「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ

「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ

人生を踊ろう

配信開始日:2013年05月29日

「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴの動画まとめ一覧

『「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ

レンタルする

「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ

330 pt

「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:44:57

主婦である鈴木百合子(秋吉久美子)は、子育てを終え、自らの長年の夢である大学教授への道を歩き始めようとしていた。そんなある日、百合子の父で元大学教授の修治郎(橋爪功)が、痴漢行為で警察に保護された。父の異変を心配した百合子は、修治郎を病院へ連れて行き、そこで予期せぬ事実を知らされる。修治郎は"認知症"を患っていたのだ。病気の進行への不安と介護という現実に衝突し、離ればなれになっていく家族。そんな時、百合子は同じ状況の家族が集う認知症「家族の会」の存在を知る。そこで出会った個性溢れる患者たちと共に、アルゼンチンタンゴを習い始めた修治郎。最初は見様見真似であったが、ステップを踏むうちに修治郎の表情に変化が訪れてくる。そんな父の姿を見た百合子も、介護によって諦めかけていた夢に再び向かい始めるのだった…。

「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

あらすじ

老年医療に長年携わってきた精神科医・和田秀樹が、2007年の「受験のシンデレラ」に続いて監督を務めたヒューマン・ドラマ。認知症の父を抱えた家族が直面する様々な問題と、そんな家族が"タンゴセラピー"として注目を集める最新音楽療法を通して絆を取り戻していく姿を描く。主演は秋吉久美子、橋爪功、共演に松原智恵子。

スタッフ・作品情報

監督

和田秀樹

脚本

大石三知子

音楽

三枝成彰

製作年

2012年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

潔く柔く きよくやわく

潔く柔く きよくやわく

大切な人を失っても、人はまた愛することができるのでしょうか。

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。

(C) 2012「わたし」の人生 製作委員会