ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

   

   
愛など信じたら、
すべてが消えてしまうと、
男は恐れている。

すべてを失った後に、
残るのが愛だと、
女は知っている。
破滅を志向する生き方の中で数々の傑作を書き続け、39年の短い生涯を駆け抜けた太宰治(1909~1948)。「人間失格」が与える自虐的で暗いというイメージだけで捉えられがちな太宰だが、実は細やかな心理描写とユーモア溢れる表現で男女の様々な「愛」の形を描いた小説家でもある。その代表作が「ヴィヨンの妻」。「男には、不幸だけがあるのです。いつも恐怖と、戦ってばかりいるのです。」と弱々しいことを言い苦悩する夫・大谷と、そんな夫をやわらかに受け止め、しなやかに逞しく生きていく妻・佐知の愛の物語。
もっと見る

配信開始日:2020年04月01日

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~の動画まとめ一覧

『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

無料動画

予告編

レンタルする

予告編

無料

予告編
視聴時間:01:32

各話

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

レンタルする

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

330 pt

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:54:03

秀でた才能を持つ小説家の大谷(浅野忠信)と誠実で美しいその妻・佐知(松たか子)。大谷はその才能とは裏腹に、お酒を飲み歩き、借金を重ね、妻以外の女性とも深い関係になってしまう破滅的な生活を送っていた。ひょんなことから夫の借金を返すために飲み屋・椿屋で働き始めた佐知は、あっという間にお店の人気者になり、日に日に輝きを増していった。見違えるように美しくなっていく佐知に嫉妬する大谷。そして大谷は、書くことそして生きることに苦悩し、愛人の秋子(広末涼子)と心中未遂を起こしてしまう。それを知った佐知は……。

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

根岸吉太郎

エグゼクティブプロデューサー

石原隆、直井里美、酒井彰

プロデューサー

前田久閑、木幡久美、菊地美世志

原作

太宰治「ヴィヨンの妻」(新潮文庫刊)

脚本

田中陽造

音楽

吉松隆

製作年

2009年

製作国

 日本 日本の国旗

出演キャスト

こちらの作品もチェック

九月の恋と出会うまで

九月の恋と出会うまで

運命の人が僕じゃなくても、僕はあなたを守りたい。

「天気の子」予告編

「天気の子」予告編

これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語

君は月夜に光り輝く

君は月夜に光り輝く

あなたのせいで、生きたくてしょうがない。

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

夢をみるのには、理由がある

愛がなんだ

愛がなんだ

全部が好き。でも なんでだろう、私は彼の恋人じゃない。

L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。

L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。

大好きな彼氏と彼氏の従兄弟 ふたりのイケメンに迫られる超至近距離ラブストーリー

ヒロイン失格

ヒロイン失格

私が好きな人か。私を好きな人か。

(C)2009 フジテレビジョン パパドゥ 新潮社 日本映画衛星放送