上 崩壊が見えた

レンタルする

第28話 一筆啓上 崩壊が見えた

220 pt

第28話 一筆啓上 崩壊が見えた
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:45:10

 市松(沖雅也)が仕置きした卯之吉(新田章)は別の仕置屋の元締である佐兵衛(観世栄夫)の息子だった。怒った佐兵衛は報復のため、おこう(中村玉緒)を連れ去り、仲間の名をすべて聞き出そうと激しく責めたてた。印玄(新克利)は、おこうを救出しようとして佐兵衛の短銃に撃たれてしまう。

この作品のキャスト一覧

藤田まこと

菅井きん

白木万里

沖雅也

こちらの作品もチェック

(C)松竹・朝日放送