THE TUNNEL/トンネル Season3 -復讐の執行人

THE TUNNEL/トンネル Season3 -復讐の執行人

舞台は、EU脱退後の興奮状態の渦中にあるイギリス。押し寄せる難民による危機がエスカレートし、国を追われ、権利を奪われ、社会に背を向けられた人々によるテロの脅威が増している。カールとエリーズは、共通する死への願望を抱く感応精神病 (二人組精神病) を病む恐るべき二人組と対峙する。このカップルが抱いた「命の価値」に対する疑念の矛先は、いつしかカールに向けられてしまう…。

配信開始日:2019年04月28日

THE TUNNEL/トンネル Season3 -復讐の執行人の動画まとめ一覧

『THE TUNNEL/トンネル Season3 -復讐の執行人』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

第1話~第6話

レンタルする

第1話~第6話

1,155 pt

  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
1,650ポイント 1,155ポイント
視聴期間: 30日間

第1話

レンタルする

第1話

275 pt

第1話
視聴期間: 2日間 275 pt
視聴時間:46:46

難民の子供が乗った一艘の船に、イギリス領海で火がつけられ乗船者の跡形が消されるという事件が起こる。道徳的にも複雑に考えさせられ、人としての感情をゆすぶられる事件の共同捜査でカールとエリーズは再会する。

第2話

レンタルする

第2話

275 pt

第2話
視聴期間: 2日間 275 pt
視聴時間:47:19

カールとエリーズは“ハーメルンの笛吹き”の要求を解読しようとし、BBはフランス側の捜査に加わる。共同捜査のメンバーたちは、犯人からのさらなる攻撃を事前に防ぐため奮闘し、時間との戦いに挑む。一方、チャーリー・モローは家族のもとに戻るが悲劇的結果を引き起こす。

第3話

レンタルする

第3話

275 pt

第3話
視聴期間: 2日間 275 pt
視聴時間:46:26

“ハーメルンの笛吹き”からカールとエリーズのもとに新たなメッセージが届く。メッセージに書かれた座標の場所を突き止めた2人はぞっとする光景を目にすることに。捜査の手が及び、追い詰められた犯人の1人が攻撃を仕掛けてくる。果たしてこの攻撃がチームの一員を終焉に導くことになるのか…。

第4話

レンタルする

第4話

275 pt

第4話
視聴期間: 2日間 275 pt
視聴時間:51:39

カールとエリーズは事件の捜査に行き詰まってしまう。二人とも、それぞれ真相を突き止めようと型破りな手法に出るが…。そんななか、犠牲者の数がさらに増していく。彼らの勝算は決して高くない状況だが、二人の賭けは成功に終わるのだろうか?

第5話

レンタルする

第5話

275 pt

第5話
視聴期間: 2日間 275 pt
視聴時間:49:40

カールはますます孤立した状態だったが、ついにサバンの捜索で突破口を見出す。しかし、ごく親しい人物が死の危機に瀕していることを知り、彼のサバン発見の勝利感も長くは続かないのだった。

第6話

レンタルする

第6話

275 pt

第6話
視聴期間: 2日間 275 pt
視聴時間:50:09

カールとエリーズは手に汗握る決着の場で“ハーメルンの笛吹き”と対峙する。さらにチャーリー・モローの誘拐事件についても、カールとオリビエがその事件の真相を解明したことで結末を迎える。

THE TUNNEL/トンネル Season3 -復讐の執行人の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

プロデューサー

カレン・ウィルソン、ベン・リチャーズ、マンダ・レヴィン

製作年

2017年

製作国

 イギリス  フランス

出演キャスト

スティーヴン・ディレイン

スティーヴン・ディレイン

クレマンス・ポエジー

クレマンス・ポエジー

ジョゼフ・マウル

トム・ベイトマン

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

THE TUNNEL/トンネル -国境に落ちた血

THE TUNNEL/トンネル -国境に落ちた血

連続殺人犯は現代社会の道徳崩壊を強調しようと、より入念で巧妙な方法を用いて犯罪を重ねるが、そんな中でカールとエリーズは徐々に犯人の個人的事情へと深く引き込まれていく。

THE TUNNEL/トンネル Season2 -サボタージュ

THE TUNNEL/トンネル Season2 -サボタージュ

手に汗握る瀬戸際政策の中、カールとエリーズは全てをかけて真の正義を追求する。

THE BRIDGE/ブリッジ シーズン3

THE BRIDGE/ブリッジ シーズン3

新たな殺意が、2つの国を結ぶ橋になる―

(C) Kudos 2017