RBG 最強の85才

RBG 最強の85才

本作の主人公である、通称RBGことルース・ベイダー・ギンズバーグは、85歳にして現役の女性の最高裁判所判事。アメリカでは関連本が何冊も出版され、Tシャツやマグカップなどのグッズまで販売されるほどの抜群の知名度と人気を誇る彼女。現在のアメリカを作ったと言っても過言ではない、女性やマイノリティへの差別撤廃に緩やかに、しかし確実に寄与していった判例の数々と、ニューヨークはユダヤの家系に生まれ、苦学の末に上り詰めた彼女を支えた信念、そして愛情についても語られる感動のドキュメンタリー映画。劇中ではアメリカ合衆国元大統領のビル・クリントンが彼女について語る姿も見られる。米国では幅広い世代の支持により大ヒット! 映画批評サイト・ロッテントマト95%FRESHの高評価をマークするなど、全世界で熱い注目を集めている。長編ドキュメンタリー賞とともに、『アリー/スター誕生』、『ブラック・パンサー』、『メリー・ポピンズ リターンズ』などの楽曲と並び、ジェニファー・ハドソンが歌う「I’ll Fight」が、アカデミー賞主題歌賞にノミネートされた。闘い続けるRBGの姿と重なる歌詞と、圧倒的な歌唱力による壮大なバラードが作品をさらなる感動に引き込み盛り上げる。

配信開始日:2019年12月03日

RBG 最強の85才の動画まとめ一覧

『RBG 最強の85才』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

RBG 最強の85才

レンタルする

RBG 最強の85才

330 pt

RBG 最強の85才
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:38:13

85才にして現役の女性最高裁判所判事。異例のキャリアを邁進し続けるRBGことルース・ベイダー・ギンズバーグに女性監督が迫ったドキュメンタリー映画。1933年ニューヨーク、ブルックリン生れの彼女は、苦学の末コーネル大学を卒業。コロンビア・ロースクールの教授を経て、カーター大統領にD.C.巡回区控訴裁判所の裁判官に指名され、1993年、ビル・クリントン大統領に女性として史上2人目のアメリカ合衆国最高裁判所判事に指名され就任する。小さな体に大きなメガネ、シャイな素顔を覆う巧みな法廷戦術と、マイノリティの権利のために訴え続ける姿は若者にも支持され、Tシャツやマグカップなどのグッズが販売されるなど、今やRBGはアメリカのポップカルチャー・アイコンとなった。働く女性としてのルースだけでなく、家族、友人、同僚が、母として妻としての知られざる素顔を語り、彼女を支え続けた夫マーティンとの愛溢れる感動のエピソードも描かれる。すべての人が勇気をもらえるドキュメンタリー映画。

RBG 最強の85才の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督・製作

ジュリー・コーエン、ベッツィ・ウエスト

主題歌

「I’ll Fight」ジェニファー・ハドソン

製作年

2018年

製作国

 アメリカ

出演キャスト

ルース・ベイダー・ギンズバーグ

ビル・クリントン

バラク・オバマ

バラク・オバマ

こちらの作品もチェック

ベスト・オブ・エネミーズ ~価値ある闘い~

ベスト・オブ・エネミーズ ~価値ある闘い~

タラジ・P・ヘンソンとサム・ロックウェルのW主演による実話に基づく感動の友情物語。

劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

累計アクセス数1000万を超える大人気ブログ 書籍、ドラマ化もされた感動の実話が、待望の映画化!!

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ

世界が熱狂した伝説のバンド<クイーン>。その光と影を数々の名曲とともに描く感動のミュージック・エンターテイメント。

(c)Cable News Network. All rights reserved.