うつくしいひと/うつくしいひと サバ?

うつくしいひと/うつくしいひと サバ?

熊本出身の行定監督と高良健吾・橋本愛ら俳優による熊本の美しい自然と愛に溢れた珠玉の中編映画!

行定監督が地元熊本に捧げた『うつくしいひと』『うつくしいひと サバ?』の2本の映画を収録!
本作品を手掛けた行定監督は、『GO』(01)で日本アカデミー賞最優秀監督賞など数々の賞を受賞し、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)は興行収入85億円の大ヒットを記録。『パレード』(10)はベルリン国際映画祭パノラマ部門で国際批評家連盟賞を受賞するなど、世界中から高い評価を受けている。その後の監督作に、『ナラタージュ』(17)、『リバースエッジ』(18)などがある。
『うつくしいひと』は、行定勲監督が同県の地域創生を目的とした「くまもと映画プロジェクト」のために手がけた中編作品で、監督のほか、橋本愛、高良健吾ら出演者も熊本県出身者で、熊本城や夏目漱石旧居、江津湖、菊池渓谷など、同県の名所旧跡で撮影された。『うつくしいひと』の完成後の2016年4月に熊本地震が発生し、全国200ヶ所以上でチャリティ上映が行われ、支援の輪が広がった。その後、監督は大きな被害を受けた同県の復興に向けて、熊本城や阿蘇大橋、阿蘇神社、益城町など被災地での撮影を敢行し、『うつくしいひと』の続編となる『うつくしいひと サバ?』が完成。2017年4月に行われた「くまもと復興映画祭」でプレミア上映された。前作に続いての出演となった高良健吾、米村亮太朗をはじめ、中別府葵、中原丈雄ら熊本出身のキャストが多数出演している。
偶然にも地震の前年に撮られ、熊本城は震災前の最新の映像として記録に残った『うつくしいひと』。震災後の傷ついた街並みや風景、それでも復興しようと頑張る“今の熊本”のありのままの姿を写した『うつくしいひと サバ?』。副題である「サバ?」とはフランス語で「元気?」や「大丈夫?」の意味があり、熊本へのエールが込められている。震災前の美しい熊本の姿・震災後のありのままの熊本の姿…2つの熊本を映した記録映画にもなっている本作は必見である。

配信開始日:2018年06月02日

うつくしいひと/うつくしいひと サバ?の動画まとめ一覧

『うつくしいひと/うつくしいひと サバ?』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

うつくしいひと/うつくしいひと サバ?

レンタルする

うつくしいひと/うつくしいひと サバ?

440 pt

うつくしいひと/うつくしいひと サバ?
視聴期間: 2日間 440 pt
視聴時間:01:25:58

<『うつくしいひと』STORY>
本屋と喫茶店が一緒になった店でアルバイトをする女子大生・透子は、友人の田上から自分の母親の鈴子が怪しい男につけられていたと聞かされる。慌てて母親のもとに行くと、それらしき男の姿が。その夜、透子と鈴子は、高校生だった鈴子を主演に亡き父が撮影した未完の8ミリ映画を、一緒に観賞する。次の日、透子は私立探偵の玉屋に母親のボディーガードを依頼する。玉屋はその前日に重大な事件が絡んだ依頼を受けていたものの、透子と共に彼女の母親のもとへ足を運ぶ。

<『うつくしいひと サバ?』STORY>
私立探偵の玉屋末吉と田上は、地震の被災地でさまよう外国人のマチューと出会うが、言葉が通じない。唯一聞き取れたのは「サバ」という一言だけ。それでも、仲間の助けでマチューが亡き妻の遺骨を義父の義晴に届けるためフランスからやってきたということが分かる。マチューはやがて義晴のもとにたどり着くが、義晴の心は震災で深く傷ついていた。

うつくしいひと/うつくしいひと サバ?の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

行定勲

脚本

行定勲、堀泉杏

製作年

2016年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

光

あなたと見つめる今日がこんなにも、いとしい

今夜、ロマンス劇場で

今夜、ロマンス劇場で

運命なんて飛び越えて、私はあなたに逢いにいく。

蝶の眠り

蝶の眠り

あなたが大切な人に残したい”記憶”は何ですか?

嘘を愛する女

嘘を愛する女

愛さえも、嘘ですか?

50回目のファーストキス

50回目のファーストキス

君を絶対、幸せにする。君が明日、僕を覚えていなくても――

寝ても覚めても

寝ても覚めても

違う名前、違うぬくもり、でも同じ顔。運命の人は二人いた。

二重生活

二重生活

理由なき尾行、はじめました。

億男

億男

お金とは何か?幸せはどこか?

男と女

男と女

狂おしいほど切ない禁断の愛。この衝動は抑えられない――。

溺れるナイフ

溺れるナイフ

最旬キャストで贈る【一生に一度】のラブストーリー

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

君と過ごせば、どんな日だって、大好きな日。

潔く柔く きよくやわく

潔く柔く きよくやわく

大切な人を失っても、人はまた愛することができるのでしょうか。

(C)2016くまもと映画製作実行委員会(C)2017 SSTF