ロマンス

ロマンス

サヨナラだけが人生だ。サヨナラだけがロマンスだ。

『百万円と苦虫女』以来、実に7年ぶりとなるタナダユキの待望のオリジナル作品。そして、しっかり者だが、優柔不断で流されやすい一面もある主人公・北篠鉢子を演じるのは、『紙の月』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞ほか映画各賞を受賞し、幅広い役柄を演じることで評価高まる大島優子のAKB48卒業後初の主演映画。箱根景勝地を舞台にした、たった1日の出会いと別れ。人生を"ちょっとだけ"肯定してくれる、小さな旅の物語。

配信開始日:2016年02月10日

ロマンスの動画まとめ一覧

『ロマンス』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

ロマンス

レンタルする

ロマンス

330ポイント

ロマンス
視聴期間: 2日間 330ポイント
視聴時間:01:37:06

北條鉢子は、特急ロマンスカーのアテンダント。仕事の成績は常にトップで、後輩のフォローも欠かさないしっかり者。だが、彼氏からのお金の無心を断れない優柔不断な一面もあった。
そんなある日、鉢子に1通の手紙が届く。それは、もう何年も会っていない母親・頼子からのものだった。母の手紙を制服のポケットにしまい、業務に勤しむ鉢子であったが、乗客の中年男が万引きする姿を目撃し、駅事務所に連れていくが、金を払うつもりだったと主張し、何事もなく解放される。納得のいかない鉢子は、悔し紛れにポケットにあった手紙を破いて、ゴミ箱に捨てるが、その万引き男が拾い上げて読んでしまう。怒る鉢子に、この手紙の主はもしかしたら、死のうとしていないかと呟き、箱根の街で捜索することを提案する。自称・映画プロデューサーと名乗る桜庭という男に背中を押され、鉢子と桜庭の母親を捜す旅が始まる。

ロマンスの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督・脚本

タナダユキ

プロデューサー

佐藤現、中澤研太、坂井正徳

製作会社

東北新社

音楽

周防義和

エンディングテーマ

三浦透子「Romance ~サヨナラだけがロマンス~」

製作年

2015年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

通学電車

通学電車

見つめるだけだったハルが、私の部屋にいる!?

潔く柔く きよくやわく

潔く柔く きよくやわく

大切な人を失っても、人はまた愛することができるのでしょうか。

先輩と彼女

先輩と彼女

「片想い女子の永遠のバイブル」青春胸キュンラブストーリー!

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ

最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず、2回観る

ヒロイン失格

ヒロイン失格

私が好きな人か。私を好きな人か。

映画「ビリギャル」

映画「ビリギャル」

汗と涙と笑いの青春ストーリー!

好きっていいなよ。

好きっていいなよ。

突然のキスからはじまる、ほんとうのスキ

イケてる2人

イケてる2人

青春は、いつもエッチに夢を見る。

暗闇から手をのばせ

暗闇から手をのばせ

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013グランプリ&シネガー・アワードW受賞!!

風俗行ったら人生変わったwww

風俗行ったら人生変わったwww

たたかえ。好きになったあの子のために。

See You

See You

"君と、君の制服が、本当に好きだった"

禁断の女子刑務所

禁断の女子刑務所

シャバと刑務所、行ったり来たり…

(C)2015 東映ビデオ