藤原竜也の二回道

藤原竜也の二回道

俳優、藤原竜也
4年ぶりテレビ東京での冠番組が始動!

映画やドラマでは決して見られない藤原竜也の素顔に迫り、多忙なスケジュールの合間を縫って自身の冠番組にふさわしく様々な企画にチャレンジする姿はバラエティーでありながら、まるで藤原竜也の生き方のドキュメントそのもの、普段は絶対見ることのできない“藤原竜也”をお楽しみください!

配信開始日:2018年10月26日

藤原竜也の二回道の動画まとめ一覧

『藤原竜也の二回道』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

第01話

レンタルする

第01話

324ポイント

第01話
視聴期間: 7日間 324ポイント
視聴時間:24:00

俳優、藤原竜也。4年前、テレビ東京で放送され大きな反響を呼んだ「藤原竜也の一回道」に続き、新たな冠番組が始動!自身の名を冠にする番組にふさわしく、藤原自ら様々な企画に挑むドキュメントバラエティー。番組の放送が迫る中、事前打ち合わせを一切せずに撮影を始めることになったスタッフは、超多忙の藤原が京都でイベントを行うという情報を入手する。さっそく現地へ向かい駅で藤原一行をバンに乗せ、撮影を開始する。

第02話

レンタルする

第02話

324ポイント

第02話
視聴期間: 7日間 324ポイント
視聴時間:24:00

普段は絶対に見られない“藤原竜也”の素顔に迫る!自身の名を冠にする番組にふさわしく、藤原自ら様々な企画に挑むドキュメントバラエティー。イベントの舞台となる京都に到着した藤原一行は、とりあえず夕食に向かうことに。入ったのは、スタッフが探した「ここでしか食べられない」料理を出すというお店。移動の車内では相変わらず番組に対して企画の甘さを指摘していた藤原だが、はたしてここで出てくる料理とは…

第03話

レンタルする

第03話

324ポイント

第03話
視聴期間: 7日間 324ポイント
視聴時間:23:59

俳優、藤原竜也。4年前テレビ東京で放送され大きな反響を呼んだ「藤原竜也の一回道」に続く、新たな冠番組が始動!藤原自ら様々な企画に挑む。スロベニア料理を楽しんだあと、一同はオリジナル企画の実現に向け移動を開始する。その名も「藤原竜也の日本狭い遺産」。道中も、番組が用意した衣裳を着ないばかりかそれをスタイリストに着させたりと奔放な藤原。そして一同を乗せた車は四条通に到着。果たして企画はうまくいくのか?

藤原竜也の二回道の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

あらすじ

2014年10月に初の冠バラエティー番組「藤原竜也の一回道」がテレビ東京深夜で放送され、“ストイックでクール、好青年”というイメージを打ち破り、素の姿をさらけ出した藤原竜也。放送から4年の歳月を経て、本人が再び冠番組を熱望している!?という情報を元に藤原竜也を訪ねたスタッフ達。そこでついに語った続編への意欲。そして再び、テレビ東京での冠番組への挑戦が動き出した…!!

スタッフ・作品情報

ディレクター・編集

清水彰介

プロデューサー

堤 智志

チーフプロデューサー

大和健太郎

制作

テレビ東京、ホリプロ

製作著作

「藤原竜也の二回道」製作委員会

製作年

2018年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地争覇

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地争覇

フェイホンが覇王争覇に参戦

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明

カンフーアクションの金字塔

50回目のファーストキス

50回目のファーストキス

君を絶対、幸せにする。君が明日、僕を覚えていなくても――

D-WARS ディー・ウォーズ

D-WARS ディー・ウォーズ

史上空前のバトル・アクション超大作が遂に上陸!

今日から俺は!!

今日から俺は!!

フダつきのバカ。

ハドソン川の奇跡

ハドソン川の奇跡

全世界が目撃した“奇跡”、その知られざる真実とは?

金曜ドラマ「アンナチュラル」

金曜ドラマ「アンナチュラル」

石原さとみ主演の法医学ミステリー!

ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー

【会いたい気持ち】が、奇跡を起こす!!

おそ松さん

おそ松さん

一世を風靡した伝説の6つ子が、今、よみがえる!

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

子供が消える町に、“それ”は現れる。

22年目の告白-私が殺人犯です-

22年目の告白-私が殺人犯です-

すべての国民が、この男に狂わされる。

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

『ラ・ラ・ランド』の製作チームが放つロック&ポップスの名曲が満載。

(C)「藤原竜也の二回道」製作委員会