DARK STAR/H・R・ギーガーの世界

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界

魂の深い闇の中、孤独に輝く星がある―

『エイリアン』造形の産みの親、孤高のアーティストの生涯に迫るドキュメンタリー
『エイリアン』(1979年/リドリー・スコット監督)の造形で、1980年のアカデミー視覚効果賞を受賞したスイスの画家・デザイナーのH・R・ギーガー。その作品は世界中のファンを魅了し、エマーソン、レイク&パーマー『Brain Salad Surgery(恐怖の頭脳改革)』(1973年)、マグマ『Attahk』(1978年)、デボラ・ハリー『Koo Koo』(1981年)ほか、数々のアルバム・ジャケットにも使用されるなど、多くのアーティストたちに影響を与えてきた。その創作の背景が本人だけでなく多くの関係者、彼を支えた女性たち、スタッフたちによって語られる。「H・R・ギーガー財団」公認、稀有のアーティストのドキュメンタリー。

「ダーク・スター」/暗黒のメッセージの伝承者
H・R・ギーガーは、チューリヒの中心部で、自給自足同然のパラレルワールドに住んでいた。それは「ダーク・スター」であるH・R・ギーガーを中心に据えた、別の宇宙であり、他のすべてのものは彼の周りを回っていた。時間からもぎとられ、閉ざされたシャッターの向こう側にあるこの宇宙では、昼と夜が溶け合っている。彼の王国について知る者は家族と親しい友人たち、数名のアシスタントのみである。彼はその世界を、愛するゆえに創ったのではない。人懐っこく控えめでユーモラスな男が恐怖心をコントロールするためにはそうするしかなかったのだ。だから彼は我々の悪夢を図面化し、我々の潜在意識の地図を描き、我々の初源的恐怖の鋳型を作った。

原点は骸骨の贈り物
本作品でギーガーは6歳の時に初めて頭蓋骨を手に取った思い出を、あたかも昨日のことのように語っている。それは薬剤師をしていた父親からの贈り物だった。少年のギーガーはその頭蓋骨に初めての恐怖を感じた。だが彼はそれに紐をくくり付け、自分が住む町の路地を引きずって歩くことで恐怖を克服したことを証明した。成長期の体験だったことから、その頭蓋骨は彼の世界の根幹となった。彼の世界には、死の記号と恐怖と謎が普遍的な存在であり続けている。

暗闇の最深部への最後の旅
73歳の時点でH・R・ギーガーは、父からもらった頭蓋骨に対し、愛情ともいえる謝意を述べる。頭蓋骨は刺激を与えてくれる、と彼は言った。それは、あらゆる種類の暗闇の最深部に生涯の旅に出るための刺激だった。その旅はもうじき終わるだろう、と彼は静かに付け加えた。彼は十分に長生きをしていた。自分の死期が近いことをほとんど予見していたかのようだった。H・R・ギーガーは撮影から間もなく、2014年5月に74歳でこの世を去った。

配信開始日:2017年12月20日

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界の動画まとめ一覧

『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界

レンタルする

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界

540ポイント

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界
視聴期間: 3日間 540ポイント
視聴時間:01:39:14

監督からのメッセージ

すべてのはじまり

私がザンドラ・ベレッタに偶然出会ったのは2011年8月、友人たちを訪ねた時だった。ほんの少し言葉を交わしただけで、私たちはふたりともスイスのフランス語圏の出身であることがわかった。それで、フランス語で会話を続けた。これがきっかけとなり、私たちはお互いに特別な親しみを感じるようになった。間もなく私はザンドラ・ベレッタが数年間H・R・ギーガーのパートナーだったことを知った。

H・R・ギーガーですって!? その名前は私の中に深く埋もれていたイメージを蘇らせた。エマーソン、レイク&パーマーのアルバム『恐怖の頭脳改革』のジャケットを手にしたことは私にもあった。映画『エイリアン』はSFというジャンルに対する私の認識を永久に変え、それからというもの、私の最も好きな映画となっていた。『Birth Machine』や『Li I』といった作品は、私の青春時代のイメージの一片だ。それらはレコード店や友人たちのアパートにポスターとして壁に貼ってあった。

ザンドラ・ベレッタと話をした時、そうしたすべてのH・R・ギーガーのアートとの「出会い」の思い出が込み上げてきた。初対面の夜がまだ終わらないうちに、私たちはすでに映画を作ることについて話し合っていた。それはごく自然のような感じがした。ほどなく私はH・R・ギーガー本人に会った。

H・R・ギーガーの映画を作りたいという私の思いを確固たるものにしたのは、彼との最初の出会いだった。彼の家に足を踏み入れた瞬間、私は完全に圧倒された。ジャーナリストであり映画製作者である私はそれまでいろんな家やアパートを見ていたが、これほど風変わりなものは初めてだった。それはまるで別世界だった。暗くて怪しいH・R・ギーガーのアート作品のひとつに入り込んだかのようだった。私は『Harkonnen Capo Chair』(未製作に終わった映画アレハンドロ・ホドロフスキーの『Dune』用にデザインされた椅子)に座り、ギーガーのイメージ、ギーガーのフィギュア、ギーガーのオブジェクトにとり囲まれた。信じられないほどの細部へのこだわりを見逃したくないあまり、まばたきすることさえ惜しんだ。奇妙な形をした物や萎縮した頭部と頭蓋骨のそばにいながら、私は完全に落ち着いていた。それは間違いなくこの家の主人のせいだった。H・R・ギーガーは親しみ易く礼儀正しい、温厚な人物だった。はじめのうち私は、このアーティストから彼のアートを想像できなかったし、彼のアートから彼を想像することもできなかった。だが、私の「暗い性格のとっつきにくいアーティスト」という彼に対するイメージは、彼がアップルパイとコーヒーをすすめてくれ、天気についてお喋りを始めた途端に吹き飛んでしまった。私の予想は大きく外れた。逆にとても楽しくて、びっくりしたくらいだ。その時までに私の頭の中では、H・R・ギーガーについての映画はすでに形を成そうとしていた。

すっかり魅了された私に、すぐに一千もの疑問がわいてきた。どうすればこんな生き方ができるのだろう? なぜこんな風に生きたいと思うのだろう? どんな経歴を持ったどんな人がこのような生活をしたがるのだろう? 彼の周りにいるのはどんな人たち? 家族、生い立ちは? 訪問のあと、すぐに私は調査に取り掛かった。

以来、私はギーガーを何度も訪ねた。私にドアを開いてくれたザンドラ・ベレッタは素晴らしく、彼女が私とギーガー家との信頼関係の土台を築く手伝いをしてくれた。私がH・R・ギーガーとした議論、私が会った彼の周りにいる人たち、私が発見したアート作品――そのひとつひとつが、この映画を作るという私の決意を強くした。

ベリンダ・サリン

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

ベリンダ・サリン

撮影

エリック・シュティツェル

録音

マルコ・トイフェン

編集

ビルギット・ムンシュ=クライン

サウンド・デザイン

ペーター・ブレーカー

サウンド・ミックス

レンツォ・ダルベルト

音楽

ペーター・シェーラー

デジタル・ポストプロダクション

シネグレル

プロダクション・マネージャー

ザンドラ・ギスラー、ニコル・バラス

共同プロデューサー

マーティン・シルト、ベリンダ・サリン

プロデューサー

マルセル・ホーン

製作年

2014年

製作国

 スイス

出演キャスト

H・R・ギーガー

カルメン・マリア・ギーガー

マルコ・ヴィッツィヒ

スタニスラフ・グロフ

ザンドラ・ベレッタ

ハンス・H・カンツ

トム・ガブリエル・フィッシャー

こちらの作品もチェック

アサシンクリード 劇場版

アサシンクリード 劇場版

全世界売上1億本超の大ヒットゲーム、ついに映画化!

ダンケルク

ダンケルク

追い詰められた40万人―――史上最大の救出作戦。

ウエストワールド<ファースト・シーズン>

ウエストワールド<ファースト・シーズン>

暴力、セックス、殺人なんでもあり。そのすべてがアトラクション。

キング・オブ・エジプト

キング・オブ・エジプト

超ド級の冒険スペクタクル!!

ザ・コンサルタント

ザ・コンサルタント

いくつもの顔を持つ新たなアンチ・ヒーロー誕生!

フィフス・ウェイブ

フィフス・ウェイブ

人類を滅亡に導く、5つの波(WAVE)に立ち向かうー

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女

モンスターを倒すのは、モンスターだ!!

ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴースト・イン・ザ・シェル

スカーレット・ヨハンソン主演で見事に実写化されたアクションSF作品

グレートウォール

グレートウォール

マット・デイモン 対 クリーチャー大群!

アローン・イン・ザ・ゼット

アローン・イン・ザ・ゼット

観客が騒然とした新感覚ゾンビ・スリラー!

アトミック・ブロンド

アトミック・ブロンド

最強の女スパイ、現る。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

トム・クルーズにもはや敵なし!?

(C) 2015 T&C Film (C) 2015 FRENETIC FILMS.