アンフェア the special コード・ブレーキング――暗号解読

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

アンフェア the special コード・ブレーキング――暗号解読

新たな事件、謎 そして巨大な悪が雪平夏美にたちふさがる! ※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。…

『アンフェア the special コード・ブレーキング――暗号解読』の動画一覧

本編

アンフェア the special コード・ブレーキング――暗号解読

  • 113分 
  • 8日間 330 pt 〜

とある高級ホテルで、松田敬吾(野村信次)という初老の男性の遺体が発見された。シャワーカーテンにバスローブのヒモをくくりつけて首を吊っており、遺書も見つかったため、自殺とみなされた。 更迭された山路哲夫(寺島進)に替わり、警視庁捜査一課の管理官になった小久保祐二(阿部サダヲ)は、物的証拠がないのを理由に事件ではないとしたが、検挙率ナンバーワン刑事・雪平夏見(篠原涼子)と、雪平の理解者である検視官・三上薫(加藤雅也)は、これらをプロによる偽装殺人だとの見解を示す。死んだ松田は元警察幹部であり、この月に入って立て続けに4人の元警察幹部が死亡していたからだ。 雪平を翻弄し続けた「推理小説事件」「募金型誘拐事件」「×マーク連続殺人事件」全ての事件の黒幕であり最愛の相棒であった刑事・安藤一之(瑛太)を自らの手で射殺して以来、どこか無気力な雪平は場末の酒場で飲み潰れていた。そこで若い男・小田切(大倉孝二)に「安藤が今のあなたを見たら、どう思うかな?」と声をかけられる。驚いた雪平は問い詰めるが、小田切は意味ありげに笑うとその場を去ってしまう。雪平が追いかけようとしたその時、乱暴に店のドアが開き、数人の捜査員が入ってきた。警視庁組織犯罪対策課によるガサ入れだ。それでも小田切を追おうとした雪平だったが、捜査員に腕をつかまれる。その手を振り払い「自分は捜査一課の刑事だ」と叫ぶのもむなしく、手錠をかけられ留置所へと連行されてしまう。留置所で酔いを醒ました雪平は、鏡に映るひどくやつれた自分の顔をみながら、安藤のことを思う――。 9ヵ月前、安藤の死の直後、遺体があった場所に横たわる雪平はいつもの儀式を行った。安藤が最期に見たものを見るために。その時壁の隙間の、あるものに気づいた。「AfterX comes Y」と書かれた紙切れだった。三上は、それを誰かが雪平に残したメッセージだと分析。一体なにを意味しているのか…殉職した雪平の父親を知り、雪平をずっと支えてきた刑事・安本正広(志賀廣太郎)にも捜査を頼むが、手がかりは得られなかった。 留置が解けた雪平は、テロや国家規模の機密犯罪を扱う警視庁・公安部の管理官・斉木陣(江口洋介)のもとへ連れて行かれる。公安部が、捜査一課の刑事である自分に何の用かといぶかしがるが、雪平は斉木から思わぬ事実を告げられる。 そんな折、雪平は元夫でフリージャーナリスト・佐藤和夫(香川照之)から、現役時代の松田を取材したことがあり「絶対に自殺するような人間ではない」と聞かされる。謎が深まるなか、雪平は手がかりを求めて元情報解析係の蓮見杏奈(濱田マリ)にも捜査の協力を願うものの、以前の事件をめぐり蓮見との間には再び、ぎこちない空気が流れてしまう。 「After X comes Y」この短いメッセージから、やがて雪平はある衝撃的な事実を知ることになる――。

『アンフェア』シリーズ

この作品をみた人はこちらもみています