日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「地獄小僧」

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「地獄小僧」

墓から蘇った愛する息子が人を襲い、死肉を食らう・・・。
映画化不可能と言われた名作「地獄小僧」を完全映像化!

配信開始日:2012年06月08日

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「地獄小僧」の動画まとめ一覧

『日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「地獄小僧」』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「地獄小僧」

レンタルする

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「地獄小僧」

330 pt

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「地獄小僧」
視聴期間: 3日間 330 pt
視聴時間:50:50

愛する息子、円間大雄を交通事故で亡くしたせつ。名医と謳われるせつでも、事故で首を飛ばされた大雄を救う事は不可能であった。悲しみに暮れ、参加した葬儀に現われた怪しげな老婆は白い牙手にこう言った。「坊ちゃんと同じ年頃の子供の首をこの牙で切って、血を墓に注ぐのです」 そうすれば大雄は生き返ると言った老婆の話を信じ、同年代の子供の生き血を墓石に注ぐ。老婆の言うとおり、大雄は現世に蘇ったが、大雄の体はすでに腐乱が始まり、その姿はまるで化け物のようであった。せつは大雄を人間に戻す為、罪のない人間を次々と殺し臓器を大雄に移植し始める。しかし、移植は成功せず、大雄は化け物となり、人を襲い、殺し始める。やがて警察の捜査が大雄の元に伸び、捜査の手から逃れる為、逃亡する大雄とせつ。逃亡の途中で、倒れこんだせつに「殺してください」と懇願する大雄。せつが優しく微笑み、大雄を抱きしめた。大雄は甘える子供のようにせつに顔を寄せ、首筋の肉を食いちぎった……そして!

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「地獄小僧」の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

あらすじ

日本を代表するカルトホラー漫画の第一人者・日野日出志の実写映画化!

スタッフ・作品情報

原作

日野日出志

監督

安里麻里

製作年

2005年

製作国

 日本

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「オカルト探偵団死人形の墓場」

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「オカルト探偵団死人形の墓場」

オカルト研究会の部員達が遭遇する恐怖を描く

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場 爛れた家~「蔵六の奇病」より~

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場 爛れた家~「蔵六の奇病」より~

日野日出志の処女作を映像化!

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「怪奇!死人少女」

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「怪奇!死人少女」

傷口から徐々に自分の体が腐敗していく

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「わたしの赤ちゃん」

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「わたしの赤ちゃん」

脚本の世界と酷似する現実に、錯乱状態に陥る

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「恐怖列車」

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「恐怖列車」

悪夢と現実に困惑していく3人の女子高生

こちらの作品もチェック

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「怪奇!死人少女」

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「怪奇!死人少女」

傷口から徐々に自分の体が腐敗していく

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「オカルト探偵団死人形の墓場」

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「オカルト探偵団死人形の墓場」

オカルト研究会の部員達が遭遇する恐怖を描く

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場 爛れた家~「蔵六の奇病」より~

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場 爛れた家~「蔵六の奇病」より~

日野日出志の処女作を映像化!

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「恐怖列車」

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「恐怖列車」

悪夢と現実に困惑していく3人の女子高生

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「わたしの赤ちゃん」

日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「わたしの赤ちゃん」

脚本の世界と酷似する現実に、錯乱状態に陥る

エクスリベンジャーズ ひきこさん ミ・ナ・ゴ・ロ・シ

エクスリベンジャーズ ひきこさん ミ・ナ・ゴ・ロ・シ

人気ホラー第3弾!

CYCLE -サイクル-

CYCLE -サイクル-

「東京・オブ・ザ・デッド」に続く最新作!!

投稿されてきた!呪いの心霊映像6

投稿されてきた!呪いの心霊映像6

心霊映像集の決定版!あなたは心霊現象を見たことがあるだろうか?

トリハダ ‐劇場版‐

トリハダ ‐劇場版‐

夜ふかしのあなたにゾクッとする話を…

グレイヴ・エンカウンターズ2

グレイヴ・エンカウンターズ2

全世界を絶叫させた恐怖映像。ついに、その謎が明らかになる!!

人間狩り

人間狩り

ナニカ、イル…!

エリア・オブ・ザ・デッド

エリア・オブ・ザ・デッド

生き残るためのサバイバルが始まる―

(C)怪奇劇場フィルムパートナーズ