ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。

第1回 女房妊娠主水慌てる

『必殺商売人』

第1回 女房妊娠主水慌てる

『 ドラマ 必殺商売人』の 「 第1回 女房妊娠主水慌てる 」の フル動画を配信!

あらすじ

 踊りの師匠のおせい(草笛光子)と、芸者置屋の髪結い兼箱屋の新次(梅宮辰夫)はもと夫婦の仕置人。偶然にそのふたりの正体を知った足力屋の正八(火野正平)は主水(藤田まこと)にそれを知らせる。一方主水は、姑のせん(菅井きん)や嫁のりつ(白木万理)に“種なし南瓜”とイビラれつづけてきたが、奮斗の甲斐あって、みごとりつを懐妊させ、こんどは「生まれてくる子のためにもっと働け」と尻を叩かれる破目になる。そんな主水やおせいらの前に、角兵衛獅子のお美代(斎藤こず恵)が現われたことから、主水、おせい、新次、正八らが手を組んで、新しい仕置人グループとして仕事を始めることになった――。

スタッフ・作品情報

監督

工藤栄一 ほか

脚本

野上龍雄 ほか

製作年

1978年

製作国

 日本

『必殺商売人』の各話一覧

第1回 女房妊娠主水慌てる

レンタルする

第1回 女房妊娠主水慌てる

220ポイント

第1回 女房妊娠主水慌てる
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 踊りの師匠のおせい(草笛光子)と、芸者置屋の髪結い兼箱屋の新次(梅宮辰夫)はもと夫婦の仕置人。偶然にそのふたりの正体を知った足力屋の正八(火野正平)は主水(藤田まこと)にそれを知らせる。一方主水は、姑のせん(菅井きん)や嫁のりつ(白木万理)に“種なし南瓜”とイビラれつづけてきたが、奮斗の甲斐あって、みごとりつを懐妊させ、こんどは「生まれてくる子のためにもっと働け」と尻を叩かれる破目になる。そんな主水やおせいらの前に、角兵衛獅子のお美代(斎藤こず恵)が現われたことから、主水、おせい、新次、正八らが手を組んで、新しい仕置人グループとして仕事を始めることになった――。

第2回 誘拐されて女よろこぶ

レンタルする

第2回 誘拐されて女よろこぶ

220ポイント

第2回 誘拐されて女よろこぶ
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 薬屋・三ッ木屋藤兵エ(金田龍之介)の囲い者で、おせい(草笛光子)のところへ踊りの稽古に通っていたおうら(風吹ジュン)が誘拐された。貧乏旗本の息子、彦三郎(井上聡)らの仕業だが、きかん気のおうらは誘拐されたことをかえって喜んでいるようだ。一方、収まらないのが、かつて盗っ人だった藤兵エ。昔の仲間を呼び、彦三郎らを始末しようとする。これを知った主水(藤田まこと)らは―――。

第3回 むかし夫婦いま他人

レンタルする

第3回 むかし夫婦いま他人

220ポイント

第3回 むかし夫婦いま他人
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:47

 赤ん坊を秀英尼(鮎川いづみ)に預けて姿を隠し、樽問屋の上総屋(伊沢一郎)の囲い者になっていた芸者の菊丸(村雲敦子)が死んだ。実は、赤ん坊の父親で、塾を開く武士、佐久間平馬(中条きよし)が殺したのだ。一見、律義そうで男ぶりのいい平馬の正体は、女を弄んでは人に売りつける大悪党だった。しかも平馬は、かつての京都で、おせい(草笛光子)と新次(梅宮辰夫)に苦い汁をのませていた―――。

第4回 お上が認めた商売人

レンタルする

第4回 お上が認めた商売人

220ポイント

第4回 お上が認めた商売人
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:47

 大名に生まれなかったら、石川五右エ門の向うを張る大泥棒になれたのに、と嘆く、手くせの悪い高崎八万五千石の城主、松平広正(小坂一也)。その広正が、江戸城内の茶坊主部屋で、他の大名が置き忘れた煙管を盗んだ。これを見た茶坊主の三山(須藤健)はあきれるが、盗みの罪は三山にきせられ、打ち首になる。仲間の河内山宗俊(芦屋雁之助)はおせい(草笛光子)に広正殺しを頼む――。

第5回 空桶で唄う女の怨みうた

レンタルする

第5回 空桶で唄う女の怨みうた

220ポイント

第5回 空桶で唄う女の怨みうた
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:48

 役人と業者のゆ着を防ぐという名目で、勘定奉行の榊原(須賀不二夫)は、再三にわたって、役人の配置がえを行ない、そのたびに利権を握る問屋仲間に冥加金を上納させて私腹をこやしていた。榊原と手を組む与力の秋月(宮部昭夫)は廻船問屋・三州屋の身代を自分の物にしようとする。連日の宴会で忙しかった主水(藤田まこと)は、やがてこの事実を知る――。

第6回 手折られ花は怨み花

レンタルする

第6回 手折られ花は怨み花

220ポイント

第6回 手折られ花は怨み花
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:47

 半玉の静香(小坂知子)が、旗本の養子、水島弥之助と心中した。が、主水(藤田まこと)らは、ふたりは心中ではなく誰かに殺されたとにらむ。実は、ふたりは水島家の仲間・伊平(島田順司)に殺されたのだ。伊平は、水島家の後家、みの(白石奈緒美)と通じていた。みのは、水島家を潰しておいて、温泉の出る伊豆の領地だけ手に入れようとしていた。しかもみのの影には二人の男がいた――。

第7回 嘘か真実か まことが嘘か

レンタルする

第7回 嘘か真実か まことが嘘か

220ポイント

第7回 嘘か真実か まことが嘘か
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:47

 芸者・小梅(服部妙子)が失恋して身投げし、大前田英五郎(葉山良二)に助けられた。上州一の大親分・英五郎は、上州絹の織り子を集めるため、八州取締出役・高森(御木本伸介)と共に江戸に出てきたのだ。が、正八(火野正平)の出会った・老人(戸浦六宏)は、その英五郎を殺す商売人を捜してくれ、という―――。

第8回 夢売ります 手折れ花

レンタルする

第8回 夢売ります 手折れ花

220ポイント

第8回 夢売ります 手折れ花
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:27

 二十年前、無実の罪をきせられて殺された父親の怨みを晴らすため、美しい手を血で染める女主人公・北岡菊を描いた草双紙が大変な評判だ。ある日正八(火野正平)は、草双紙そのままの女(藤村志保)が、岡っ引きの六助を殺すのを見た。北町奉行・与力の谷口(新田昌玄)や豪商の大和屋(山岡徹也)らは、菊の登場と草双紙の評判にふるえあがる。かつて谷口らは、利権をめぐる不正を、菊の父に暴露されるのを恐れ、無実の罪をきせたのだ――。

第9回 非行の黒い館は蟻地獄

レンタルする

第9回 非行の黒い館は蟻地獄

220ポイント

第9回 非行の黒い館は蟻地獄
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 ふうてん横丁で町娘のお袖(淡城恭子)が阿片の発作で死んでいた。お袖は役者の秀之丞(大竹修造)に誘われて横丁に行き、両替商大蔵屋のドラ息子・幸太郎(大林直樹)やその仲間のお加代(積千恵美)にむりやり阿片を吸わされたのだ。主水(藤田まこと)の同僚の同心・神谷(滝田裕介)はなぜか執念深く阿片事件を追い、ついに自分が伝馬町に送られる破目に陥る。

第10回 不況に新商売の倒産屋

レンタルする

第10回 不況に新商売の倒産屋

220ポイント

第10回 不況に新商売の倒産屋
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 頼母子講の親をしていた乾物屋・美濃屋(草薙幸二郎)は倒産寸前となる。美濃屋は預っていた講の金を江戸一の廻船問屋・天満屋(堺左千夫)の新造船に出資していたが、その天満屋も金づまりで主人が行方不明という。その矢先、美濃屋に見知らぬ男が飛びこんで来て「寺の木の下の千両を頼む」といい置いて死んだ。美濃屋は女房(磯村みどり)にすすめられてその金に手をつけるが――。

第11回 女体が舞台の弁天小僧

レンタルする

第11回 女体が舞台の弁天小僧

220ポイント

第11回 女体が舞台の弁天小僧
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 おせい(草笛光子)のかつての踊りの弟弟子だった矢之介(ピーター)は今はいっぱしの遊び人気どり。持ち前の美しさから、弁天小僧を真似て女装で呉服商・京屋の店先で盗みを働き、見破られてしまう。しかし京屋の主人、庄兵エ(安井昌二)はなぜか矢之介を見逃してやる。実は庄兵エの狙いは、矢之介を使って大奥の老女、藤尾(弓恵子)をワナに陥れることにあった―――。

第12回 裏口を憎む男にない明日

レンタルする

第12回 裏口を憎む男にない明日

220ポイント

第12回 裏口を憎む男にない明日
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 滝川塾の秀才、藤堂兵馬(桜木健一)が、奉行所の採用試験に落ち、出来の悪い久米玄一郎(荒谷公之)らが裏金を使って、見習い同心となった。久米と、塾頭の娘、おしの(吉本真由美)をはりあっていた兵馬はやけぎみで、不正合格を許した奉行所役人への怒りを押えきれず、役人を片端から居合抜きで驚かしてはうっぷんを晴らしていた。兵馬を知る新次(梅宮辰夫)はそんな彼を心配するが――。

第13回 裏の稼業にまた裏稼業

レンタルする

第13回 裏の稼業にまた裏稼業

220ポイント

第13回 裏の稼業にまた裏稼業
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 夜道で女の首を折るという連続殺人がおこり、主水(藤田まこと)ら役人は犯人捜しに大わらわ。そんな矢先、長屋で縫い物をしているおいね(吉沢京子)は、油問屋のひとり娘お栄(大関優子)に頼まれて蔭間茶屋にいる寺小姓に手紙をもっていった。が、そこでおいねは男に襲われ、その顔をみて驚いた。男は、同じ長屋に住む三味線作りの粂吉(佐々木剛)で、かねておいねとは恋仲だったからだ。しかも粂吉は商売人だった――。

第14回 忠義を売って得を取れ!

レンタルする

第14回 忠義を売って得を取れ!

220ポイント

第14回 忠義を売って得を取れ!
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:47

 川越瀋の勘定方、森治郎左エ門は辻斬りに襲われて殺されたうえ、ご用金三百両を奪われ、家は取り潰しになった。中間の忠助(石山律雄)は、主人を助けられなかったお詫びにと、長屋に移った奥方のおくめ(富田恵子)と娘の小菊(佐藤万理)の面倒をみる。が、おくめが病気になり、忠助の連れてきた医者の見立てでは五十両の高麗人参が必要という。小菊は身売りを決心したが………。

第15回 証人に迫る脅しの証言無用

レンタルする

第15回 証人に迫る脅しの証言無用

220ポイント

第15回 証人に迫る脅しの証言無用
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:47

 新設される砂糖問屋の利権をめぐって、薬種問屋の和泉屋が殺され、その殺人現場を目撃した薬種問屋の倉田屋治兵衛(梅津栄)は、事件屋の大物・向島のご隠居(永井智雄)の息子の東吉(内田勝正)が犯人だと、主水(藤田まこと)に告げる。隠居ら一味は、砂糖問屋新設の一件に暗躍し、邪魔になった和泉屋を殺したのだ。隠居は、倉田屋の娘で盲目のおたみ(村田みゆき)を誘拐し、正八(火野正平)のいる高灯台に軟禁した――。

第16回 殺して怯えた三人の女

レンタルする

第16回 殺して怯えた三人の女

220ポイント

第16回 殺して怯えた三人の女
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:47

 江戸一番の呉服問屋・越後屋の後家のおつな(茅島成美)は、番頭の喜三郎(倉石功)と深い仲だったが、ふとしたことから、なさぬ仲のひとり娘・おけい(鳥居恵子)も、女中のおきよ(片桐夕子)も、喜三郎と関係があったことを知る。三人の女は、自分らをだました喜三郎を共謀して殺すことにし、頭をなぐって池に沈めた。しかし喜三郎の幽霊が――。

第17回 仕掛けの罠に仕掛けする

レンタルする

第17回 仕掛けの罠に仕掛けする

220ポイント

第17回 仕掛けの罠に仕掛けする
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 新次(梅宮辰夫)は、男たちにからまれている旅の女、さち(藤田美保子)を助けたが、さちは常に饅頭笠の男に追われ怯えていた。さちの話によると、男は風切りの矢造(多々良純)という殺し屋で、自分はその女房だったが逃げ出したのだという。しかし、主水(藤田まこと)は、さちが、上方で愛人の猫目の銀次(早川保)とともに質屋に強盗に入り、一家を皆殺しにしたお尋ね者だと知った――。

第18回 殺られた主水は夢ん中

レンタルする

第18回 殺られた主水は夢ん中

220ポイント

第18回 殺られた主水は夢ん中
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 主水(藤田まこと)は、五人の悪党に襲われて死ぬ夢をみた。そんな矢先、根津の料亭「梅川」の主人が急死、後家となったおよう(弓恵子)に人々の目が集まる。おようはもと深川の羽織芸者だったが美貌を見込まれて後妻に入ったものの、仕事師の顔役・清五郎(今井健二)ととかくの噂があった。一方、墓堀り人足の政吉(菅貫太郎)と棺桶屋の多平(江幡高志)は遺体を掘り出し、それをネタにおようをゆする―――。

第19回 親にないしょの片道切符

レンタルする

第19回 親にないしょの片道切符

220ポイント

第19回 親にないしょの片道切符
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:45

 絹問屋・加賀屋のひとり息子、庄太郎(頭師佳孝)はまだ見ぬ異国への夢を抱き、水夫の弥造(吉田良全)に、オロシアヘ渡る手助けをしてくれるという北見屋(須賀不二男)に引き合わされる。喜んだ庄太郎は両親にだまって五百両の金を持ち出し、北見屋に旅費として渡した。が、北見屋はオロシアどころか、自分の屋敷の密室に庄太郎を監禁していた――。

第20回 花嫁に迫る舅の横恋慕

レンタルする

第20回 花嫁に迫る舅の横恋慕

220ポイント

第20回 花嫁に迫る舅の横恋慕
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:45

 江戸で指折りの呉服屋、越後屋の若妻・お美代(結城しのぶ)は夫の多一郎(佐野守)が仕事で上方へ出かけている間、義父の幸兵衛(山本清)にいい寄られて困っていた。一方、江戸に帰ってきた多一郎は、父親の囲い者、お京(荒砂ゆき)に誘惑されそうになり、それをネタに幸兵衛に家を出ろと迫られる。実は多一郎は幸兵衛の養子だったのだ。あまりの義父のしうちに多一郎は――。

第21回 暴走を操る悪の大暴走

レンタルする

第21回 暴走を操る悪の大暴走

220ポイント

第21回 暴走を操る悪の大暴走
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 水油問屋・大坂屋のひとり娘、おしま(栗田ひろみ)と芸者置屋の息子・さぶ(片岡功)は恋仲だったが、身分違いのため一緒になれず、ふたりは無理解なおとなへの反発から、暴走族の仲間に入っていた。この暴走族というのは江戸の町を黒い布で顔を隠して走り回り、道行く人の着物をひきはがしたり、積荷を倒したりする一団だったが、主水(藤田まこと)は陰で操る人物がいるとにらむ。

第22回 殺した奴をまた殺す

レンタルする

第22回 殺した奴をまた殺す

220ポイント

第22回 殺した奴をまた殺す
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 無法河岸の鍼(はり)師、京極(清水紘治)は、死人をハリで生き返らせる程の腕の持ち主で、奉行の座を狙う筆頭与力、榊原(城所英夫)と手を組んで悪事を画策していた。京極は、そば屋の若女房・おきみ(高田瞳)の父親で、無法河岸の主(ぬし)の蔵間(稲葉義男)に自分達に力を借せと迫る。さらに京極は新次(梅宮辰夫)が始末した男を助けたことから主水(藤田まこと)らの裏稼業を知り、主水に奉行を殺せと脅迫する。

第23回 他人の不幸で荒稼ぎ

レンタルする

第23回 他人の不幸で荒稼ぎ

220ポイント

第23回 他人の不幸で荒稼ぎ
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:46

 見習同心の青木数馬(小原秀郎)は下絵師・利助(海老江寛)の孫、茜(早川絵美)と恋仲で、同心よりも下絵師になりたいのだが、息子に期待する父の兵馬(左右田一平)はそれを許さない。そんな矢先、数馬は占い師の心源坊一角(木村元)が人を殺すのをみるが、恐くて手が出せなかった。実は一角は、口入れ屋の大黒屋と組んではゆすりを働く大悪党で、茜の死んだ両親の仇だった。主水(藤田まこと)は数馬を何かと励ますが………。

第24回 罠にはまって泣く主水

レンタルする

第24回 罠にはまって泣く主水

220ポイント

第24回 罠にはまって泣く主水
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:47

 廻船問屋の奈良屋重兵衛(藤沢薫)は、船着場でおきた荷くずれ事故の責任をとり、江戸払いの身となった。その重兵衛を、後妻のおはん(加藤和恵)の連れ子のたえ(幸真喜子)は実の父のように慕い、心配する。一方、重兵衛はおはんが病気と聞き、秘かに江戸に舞い戻ったが役人に捕えられる。奈良屋の留守を預る番頭の安五郎(亀石征一郎)が密告したのだ。実は安五郎はおはんと通じていたのだ――。

第25回 毒を食わせて店食う女

レンタルする

第25回 毒を食わせて店食う女

220ポイント

第25回 毒を食わせて店食う女
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:26

 料理茶屋・辰巳屋の主人の藤兵エ(山村弘三)は、いずれ腕のいい板前の長次(入川保則)と娘のおきみ(松本陽子)を一緒にさせて店を継がせるつもりだった。しかし、長次の作った料理で客が食中毒を起し、辰巳屋は商売差し止めとなり、藤兵エは店を手放す決心をする。そんな矢先、売り店を捜す大阪の料亭のお女将、おりょう(本阿弥周子)が現われるが、実はおりょうは長次とグルで、店の権利を奪って他に転売しようとする――。

第26回 毒牙に?まれた商売人

レンタルする

第26回 毒牙に?まれた商売人

220ポイント

第26回 毒牙に?まれた商売人
視聴期間: 2日間 220ポイント
視聴時間:45:06

 根津花街で勘定奉行が殺された。殺したのはプロの殺し屋で、おりん(桜井浩子)という女だ。北町奉行の堀田帯刀(西山辰夫)はみずから殺し屋の元締・卯兵衛(山本麟一)をたずね、犯人を捜せと命じる。江戸中の元締達が集まった席で、卯兵エは犯人はおせい(草笛光子)だと主張、おせいを始末しろという指令が江戸中の殺し屋に下った。これを知った新次(梅宮辰夫)は――。

この作品のキャスト一覧

藤田まこと

草笛光子

梅宮辰夫

火野正平

鮎川いづみ

こちらの作品もチェック

(C)松竹・朝日放送