ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。
実録心霊シリーズ 心霊投稿ビデオ 私たちは呪われた ~山梨県 青木ヶ原樹海~

実録心霊シリーズ 心霊投稿ビデオ 私たちは呪われた ~山梨県 青木ヶ原樹海~

軽いノリで樹海へ入り込んでいく"怪奇現象研究サークル"男女6人に襲いかかった信じ難い恐怖現象!

配信開始日:2013年06月14日

実録心霊シリーズ 心霊投稿ビデオ 私たちは呪われた ~山梨県 青木ヶ原樹海~の動画まとめ一覧

『実録心霊シリーズ 心霊投稿ビデオ 私たちは呪われた ~山梨県 青木ヶ原樹海~』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

実録心霊シリーズ 心霊投稿ビデオ 私たちは呪われた ~山梨県 青木ヶ原樹海~

レンタルする

実録心霊シリーズ 心霊投稿ビデオ 私たちは呪われた ~山梨県 青木ヶ原樹海~

324ポイント

実録心霊シリーズ 心霊投稿ビデオ 私たちは呪われた ~山梨県 青木ヶ原樹海~
視聴期間: 7日間 324ポイント
視聴時間:01:11:06

日本有数の自殺スポット「青木ヶ原樹海」。ここ数年は警察による一斉捜査は行なわれていない。が、この死の森・樹海では年間50体以上もの遺体が発見される…。人生に疲れ果て、自らの命を絶とうとする人が最後に選ぶ場所「樹海」。どのような思いで人々はここをさまようのだろうか…。と同時に、どのような思いで数多くの自殺者の霊は漂っているのだろうか…。 極秘裏に入手したビデオ… それは、学生たちが実際に体験した出来事であり、樹海で撮影されたビデオだった。軽いノリで森へ入り込んでいく"怪奇現象研究サークル"男女6人に襲いかかった信じ難い恐怖現象!ビデオに映りこんだあるはずのないもの。聞こえるはずのない声。

実録心霊シリーズ 心霊投稿ビデオ 私たちは呪われた ~山梨県 青木ヶ原樹海~の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

構成・演出

長江利和

製作

松下順一

企画

円谷 粲、加藤東司

プロデューサー

今井朝幸、小貫英樹、岡川晃基

製作

アートポート

制作

円谷エンターテインメント

制作協力

NEBULA

製作年

2005年

製作国

 日本

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

実録心霊シリーズ 撮影現場 心霊ファイル~劇映画「隙魔 すきま」の撮影現場より~

実録心霊シリーズ 撮影現場 心霊ファイル~劇映画「隙魔 すきま」の撮影現場より~

撮影現場を紹介するメイキング映像の予定が…

実録心霊シリーズ 殺害現場 心霊ファイル~東京都O市Fトンネル~

実録心霊シリーズ 殺害現場 心霊ファイル~東京都O市Fトンネル~

呪われたトンネルに足を踏み入れてはいけない…

こちらの作品もチェック

投稿心霊ファイル ~悪霊~

投稿心霊ファイル ~悪霊~

全国から投稿されてきた恐怖映像収録!!

闇動画5 恐怖の心霊怪奇映像集

闇動画5 恐怖の心霊怪奇映像集

あらゆるタブーに挑戦し、製作サイドによる自主規制、いっさいなし!

廃墟霊

廃墟霊

かつてない鮮明さで収録された、心霊映像、解禁。

実録!!ほんとにあった恐怖の投稿映像6

実録!!ほんとにあった恐怖の投稿映像6

ほんとにあった純度100%の恐怖映像

投稿されてきた!呪いの心霊映像2

投稿されてきた!呪いの心霊映像2

投稿されてきた!呪いの心霊映像シリーズ第2弾

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説

!?

投稿されてきた!呪いの心霊映像5

投稿されてきた!呪いの心霊映像5

投稿されてきた!呪いの心霊映像シリーズ第5弾

実録!!ほんとにあった恐怖の投稿映像

実録!!ほんとにあった恐怖の投稿映像

ほんとにあった純度100%の恐怖映像

実録!!ほんとにあった恐怖の投稿映像2

実録!!ほんとにあった恐怖の投稿映像2

ほんとにあった純度100%の恐怖映像

実録!!ほんとにあった恐怖の投稿映像3

実録!!ほんとにあった恐怖の投稿映像3

ほんとにあった純度100%の恐怖映像

投稿されてきた!呪いの心霊映像4

投稿されてきた!呪いの心霊映像4

投稿されてきた!呪いの心霊映像シリーズ第4弾

投稿されてきた!呪いの心霊映像6

投稿されてきた!呪いの心霊映像6

心霊映像集の決定版!あなたは心霊現象を見たことがあるだろうか?

(C) 2004 ART PORT