めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービー

めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービー

前衛音楽の極北か!?壮大なコンセプチュアル・アートか!?
一切の素性が明かされることのなかったアーティスト集団の謎に迫るドキュメンタリー!
ザ・レジデンツとはいったい何者なのか。音楽史最大の謎がいま、明かされる!?

配信開始日:2018年06月13日

めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービーの動画まとめ一覧

『めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービー』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービー

レンタルする

めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービー

330 pt

めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービー
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:27:29

もしあなたが私のような長年のザ・レジテンツのファンなら、初期のレア映像にきっと興奮するだろう。もしあなたがザ・レジテンツのことを全く知らないなら、この映画はアメリカで最も謎めいたバンドの奇妙で素晴らしい世界を知るための恰好の入門書である。 -マイク・ノイズ、Inside Pulse

SXSW2015では、何百というバンドが有名になろうと、しのぎを削っている一方で、1組の変り種が結成40年を祝っている。 -クリストファー・R・ワインガーテン、Rolling Stone

この映画は、サンフランシスコのスーパースター的奇人アート集団が、かたくなに守ってきた匿名性の歴史を愛情いっぱいにリサーチしている。ザ・レジデンツのインスピレーションは50年近く経っても尽きることを知らない。  -エイドリアン・マック、Straight.com


巨大な目玉のマスクに、タキシード。奇妙奇天烈な出で立ちで摩訶不思議な音楽を奏でる覆面アーティスト。その名もザ・レジデンツ。近年、バンクシーやダフトパンクなど素顔を隠したアーティストは数多く存在するが、ザ・レジデンツの覆面歴は実に40年以上!そのあまりの徹底振りから「実は彼らの正体は変装したビートルズではないか?」と噂されたほどで、現在も様々な憶測が絶えない。
ダミ声のボーカルに、まぬけなコーラスと飛び交う電子音。もはやジャンル分け不可能なザ・レジデンツは多くの音楽ファンを困惑させたものの、徐々に中毒者が続出。現在では熱狂的なファンが世界中におり、初期のミュージックビデオはニューヨーク近代美術館に収蔵され、アート作品としての評価も高い。
膨大なアーカイブ映像と、多くの関係者がインタビューで明かすザ・レジデンツの秘話。そして結成40 周年を記念したツアーにドン・ハーディー監督が密着。果たしてザ・レジデンツとは何なのか。音楽史最大の謎が遂に遂に明かされる!?

めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービーの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督・脚本

ドン・ハーディー

エグゼクティブ・プロデューサー

ヨシフミ・オクヤマ

音楽

ザ・レジデンツ

製作年

2015年

製作国

 日本

出演キャスト

マット・グレイニング

レス・クレイプール

ペン・ジレット

ジェリー・ハリスン

ゲイリー・パンター

ロブ・クロウ

ホーマー・フリン

ハーディー・フォックス

ジェイ・クレム

ジョン・ケネディ

こちらの作品もチェック

まんが水戸黄門

まんが水戸黄門

時代劇「水戸黄門」幻のアニメ化

ゴーストロード

ゴーストロード

いつだって、アンプの電源と夢は<ON>にしておくのさ。

ザ・ギャンブラー/熱い賭け

ザ・ギャンブラー/熱い賭け

すべてを賭けなければならない。

はじまりのボーイミーツガール

はじまりのボーイミーツガール

チェリストを夢見る少女には誰も知らない秘密があった…。勇気と感動を与えてくれる音楽と小さな恋の物語!!

ジャコメッティ 最後の肖像

ジャコメッティ 最後の肖像

ジェフリー・ラッシュ VS アーミー・ハマー 天才彫刻家ジャコメッティが描いた最後の肖像画とは!?

デンジャラス・プリズン -牢獄の処刑人-

デンジャラス・プリズン -牢獄の処刑人-

頭グシャッ!骨ボキッ!牢獄バイオレンス!愛するものため、男は暴力の化身と化す!! この男、収監してはならない。

ラスト・ウォリアー 最強騎馬民族スキタイを継ぐ者

ラスト・ウォリアー 最強騎馬民族スキタイを継ぐ者

最強の血が覚醒― 誰も見たことのない闘いが始まる!

ピープル・ライク・アス

ピープル・ライク・アス

出会えてよかった。絆が途絶える前に―。

否定と肯定

否定と肯定

ナチスによる大量虐殺は──真実か、虚構か。

都市壊滅 デストラクション

都市壊滅 デストラクション

巨大穴が町を、車を、人を飲み込む!!

いま、輝くときに

いま、輝くときに

君への愛は、僕を救うはずだった―。

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-

儚くも愛おしい。それが落語(じんせい)。

(C) 2015 Film Movement, LLC