世界でいちばん長い写真

世界でいちばん長い写真

「ストロベリーナイト」「武士道シックスティーン」の作家 誉田哲也が実話を元に描いた青春感動ストーリーを実写化!!!

「武士道シックスティーン」や「ストロベリーナイト」など幅広いジャンルで活躍する人気作家・誉田哲也による小説「世界でいちばん長い写真」が遂に映画化。愛知県の学校で実際にあった出来事を基に、消極的で人生の目的を持てずにいた少年・宏伸がギネス記録を持つパノラマカメラと出会い、モノクロだった人生が鮮やかな色に変わってゆくという、誰もが胸に描く青春の1シーンを切り取ったような爽快な青春群像劇が誕生。主人公の高校生・宏伸役は映画『カルテット!』やドラマ「セトウツミ」で主演を務め、2018年にも多数の出演作が控える人気若手実力派俳優の高杉真宙。カメラを手にし、少しずつ色づく日々に魅せられていく宏伸を実直に演じた。宏伸の従姉で快活な温子役を演じるのは、頭突きで瓦割りをするCMで話題となり、ドラマ「ワカコ酒」や映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』など数々の主演を飾る武田梨奈。宏伸が所属する写真部の部長には連続テレビ小説 「ひよっこ」での出演で話題となった松本穂香。他にもBOYS AND MENの水野勝、『アイアムアヒーロー』の吉沢悠、『岸辺の旅』の小松政夫など、話題の若手からベテラン演技派の俳優が脇を固める。監督は『からっぽ』で第4回沖縄国際映画祭パノラマスクリーニング部門や、第27回高崎映画祭"若手監督たちの現在"に選出され、『にがくてあまい』で注目を浴びた新進気鋭の草野翔吾。知多半島を舞台に、青空とひまわりがきらめく真夏の青春を切り取った。360度の写真、その中心に立つ宏伸の青春の叫びが響き渡る。

配信開始日:2018年12月05日

世界でいちばん長い写真の動画まとめ一覧

『世界でいちばん長い写真』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

世界でいちばん長い写真

レンタルする

世界でいちばん長い写真

330ポイント

世界でいちばん長い写真
視聴期間: 2日間 330ポイント
視聴時間:01:42:18

ある出会いが僕らを変えた。実話から生まれた青春感動ストーリー。
高校写真部の内藤宏伸(高杉真宙)は引っ込み思案がたたり、部長の三好奈々恵(松本穂香)に怒られるばかり。人物写真をテーマにした写真品評会も人を撮るのが苦手な宏伸にとっては苦痛でしかなかった。しかし、高校最後の夏休みのある日、宏伸は従姉の温子(武田梨奈)が店長をしているリサイクルショップで今まで見たことがない大きなカメラを見つける。カメラの使い方がわからない宏伸は温子の勧めで近所の写真館の店主・宮本(吉沢 悠)を訪ね、このカメラは360度長い写真が撮れるよう改造された世にも珍しいパノラマカメラだということが判明する。宮下に使い方を教えてもらい、宏伸はパノラマカメラで最初の360度写真を撮影する。現像した写真を見て、いままでにない感動を感じた宏伸は次の日から360度撮影したい景色を探して街を自転車で駆け巡る。ようやく辿り着いたのは温子の旧友、智也(水野 勝)が育てるひまわり畑だった。

世界でいちばん長い写真の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督・脚本・編集

草野翔吾

原作

誉田哲也

撮影

相馬大輔

照明

佐藤浩太

録音

齋藤泰陽

美術

吉田敬

製作年

2017年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

三十路女はロマンチックな夢を見るか?

三十路女はロマンチックな夢を見るか?

夢を追う強盗団と三十路女の人生を賭けた逃避行!?

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのように

ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

羊と鋼の森

羊と鋼の森

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。

キスできる餃子

キスできる餃子

運命が、焼きあがる

リベンジgirl

リベンジgirl

運命の出会いが、二人を変えた――

想影

想影

これは、片想いなんかじゃない

3D彼女 リアルガール

3D彼女 リアルガール

美女とオタク 違う世界のふたりが恋に落ちた!?

九月の恋と出会うまで

九月の恋と出会うまで

運命の人が僕じゃなくても、僕はあなたを守りたい。

ビブリア古書堂の事件手帖

ビブリア古書堂の事件手帖

最旬の豪華競演で綴る、心揺さぶる極上のミステリーが早くも登場!

君は月夜に光り輝く

君は月夜に光り輝く

あなたのせいで、生きたくてしょうがない。

虹色デイズ

虹色デイズ

いつもの毎日に、七色のキセキが輝く。

青夏 きみに恋した30日

青夏 きみに恋した30日

この恋、期間限定(いまだけ)。

(C)2018 映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会