ラッキー

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

ラッキー

全ての者に訪れる「死」—— 90歳の気難しい現実主義者ラッキーがたどり着いた、ある答え。 神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コー…

予告編再生

予告編を視聴

『ラッキー』の動画一覧

本編

ラッキー

ラッキー

  • 88分 字幕 
  • 3日間 440 pt 〜

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。ヨガを5ポーズ、21回こなしたあと、テンガロンハットをかぶり、行きつけのダイナーにでかけることを日課としている。店主のジョーと無駄話をかわし、ウェイトレスのロレッタが注いでくれたミルクと砂糖多めのコーヒーを飲みながら新聞のクロスワード・パズルを解くのがラッキーのお決まりだ。そして帰り道、理由は分からないが、植物が咲き乱れる有るの場所の前を通る際に決まって「クソ女め」とつぶやくことも忘れない。 ある日、居間でクイズ番組を観ながらクロスワードの続きをしていると、「現実主義」という名詞の意味に突き当たる。現実主義を地で行くラッキーは、「現実主義は物なのか」と深く納得する。その夜、通い慣れているバー「エレインの店」でブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちに「現実主義」の意味について説いていると、友人のハワードが浮かない顔でやってくる。大切にしていた100歳のリクガメのルーズベルトが逃げてしまったという。大統領の名前をつけたリクガメを親友として慕っていたハワードをラッキーはなぐさめる。 ある朝、突然気を失ったラッキーは、街の病院で検査を受ける。しかしどこにも異常は見つからず、医師から「年齢の割にすこぶる健康だ。むしろ害になりそうだから禁煙は勧めない」と告げられる。ラッキーが倒れたことを知ったウェイトレスのロレッタが、心配して家までやってきた。無邪気に彼の海軍時代のエピソードや結婚について質問してくるロレッタ。そんな彼女に対し、人生の終わりが近づいていることを思い知らされたラッキーは「怖いんだ」と弱音を吐く。 いつも牛乳とタバコを買うドラッグストアでメキシコ系の店番ビビから「土曜日に息子の誕生日パーティーがあるから来て」と誘われる。気のないそぶりをみせるラッキーだが、家に帰ると、ふとした拍子に子供時代に撃ってしまったマネシツグミのことを思い出し、胸がはりさけるような気持ちを覚える。 「エレインの店」に行くと、ハワードが弁護士のボビーとともにやってくる。親友を失ったショックから「財産はすべてルーズベルトに遺したい」と言うハワードを「人はみな生まれる時も死ぬ時も1人だ。“独り”(アローン)の語源は“みんな 1人”(オール・ワン)なんだ」と励まし、ボビーを「カメに遺産相続をさせる詐欺」と罵る。数日後、ダイナーでラッキーに出くわしたボビーは、自分の娘が交通事故に遭いそうになったことをきっかけに「予測できない将来のためにこの仕事をやっている」と話し、ラッキーに遺言を書くよう勧める。 あるとき、ラッキーはダイナーで退役海兵隊員のフレッドと出会う。海軍の戦車揚陸艦に乗っていたことを明かすと、フレッドは沖縄での壮絶な闘いの模様を語り始める。戦禍で微笑んだ日本人の少女のことをフレッドは「彼女の勇気こそ叙勲に値する」と賞賛する。 結局、ロレッタの家のパーティーに出かけることにしたラッキーは、子供たちを前に、大好きなマリアッチを披露し、拍手喝采を浴びる。「エレインの店」に行くと、ハワードが吹っ切れた表情をしている。「ルーズベルトを捜すのはやめた」というハワードを讃え乾杯し、煙草を吸おうとするラッキー。しかしエレインが、かつてラッキーが禁煙のルールを破り出入禁止になったバー「イヴの園」のことを持ち出し、ラッキーは激昂する。「真実は自分が何者で、何をするかであり、それに向き合い受け入れること。管理者などいない。そこにあるのは無だけだ」とここ数日で頭のなかに浮かんでいた思いを吐露するラッキー。そして「無ならどうする?」と問われ「微笑むのさ」とつぶやき微笑むと、禁じられたタバコにおもむろに火を付け、店を出ていった。

PV

この作品をみた人はこちらもみています