生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。

自分という存在を誰かにわかってほしい。他者とのつながりを求める現代の若者たちの心情をリアルに綴る、エモーショナルな ラブストーリー。

★【原作】本谷有希子×【主演】趣里×【監督】関根光才! 原作は2006年に劇作家・小説家の本谷有希子が発表した同名小説。過剰な自意識に振り回されて自分自身すらコントロールできず、現実との折り合いが上手くつけられない女性の葛藤を疾走感あふれる文体でコミカルに描く。そんな自分にも他人にも嘘がつけず、真っ直ぐすぎるゆえにエキセントリックな言動に走ってしまうヒロインの寧子を、「ブラックペアン」での好演も記憶に新しい趣里が演じ、繊細な危うさと感情豊かな力強さを体現、圧巻の演技力を魅せる。そして監督を務める関根光才は、本作が劇場長編映画デビュー。CMやMVディレクターとして培った映像センスをともないつつ、フィルムの質感にこだわり16mmのカメラで撮影、フィルムならではの美しい映像にも注目。
★菅田将暉ほか豪華実力派俳優陣が、個性的なキャラクターを好演! 寧子の相手、津奈木役には第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた菅田将暉。優しさと無関心がない交ぜになった男の肖像を等身大の存在感で魅せる。また、津奈木の元・恋人で津奈木を取り戻そうとする安堂に仲 里依紗、寧子が働くカフェバ ーの店長夫妻に田中哲司&西田尚美、津奈木の上司に松重豊、同僚には映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17)の石橋静河らが扮するなど、豪華俳優陣が脇を固める。
★現代の若者たちの心情をリアルに綴る、エモーショナルなラブストーリー! 私という存在を誰かにわかって欲しい、誰かと繋がりたいという強烈な叫び。リアルとバーチャルが混在する社会で、ありのままの自分を愛すること、他者とのつながりを求めること、今を懸命に生きる若者たちの心情をリアルに綴る!

配信開始日:2019年05月10日

生きてるだけで、愛。の動画まとめ一覧

『生きてるだけで、愛。』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

生きてるだけで、愛。

レンタルする

生きてるだけで、愛。

440 pt

生きてるだけで、愛。
視聴期間: 2日間 440 pt
視聴時間:01:49:00

過眠症で引きこもり気味の寧子(趣里)は、ゴシップ雑誌の編集部に勤める恋人・津奈木(菅田将暉)の部屋で同棲生活を送っている。アルバイトは続いた試しがなく現在無職。感情を上手くコントロールできない自分に嫌気が差しているものの、どうすれば良いか分からず、津奈木に当たり散らす日々。そんな自分になんの反応も示さず、関心が無いかのような津奈木にも不満が募るばかり。津奈木は、仕事に対しこれまで無気力にこなすだけだったが、少しずつ心境に変化が訪れていた。そんなある日、寧子の元に突然、津奈木の元恋人・安堂(仲 里依紗)が現れる。津奈木とヨリを戻したい安堂は、寧子を津奈木の部屋から追い出そうと、自立させるため無理矢理カフェバーのアルバイトを決めてしまう。はじめは嫌がっていたものの、自分を受け入れてくれる店の人たちへ寧子は次第に心を開くようになる。しかし、些細な事がきっかけで、店を飛び出してしまう。ちょうど同じ頃、津奈木は入稿間際の原稿を巡って上司に反発し、ある行動に出る―。

生きてるだけで、愛。の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

原作

本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)

監督・脚本

関根光才

エンディング・テーマ

世武裕子『1/5000』(ポニーキャニ オン)

製作年

2018年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

イノセント15

イノセント15

15歳、人を愛せると思っていた。15歳、人を愛したことは無かった。

寝ても覚めても

寝ても覚めても

違う名前、違うぬくもり、でも同じ顔。運命の人は二人いた。

ナラタージュ

ナラタージュ

壊れるくらい、あなたが好きでした。 許されない、けれどすべてを捧げた恋――。あなたは一番好きだった人を思い出す。

嘘を愛する女

嘘を愛する女

愛さえも、嘘ですか?

人魚の眠る家

人魚の眠る家

娘を殺したのは、私でしょうか。

愛がなんだ

愛がなんだ

全部が好き。でも なんでだろう、私は彼の恋人じゃない。

SUNNY 強い気持ち・強い愛

SUNNY 強い気持ち・強い愛

青春と、再会する。

二重生活

二重生活

理由なき尾行、はじめました。

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのように

ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

フォルトゥナの瞳

フォルトゥナの瞳

愛か死か。その選択にあなたは涙する――

となりの怪物くん

となりの怪物くん

この怪物に出会うまで、私たちはみんな独りだった。

(C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会