さくらの親子丼2

さくらの親子丼2

クリスマス、お正月、そして今夜も帰る家のない子どもたちがいる。絶望の淵で流す涙が、幸せの種になるように― 手を差し伸べるさくらと子どもたちの物語。

※著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上、お楽しみ下さい。

配信開始日:2018年12月05日

さくらの親子丼2の動画まとめ一覧

『さくらの親子丼2』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

#1~#8

レンタルする

#1~#8

1,320ポイント

  • #1 親子丼なんていらない
  • #2 「おいしい」を取り戻せ!
  • #3 湯気の向こうに幸せの記憶
  • #4 サンタが俺にやってきた!?
  • #5 出雲に消えた想い
  • #6 親が子を抱く時
  • #7 愛はあげなきゃもらえない
  • #8 ハチドリの巣立つ時に
2,640ポイント 1,320ポイント
視聴期間: 30日間

#1 親子丼なんていらない

レンタルする

#1 親子丼なんていらない

330ポイント

#1 親子丼なんていらない
視聴期間: 8日間 330ポイント
視聴時間:42:38

九十九さくら(真矢ミキ)はさまざまな事情から居場所を無くした子どもたちが暮らす“子どもシェルター”「ハチドリの家」で、調理スタッフとして協力することに。旧知の弁護士・三谷桃子(名取裕子)に頼み込まれたのだ。「ハチドリの家」で暮らす子どもたちは誰もが心に深い傷を負い、大人を信用していなかった。さくらは、親と子が一つになることが幸せにつながるとの思いから親子丼を作るが、子どもたちにはその思いが届かない。

#2 「おいしい」を取り戻せ!

レンタルする

#2 「おいしい」を取り戻せ!

330ポイント

#2 「おいしい」を取り戻せ!
視聴期間: 8日間 330ポイント
視聴時間:42:38

“子どもシェルター”「ハチドリの家」を手伝うさくら(真矢ミキ)は、子どもたちが食べることにあまり興味を示さないことが気にかかる。子どもたちは育児放棄や虐待を受け、まともな食事の経験がないことが原因のようだった。ショックを受けつつもさくらは、自分で食べたいものを食べてほしいとの思いから、投票形式で夕食のメニューを決めることを思いつく。一方、施設に身を寄せる玲奈(尾碕真花)に、大変な事態が迫りつつあった。

#3 湯気の向こうに幸せの記憶

レンタルする

#3 湯気の向こうに幸せの記憶

330ポイント

#3 湯気の向こうに幸せの記憶
視聴期間: 8日間 330ポイント
視聴時間:42:38

さくら(真矢ミキ)が通うようになってから、「ハチドリの家」の雰囲気に変化が訪れる。香(塩野瑛久)はさくらを手伝うようになり、女子たちも全員で食卓を囲むことが増えて以来、“女子会”で盛り上がることがあった。ある日、由夏(岡本夏美)は優秀な詩(祷キララ)から相談を受ける。通っている図書館で気になる男子がいるのだが、打ち解け方がわからないというのだ。勉強一筋で、人とうまく関われない詩もまた、壮絶な過去の持ち主だった。

#4 サンタが俺にやってきた!?

レンタルする

#4 サンタが俺にやってきた!?

330ポイント

#4 サンタが俺にやってきた!?
視聴期間: 8日間 330ポイント
視聴時間:42:38

クリスマス間近のこと。さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)が「ハチドリの家」を出ても、身寄りがないことを知る。香は母子家庭だったが、母親が問題児の香を引き取るのを拒否したのだ。桃子(名取裕子)の話を淡々と聞く香だが・・・。一方、「ハチドリの家」に新たな問題が起こる。鍋島(相島一之)が突然、実父の希輔(秋野太作)をともない、出勤してきたのだ。軽度の認知症を患う希輔が次々問題を起こす中、鍋島がとんでもない行動に出る。

#5 出雲に消えた想い

レンタルする

#5 出雲に消えた想い

330ポイント

#5 出雲に消えた想い
視聴期間: 8日間 330ポイント
視聴時間:44:08

年が明けてすぐ、さくら(真矢ミキ)は出雲に出向いていた。貞子(井頭愛海)がこの地にいた形跡があり、記憶喪失の上、出産間際の貞子の身元を調べたくて出雲を訪れたのだ。有力な情報をすぐ得られるはずもなかったが、さくらは思わるところで、貞子を“発見”する。一方、貞子は何かを思い出しそうになっていた。言葉を発せず、もどかしさを感じる貞子は暴れるばかりで・・・。さらにシェルターのスタッフ・弁護士の川端(柄本時生)にも、悩ましい出来事が起きていた。

#6 親が子を抱く時

レンタルする

#6 親が子を抱く時

330ポイント

#6 親が子を抱く時
視聴期間: 8日間 330ポイント
視聴時間:43:58

さくら(真矢ミキ)が出雲から「ハチドリの家」に帰ってくると、貞子(井頭愛海)の出産が始まっていた。激痛に耐えられず、大声を出す貞子に驚くさくらだが、助産師がインフルエンザでシェルターに来られないことが判明する。赤ちゃんはすでに頭が見え始めている状態。さくらはこのままシェルターで出産させる決意を固める。やがて苦しみの末、子どもが生まれると、貞子は意識を失ってしまう。その後目覚めた貞子は・・・。

#7 愛はあげなきゃもらえない

レンタルする

#7 愛はあげなきゃもらえない

330ポイント

#7 愛はあげなきゃもらえない
視聴期間: 8日間 330ポイント
視聴時間:44:08

桃子(名取裕子)は入居者一人ひとりの進路を決めるべく面談し、さくら(真矢ミキ)も同席する。一人ひとり様々な先への思いがある中、茜(柴田杏花)は結婚を望み、川端(柄本時生)を驚かせる。男性的に生きる事に違和感がある拓士(浦上晟周)は、新宿2丁目でダンサー目指して働きたいとの夢を桃子に語る。一方、香(塩野瑛久)は不審な行動を見せ、夜な夜な無断外出をするようになる。

#8 ハチドリの巣立つ時に

レンタルする

#8 ハチドリの巣立つ時に

330ポイント

#8 ハチドリの巣立つ時に
視聴期間: 8日間 330ポイント
視聴時間:43:18

さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)が窃盗団の一味として捕まったと知らされ、衝撃を受ける。香が無断外出を繰り返していたのを知っていただけに、自分を責めるさくらだった。桃子(名取裕子)や川端(柄本時生)が香を救うべく奔走する中、「ハチドリの家」に新たな少女が保護される。少女の顔を見て、さくらは驚くが・・・。一方、過去の数々の犯罪歴により受け入れ先が無く、「ハチドリの家」に1年半以上いる由夏(岡本夏美)が、ついに美容院に職を得るが・・・。

さくらの親子丼2の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

あらすじ

東京・蒲田の古本屋店主・九十九さくらが、自宅で行き場を失って彷徨う子どもたち(時々大人もいる)に無償で親子丼を食べさせ、子どもたちを応援する様は、2017年秋・オトナの土ドラ「さくらの親子丼」として放送されました。
今回、「さくらの親子丼2」の舞台となるのは、古本屋『九十九堂』ではなく「子どもシェルター」。「シェルター」とは避難場所という意味です。

このドラマの舞台になる子どもシェルター『ハチドリの家』は、居場所を失った16から20歳の少年少女達が緊急避難するための施設です。
弁護士としてシェルターの運営に携わり、子供の人権問題に取り組む三谷ユリから、さくらに突然の依頼が舞い込みます。「シェルターの料理人が急遽逃げ出したため、1日だけ料理を作ってほしい。」
1日だけ引き受けるつもりでさくらはシェルターに向かいます。
そこでさくらが目の当たりにする厳しい現実とは・・・。

スタッフ・作品情報

原作・脚本

清水有生

企画

横田誠(東海テレビ)

演出

谷川功、木内健人

音楽

富貴晴美

チーフプロデューサー

市野直親(東海テレビ)

プロデューサー

河角直樹(東海テレビ)、浦井孝行(オスカープロモーション)、村山太郎(オスカープロモーション)

制作著作

オスカープロモーション

制作

東海テレビ

製作年

2018年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

ブラックスキャンダル

ブラックスキャンダル

タレントの為に奮闘する“芸能マネージャー”の世界――

傷だらけの悪魔

傷だらけの悪魔

「このクラスに、いじめがあります。」“フツー”の少女たちの“壮絶”なバトル。

高嶺の花

高嶺の花

美女と野獣の超・格差恋愛! 野島伸司が贈る、怒濤の純愛エンターテインメント!

木曜ドラマ劇場「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」

木曜ドラマ劇場「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」

主演・大島優子×演出・堤幸彦の警察ドラマ!

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

行こっさ、アメリカ!

金曜ドラマ「コウノドリ(2017)」

金曜ドラマ「コウノドリ(2017)」

綾野剛主演、ヒューマン医療ドラマの新シリーズ。

ちはやふる-結び-

ちはやふる-結び-

絶対に忘れない――今、この瞬間が私たちの全て。

今日から俺は!!

今日から俺は!!

フダつきのバカ。

奥様は、取り扱い注意

奥様は、取り扱い注意

史上最高にキュートで危険なヒロインが、主婦たちのピンチを救う!

ルームメイト

ルームメイト

女の素顔は恐ろしい

火曜ドラマ「義母と娘のブルース」

火曜ドラマ「義母と娘のブルース」

綾瀬はるかが初の義母役に挑む!

ひよっこ

ひよっこ

東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。この物語のヒロイン・谷田部みね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記。