『2.43 清陰高校男子バレー部』の動画一覧

まとめ買い

全話第1話~第12話

  • 30日間 2,139 pt 〜

    30%OFF

少年ユニチカ / 最高で最低のプレイメイカー / 犬の目線とキリンの目線 / 高く、はやく、強く / スタンド・バイ・ミー / 笑うキングと泣き虫ジャック / コートを統べるヒーロー / ユニチカ、再出陣 / 常勝とダークホース / 英雄と天才 1 / 英雄と天才 2 / 滑走路

本編

第1話 少年ユニチカ

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

幼なじみの灰島公誓が福井に戻ってくると知り、浮かれていた黒羽祐仁。久しぶりに再会した灰島のストレートな物言いに面食らうが、バレーに打ち込む彼の姿を目にして、思わず灰島に声をかけ──。

第2話 最高で最低のプレイメイカー

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

灰島が福井に越してきた理由を知った黒羽だったが、「俺には関係ない、お前の評価は俺が自分で決める」と灰島に伝える。春休みに突入し、練習に明け暮れる黒羽たち。新入生が入学し、最上級生になった2人の中学最後の大会がはじまる──!

第3話 犬の目線とキリンの目線

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

中学最後の大会が原因で、ギクシャクしたまま同じ高校に進学した黒羽と灰島。灰島はバレー部にも入らず黒羽と顔を合わさずにいた。そんな中、球技大会に向け練習が始まり、2年生の大隈が、バレー部主将・小田に練習試合をしようと持ちかける──。

第4話 高く、はやく、強く

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

高校に入って最初の合宿が始まる。目前に迫る秋季大会に向けて猛練習に励む男子バレー部だったが、黒羽は攻撃練習に参加させてもらえず、灰島に対し不満が爆発する。合宿も終盤にさしかかった夜、黒羽は灰島に思いをぶつけて──。

第5話 スタンド・バイ・ミー

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

黒羽がある事件の関与を疑われ、秋季大会準決勝の出場辞退を余儀なくされた清陰高校男子バレー部。そんな中、灰島の一言から東京に行くことになった黒羽と灰島。灰島の東京での母校、銘誠学園に到着した二人に声をかけたのは、かつての灰島のチームメイトで──。

第6話 笑うキングと泣き虫ジャック

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

福蜂工業高校。7年連続で春高に出場している福井一の強豪校には「悪魔のバズーカ」と呼ばれる絶対的エース三村統がいた。そしてもう一人、越智光臣。怪我によって選手の道を諦めた彼が、福蜂工業高校では重要な存在となっていた――。

第7話 コートを統べるヒーロー

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

福蜂工業高校と練習試合をすることになった、清陰高校。一進一退の攻防が繰り広げられる中、福蜂は三村にボールを集める。絶対的なエースの強打が、清陰サイドに突き刺さる!それを見た清陰の選手たちは――。

第8話 ユニチカ、再出陣

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

春高の福井県予選。単純なミスを連発してしまい、窮地に立たされる清陰高校。運命の第2セット、黒羽は顧問の一乗谷先生の言葉を反芻しながら渾身のスパイクを決める・・・!それは初めて自分がエースだと自覚した瞬間だった──。

第9話 常勝とダークホース

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

春高への切符をかけた清陰と福蜂の戦いが始まろうとしていた。清陰は、三村をどう抑えるか、福蜂は灰島をいかに攻略するか・・・両校とも相手の対策を練り最後の合宿に臨む。そんな中、三村は膝の検診の為、病院を訪れる──。

第10話 英雄と天才 1

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

福井県代表決定戦。福蜂はアクシデントを迎えるも、必ず勝つと決意を新たにする。序盤の流れを持っていかれた清陰は、第1セットを落としてしまう。続く第2セット。灰島の奮闘により、なんとか食らいつく清陰は、黒羽の調子が戻るのを待っていた──

第11話 英雄と天才 2

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

第3セットも落とし、後がなくなってしまった清陰高校。小田に替わりコートに戻る黒羽は、調子を取り戻し、得点を重ねていく。第4セット大詰め、互いに譲らず、デュースが続いていく中で、ボールが上がった先は──。

第12話 滑走路

  • 23分 
  • 3日間 255 pt 〜

ついに決着がついた代表決定戦。試合後の整列と同時に灰島は倒れてしまう。自宅で目を覚ました灰島の元に、清陰高校男子バレー部のメンバーが集まってくる。なぜかニヤニヤするチームメイトを不審がる灰島だったが・・・?

PV