仮面劇場

仮面劇場

   

   
瀬戸内海を旅する金田一耕助は、船中で大道寺家の未亡人・綾子と知り合う。そのとき、一艘の小舟が二人の乗った船に近づくが、船には奇妙にも柩が積まれ、その中には美しい美少年が身動きもせず横たわっていた。助け出された美少年・虹之介が盲目で日も耳も不自由であると知った綾子は、虹之介を引き取ることを申し出るが、金田一は何かしら不吉な予感を感じるのであった。果たして、綾子の周囲で連続殺人事件が始まりを告げた。
もっと見る

配信開始日:2021年06月01日

仮面劇場の動画まとめ一覧

『仮面劇場』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

まとめ買い

第1話~第4話

レンタルする

第1話~第4話

1,056 pt

  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
1,320ポイント 1,056ポイント
視聴期間: 8日間

各話

第1話

レンタルする

第1話

330 pt

第1話
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:34

瀬戸内海を旅する金田一耕助は、船中で大道寺家の未亡人・綾子と知り合う。そのとき、一艘の小舟が二人の乗った船に近づくが、船には奇妙にも柩が積まれ、その中には美しい美少年が身動きもせず横たわっていた。助け出された美少年・虹之介が盲目で日も耳も不自由であると知った綾子は、虹之介を引き取ることを申し出るが、金田一は何かしら不吉な予感を感じるのであった。果たして、綾子の周囲で連続殺人事件が始まりを告げた。

第2話

レンタルする

第2話

330 pt

第2話
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:34

瀬戸内海を旅する金田一耕助は、船中で大道寺家の未亡人・綾子と知り合う。そのとき、一艘の小舟が二人の乗った船に近づくが、船には奇妙にも柩が積まれ、その中には美しい美少年が身動きもせず横たわっていた。助け出された美少年・虹之介が盲目で日も耳も不自由であると知った綾子は、虹之介を引き取ることを申し出るが、金田一は何かしら不吉な予感を感じるのであった。果たして、綾子の周囲で連続殺人事件が始まりを告げた。

第3話

レンタルする

第3話

330 pt

第3話
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:49

瀬戸内海を旅する金田一耕助は、船中で大道寺家の未亡人・綾子と知り合う。そのとき、一艘の小舟が二人の乗った船に近づくが、船には奇妙にも柩が積まれ、その中には美しい美少年が身動きもせず横たわっていた。助け出された美少年・虹之介が盲目で日も耳も不自由であると知った綾子は、虹之介を引き取ることを申し出るが、金田一は何かしら不吉な予感を感じるのであった。果たして、綾子の周囲で連続殺人事件が始まりを告げた。

第4話

レンタルする

第4話

330 pt

第4話
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:46:49

瀬戸内海を旅する金田一耕助は、船中で大道寺家の未亡人・綾子と知り合う。そのとき、一艘の小舟が二人の乗った船に近づくが、船には奇妙にも柩が積まれ、その中には美しい美少年が身動きもせず横たわっていた。助け出された美少年・虹之介が盲目で日も耳も不自由であると知った綾子は、虹之介を引き取ることを申し出るが、金田一は何かしら不吉な予感を感じるのであった。果たして、綾子の周囲で連続殺人事件が始まりを告げた。

仮面劇場の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

井上芳夫

製作会社

毎日放送、東宝株式会社

原作

横溝正史(角川文庫版)

脚本

鴨井達比古

音楽

真鍋理一郎

製作年

1978年

製作国

 日本 日本の国旗

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

三つ首塔

三つ首塔

ドイツ文学者・上杉誠也の還暦祝いの席上で起きた戦慄の三重殺人事件!その直後、誠也の姪・宮本音禰の元に、アメリカに住む遠縁の玄蔵老人から十億円という巨額の財産相続話が舞い込んだ。

悪魔が来りて笛を吹く

悪魔が来りて笛を吹く

凶悪な強盗殺人事件・天銀堂事件の容疑をかけられた元子爵・椿英輔は警察の取り調べを受ける。

獄門島

獄門島

金田一耕助は戦友である鬼頭千万太の訃報を知らせるため、千万太の故郷・獄門島を訪れる。

仮面舞踏会

仮面舞踏会

女優・鳳千代子との結婚を控えた実業家・飛鳥忠熙のもとに「鳳千代子から手を引かなければ命はない」という脅迫状が届いた。

夜歩く

夜歩く

金田一耕助は戦友の屋代寅太が下働きをしている古神家を訪れた。

女王蜂

女王蜂

速見欽造は20年前に死んだ親友・日下部仁の娘・智子を引き取るため、伊豆の月琴島へと向かった。

迷路荘の惨劇

迷路荘の惨劇

静岡県の相原にある名琅荘は、屋敷の至る所に抜け穴の仕掛けが施されてあり、そのため別名「迷路荘」と呼ばれていた。

(C)東宝