トラウマ 25年の悲痛

トラウマ 25年の悲痛

   

   
殺人事件を追う女検察官に忍び寄る影。それは憎むべきあの男なのか?
幼き日のトラウマが新たな恐怖へと導く衝撃サスペンス!

母を殺害した父を赦せない女検察官が、殺人事件を担当。25年も抱えている自身のトラウマと向き合い、父とも対峙する緊迫サスペンス!赦しを与えるべきかと葛藤するヒロインに、犯人からの脅威が迫る過程をスリリングに描く。主人公ヤスミンを演じるのは、カナダ・トロント出身のブリー・ウィリアムソン。娘ペイジ役には、Netflixドラマ「好きだった君へのラブレター」などで注目のエミリヤ・パラナック。姉ローラ役には『プロジェクト・ブルーブック』『グッド・ドクター』などで活躍するカナダ出身のジル・モリソンほか、海外ドラマ通には馴染みある顔が総出演。
もっと見る

配信開始日:2021年08月27日

トラウマ 25年の悲痛の動画まとめ一覧

『トラウマ 25年の悲痛』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

各話

トラウマ 25年の悲痛

レンタルする

トラウマ 25年の悲痛

字幕

330 pt

トラウマ 25年の悲痛
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:33:55

酒乱の父によって、母が命を落とす現場を目撃してしまった幼児のヤスミン。25年後、検察官になった彼女は、知事の息子ティモシー・ロックによる妻殺しの事件を担当していた。ティモシーの容疑は明らかだったが、両親の事件と重なったヤスミンはショックから卒倒し、裁判は審理無効に。しかも父の事件を暴かれた彼女は、ティモシーを有罪にしたいがための検察側の不正だと決めつけられれしまう。騒ぎから身を隠すため、上司の命令でヤスミンは娘を連れ、姉ローラが暮らす故郷へ。隣人で精神科医のピーターの優しさもあり、ヤスミンは少しずつ落ち着きを取り戻していった。しかしそこへ接近禁止命令が出ている父が突然現れて…。

トラウマ 25年の悲痛の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

ブライアン・スキーバ

製作

カーク・ショウ、アレクサンドラ・ジュルソン

脚本

キース・ショウ

撮影

カーティス・ピーターセン

音楽

ポール・マイケル・トーマス

編集

エヴァンジェリン・パルティング

製作年

2015年

製作国

 カナダ カナダの国旗

出演キャスト

ブリー・ウィリアムソン

エミリヤ・バラナック

ジル・モリソン

マイク・ドプド

ウェスレイ・ソルター

COPYRIGHT (C) 2015 YOU TO PRODUCTIONS INC.