ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。
テーター・シティ 爆・殺・都・市

テーター・シティ 爆・殺・都・市

日本の漫画やアニメを敬愛する、新進気鋭の監督が放つ究極のゴア・SF・アクション・ムービー!!この都市は異常だ!!

「アダム・チャップリン」のデ・サンティ兄弟が経営する、映画制作会社:NECROSTORMの制作第2作品。「アダム・チャップリン」でスプラッター・アクションを極めた同社が,近未来を舞台にしたSF・バイオレンス・アクションに挑んだ。近未来のとある街:テーター・シティは、シード・システムと呼ばれる異常な装置で管理されていた。その中で全ての犯罪に対する処罰の権限を与えられた"バイカーズ"と"最凶悪犯罪者"との壮絶な戦いが始まる!今回も、監督が『北斗の拳』を始めとした日本の漫画やアニメを敬愛している部分も多数存在する。その一例は、バイカーズで唯一の女性隊員であるレイザーの必殺武器だ。それは指先にレーザー・メスを装着したグローブ。その殺し方はまさに「北斗の拳」のケンシロウのパートナー:レイの南斗水鳥拳を彷彿させる最高の切れ味切れ味。犯罪者の顔を八つ裂きにする映像は興奮必至だ。今回も彼らのフィルムには未熟な点も多く、時には説明不足で分かり難さもあるのだが、その編集スタイルは、もちろん劇画のコマ割りのようなスタイルを継続している。そしてエンド・クレジットのスペシャル・サンクスとして、武論尊、原哲夫、ピーター・ジャクソン、ジョン・カーペンター、ポール・ヴァーホーベン、北野武、三池崇史といった、デ・サンティ兄弟が尊敬する方々の名前が載せられている。

配信開始日:2014年08月01日

テーター・シティ 爆・殺・都・市の動画まとめ一覧

『テーター・シティ 爆・殺・都・市』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

テーター・シティ 爆・殺・都・市

レンタルする

テーター・シティ 爆・殺・都・市

324ポイント

テーター・シティ 爆・殺・都・市
視聴期間: 7日間 324ポイント
視聴時間:01:12:53

近未来のとある街:テーター・シティは、シード・システムと呼ばれる装置で管理されていた。そのシステムとは、ある電波を街中に流すのだが、その電波は犯罪者に対してだけ反応し、その本性が自殺衝動に変わり自殺へと追い込む。そしてその遺体を警察が回収。遺体は安全な食用の肉に加工され、バーガーのパテとなり、ハンバーガーとして売り出され、その街の人々の食料となっていく。この異常なリサイクルシステムこそシード・システムである。そんな街で、その電波が効かないミュータント殺人鬼が現れる。そして奴は、人間同士互いを殺させる超音波のようなものを発する。そんなミュータントに対抗するべく組織されたのが、特殊精鋭部隊:バイカーズだった・・・。

テーター・シティ 爆・殺・都・市の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督・脚本・音楽・特殊効果

ジェリオ・デ・サンティ

撮影

ステファン・バーヒー

製作年

2012年

製作国

 イタリア

出演キャスト

モニカ・ムノズ

リカルド・ヴァレンティニー

ジェリオ・デ・サンティ

こちらの作品もチェック

アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者

アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者

究極を超えた究極のバイオレンス・アクション!!

アンドロイドコップ

アンドロイドコップ

人間50% マシン50%

エイリアンVSエクソシスト

エイリアンVSエクソシスト

超強力SFホラームービー!

モンスター・ナイト

モンスター・ナイト

真月の夜、最高にイカした戦い<ショータイム>が始まる!!

ex エックス

ex エックス

ゾンビ・アクション!!

バトル・オブ・パシフィック

バトル・オブ・パシフィック

ヤツらの侵略は海からはじまる

エクソシスト リターンズ

エクソシスト リターンズ

エクソシズム/悪魔祓い×セクシーヒロイン/官能

インブレッド

インブレッド

鬼畜村の殺人オリンピック、只今開幕!

セクター5 [第5地区]

セクター5 [第5地区]

人類、侵入禁止。

エリア・オブ・ザ・デッド

エリア・オブ・ザ・デッド

生き残るためのサバイバルが始まる―

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン

総員出撃!死ぬまで戦え!

ターミネーター4

ターミネーター4

人類か機械か、決着をつける時が来た!

(C)2012 Giulio De Santi and Necrostorm