ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。
我が家のおバカで愛しいアニキ

我が家のおバカで愛しいアニキ

いいヤツなんです。“バカ”がつくほど。『リトル・ミス・サンシャイン』『エターナル・サンシャイン』のプロデューサー×ポール・ラッド(『40歳の童貞男』)、ズーイー・デシャネルほか豪華キャストが集結!

「キリストがもし今の世の中にいたらボンクラ扱いか?これは、まるでアメリカン・コメディ版ドストエフスキーの『白痴』だ!」 ―――― 町山智浩(映画評論家)
サンダンス映画祭でお披露目された本作は、観客、批評家の両方から絶賛を浴び、ハリウッド有数の豪腕プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが心底惚れ込んで全米配給権と世界のセールス権を獲得。北米で拡大公開され、初登場第4位にランクインするスマッシュヒットとなった。また、あのクエンティン・タランティーノ監督も自身の年間ベスト10に選出したほか、目下日本一の影響力を誇る映画評論家、町山智浩さんも絶賛し、自身のラジオ番組コーナーで紹介するなど、日本上陸前から大きな話題を呼んでいた。おバカだけど憎めない主人公を演じるのは『40歳の童貞男』などジャド・アパトー監督作品の常連で『ウォールフラワー』での演技も記憶に新しい人気俳優、ポール・ラッド。共演には『(500)日のサマー』のズーイー・デシャネル、『ハンガー・ゲーム』のエリザベス・バンクス、『あなたを抱きしめる日まで』のスティーヴ・クーガンなど、豪華な面々が顔を揃えている。

配信開始日:2016年10月14日

我が家のおバカで愛しいアニキの動画まとめ一覧

『我が家のおバカで愛しいアニキ』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

我が家のおバカで愛しいアニキ

レンタルする

我が家のおバカで愛しいアニキ

324ポイント

我が家のおバカで愛しいアニキ
視聴期間: 2日間 324ポイント
視聴時間:01:29:50

ネッドはバカがつくほどの超正直ものの天然男。いい人過ぎて、友人の警官に大麻を譲ってあげたら逮捕されてしまった彼は、出所後に彼女にもフラレ、居場所を失う。彼の3人の妹たちは、めんどうな兄を煙たがり、なかなか引き取ろうとしない。しぶしぶ、交代で彼を受け入れることにするが、兄は予想通りのトラブルメーカーで、あまりに正直すぎる言動で、迷惑をかけ続けるのだった。しかし、どこまでも憎めない彼の生き方を目にするに連れ、彼女たちの考えは少しずつ変わってゆく…。

我が家のおバカで愛しいアニキの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

ジェシー・ペレッツ

プロデューサー

ピーター・サラフ、マーク・タートルトーブ、アンソニー・ブレグマン

製作会社

Weinstein Company、 The

脚本

ジェシー・ペレッツ、エフゲニア・ペレッツ、デヴィッド・シスゴール

音楽

ネイサン・ラーソン、エリック・D・ジョンソン

製作年

2011年

製作国

 アメリカ

出演キャスト

ポール・ラッド

エリザベス・バンクス

ズーイー・デシャネル

エミリー・モーティマー

スティーヴ・クーガン

ラシダ・ジョーンズ

こちらの作品もチェック

靴職人と魔法のミシン

靴職人と魔法のミシン

NYの片隅で靴修理店を営むサエない男に訪れた奇跡――

はじまりのうた BEGIN AGAIN

はじまりのうた BEGIN AGAIN

《ニューヨークの街角を録音スタジオに!?》ニューヨークの街角から届いた、身も心も踊らずにいられなくなる、最高に元気になれる物語。

アデライン、100年目の恋

アデライン、100年目の恋

永遠の秘密が、彼女にはあった。

俺のムスコ

俺のムスコ

"伝説の絶倫男" が ムスコのために再び立ち上がる

おとなのけんか

おとなのけんか

顔で笑って、心に殺意。

SEXテープ

SEXテープ

ちょっぴりエッチなロマンティック・ラブコメディ!

マイ・インターン

マイ・インターン

わたしを救ってくれたのは、40歳年上の"新人(インターン)"

ルーム

ルーム

はじめまして、[世界]

エージェント・ウルトラ

エージェント・ウルトラ

コンビニバイトが覚醒!?実はCIAのNo.1エージェントだった!

マンホール

マンホール

もう二度と戻れない…

ワン・デイ 23年のラブ・ストーリー

ワン・デイ 23年のラブ・ストーリー

アン・ハサウェイ主演!

グリーン・インフェルノ

グリーン・インフェルノ

そこは、人間が喰われる地獄―

(C) 2011 Big Beach, LLC All Rights Reserved