止められるか、俺たちを

止められるか、俺たちを

   

   
ここには映画と青春があった
でも私はなにをみつけたんだろう
1969年、原宿のセントラルアパートに"若松プロダクション"はあった。当時33歳の若松孝二が作り出すピンク映画は若者たちを熱狂させ、時代の先端を駆け抜けていた。 21歳で"若松プロダクション"の門を叩いた吉積めぐみの目を通して、若松孝二と共に映画、青春、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時を描く、青春群像劇!2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。いまや日本映画界を牽引する俊英白石和彌が、師匠若松孝二が時代と共に駆け抜けた若き日を描きだす。白石監督自ら「映画を武器に戦ってきた若松さんの声をもう一度聞きたい」と企画した本作『止められるか、俺たちを』は、記念すべき若松プロダクション映画製作再始動第一弾となる。 主演は門脇麦、若松プロダクション助監督・吉積めぐみ役を熱演。そして若松孝二役は若松組常連・井浦新。こんな若松プロ、こんな青春、誰も観たことない―――
もっと見る

配信開始日:2019年04月17日

止められるか、俺たちをの動画まとめ一覧

『止められるか、俺たちを』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

無料動画

予告編

レンタルする

予告編

無料

予告編
視聴時間:02:03

各話

止められるか、俺たちを

レンタルする

止められるか、俺たちを

330 pt

止められるか、俺たちを
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:58:39

吉積めぐみ、21歳。1969年春、新宿のフーテン仲間のオバケに誘われて、“若松プロダクション”の扉をたたいた。当時、若者を熱狂させる映画を作りだしていた“若松プロダクション”。そこはピンク映画の旗手・若松孝二を中心とした新進気鋭の若者たちの巣窟であった…。1969年を時代背景に、何者かになることを夢みて若松プロダクションの門を叩いた少女・吉積めぐみの目を通し、若松孝二ら映画人たちが駆け抜けた時代や彼らの生き様を描く。

止められるか、俺たちをの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

白石和彌

プロデューサー

大日方教史、大友麻子

製作会社

若松プロダクション、スコーレ、ハイクロスシネマトグラフィ

脚本

井上淳一

音楽

曽我部恵一

製作年

2018年

製作国

 日本 日本の国旗

出演キャスト

こちらの作品もチェック

世界は今日から君のもの

世界は今日から君のもの

笑顔まで、あと少し。前を向けば、本当の自分がそこにいる。不器用で引っ込み思案なヒロインは、あなたかもしれません。

ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て

青春の後にあるものは?“こんなはずじゃなかった”日々、ここではないどこかを求める人々の物語

四月の永い夢

四月の永い夢

亡き恋人から届いた一通の手紙。私の時が、動き始める。

二重生活

二重生活

理由なき尾行、はじめました。

羊と鋼の森

羊と鋼の森

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。

新聞記者

新聞記者

官邸とメディアの裏側を描く、孤高のサスペンス・エンタテインメント!

寝ても覚めても

寝ても覚めても

違う名前、違うぬくもり、でも同じ顔。運命の人は二人いた。

嘘を愛する女

嘘を愛する女

愛さえも、嘘ですか?

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

カメラを止めるな!

カメラを止めるな!

最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。

海燕ホテル・ブルー

海燕ホテル・ブルー

インディペンデント映画界・伝説の巨匠・若松孝二が描くノワールサスペンス!!

翔んで埼玉

翔んで埼玉

空前絶後のディスり合戦開幕!

(C)2018若松プロダクション