『きんいろモザイク Pretty Days』予告編

『きんいろモザイク Pretty Days』予告編

どこにでもあるようで、世界に一つしかない
 彼女たちだけの大切な日常――プリティ*デイズ!

2016年11月12日(土)より新宿バルト9ほか全国の劇場にて上映!!

<上映劇場> 札幌シネマフロンティア、TOHOシネマズ 仙台、新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋、T・ジョイPRINCE品川、横浜ブルク13、川崎チネチッタ、T・ジョイ蘇我、MOVIXさいたま、109シネマズ名古屋、梅田ブルク7、TOHOシネマズ なんば、T・ジョイ京都、OSシネマズ神戸ハーバーランド、広島バルト11、T・ジョイ博多(予定)

配信開始日:2016年11月04日

『きんいろモザイク Pretty Days』予告編の動画まとめ一覧

『『きんいろモザイク Pretty Days』予告編』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

「きんいろモザイク Pretty Days」予告編

レンタルする

「きんいろモザイク Pretty Days」予告編

無料

「きんいろモザイク Pretty Days」予告編
視聴時間:00:15

イギリスからやってきた高校生、アリス・カータレット!
大親友・大宮忍の家にホームステイしています。
アリスに忍、凸凹コンビの小路綾と猪熊陽子、アリスを追いかけてきた
もう一人のイギリス人留学生・九条カレンたち仲良し5人組は
高校2年生の秋を迎えます!

アリスと忍、二人一緒に玄関をくぐれば
朝日に照らされてキラキラ輝く通学路。
通い慣れた道を小走りに駆けていって、
いつもの駅前でいつものメンバーと待ち合わせ。
綾に陽子、そしてカレンが笑顔でアリスたちを迎えます。
どこにでもあるようで、世界に一つしかない
彼女たちだけの大切な日常――プリティ*デイズ!

二度目の学校祭が近づいてきたこの頃、忍の様子がちょっとおかしい!?
「このところ、なんだか朝が眠くて……」
いつものんびりしている忍ですが、クラスの演劇で
脚本&衣装のリーダーを任され、頑張りすぎているみたいです。
違うクラスのアリスと陽子も、その様子は気にかけているけれど……
果たして忍たちの劇は無事成功するのか、どうなる学校祭当日!?

『きんいろモザイク Pretty Days』予告編の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

原作

原悠衣

監督

天衝

副監督

名和宗則

脚本

高橋龍也

キャラクターデザイン

植田和幸

総作画監督

植田和幸

色彩設計

木村聡子

色彩設計監修

歌川律子

美術監督

柴田千佳子

撮影監督

熊澤祐哉

音響監督

明田川 仁

音楽

川田瑠夏

音楽制作

フライングドッグ

音響制作

マジックカプセル

プロデュース

GENCO

制作

Studio五組

製作

きんいろモザイク Pretty Days製作委員会

製作年

2016年

製作国

 日本

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

ハロー!!きんいろモザイク

ハロー!!きんいろモザイク

私たちの毎日はきらきらしたきんいろです!

きんいろモザイク

きんいろモザイク

モザイクみたいにきらめく毎日、始まります!

きんいろモザイク Pretty Days

きんいろモザイク Pretty Days

どこにでもあるようで、世界に一つしかない彼女たちだけの大切な日常――プリティデイズ!

こちらの作品もチェック

ハロー!!きんいろモザイク

ハロー!!きんいろモザイク

私たちの毎日はきらきらしたきんいろです!

うらら迷路帖

うらら迷路帖

時に女神、時に魔女、占い町の乙女たち。人呼んでうらら。

あんハピ♪

あんハピ♪

5人のヒロインたちがお届けする励まし系学園コメディ

ガヴリールドロップアウト

ガヴリールドロップアウト

駄天使、降臨。

のんのんびより りぴーと

のんのんびより りぴーと

ウチ、またみんなに会えるのん?

三者三葉

三者三葉

荒井チェリーの名作が満を持してアニメ化!!!

きんいろモザイク

きんいろモザイク

モザイクみたいにきらめく毎日、始まります!

NEW GAME!

NEW GAME!

はたらくって、青春だ。

この美術部には問題がある!

この美術部には問題がある!

この夏一番おもしろい文化部青春ラブコメ

セイレン

セイレン

誰も知らない君と恋をする セイレンカレンな彼女たちとのラブストーリー

ハイスクール・フリート

ハイスクール・フリート

海に生き、海を守り、海を往く――それがブルーマーメイド!

終末のイゼッタ

終末のイゼッタ

ひめさまが約束してくれるなら、わたしはひめさまのために戦います。最後の魔女として。

(C)原悠衣・芳文社/きんいろモザイク Pretty Days製作委員会