見放題で視聴
ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。
アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄

アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄

地獄の門がまた開かれる・・・

現代ドイツの常識に真っ向から挑んだ問題作!!
ドイツ批評家は黙殺!さらにベルリン国際映画祭が出品拒否!!
「ダルフール・ウォー熱砂の虐殺」でスーダンの大虐殺を描き、あのNY国際インディペンデント映画祭で最優秀監督賞を受賞したウーヴェ・ボル。彼が次作に選んだ本作は、ドイツの若者の中で薄れゆくナチスの記憶を描いている。ドイツで行われた残虐行為は忘れられていくのか?ボルが世界に問題提起したこの意欲作は、ドイツ人を「悪し様に描いている」として、ベルリン国際映画祭に出品を拒否されてしまった。

ヒトラーの演説収録!さらに子どもと戯れる姿も激撮!!
今尚、圧倒的な影響力を持つ悪のカリスマ・ヒトラー。本作に収録されている演説は、ドイツ・アーリア人がいかに優秀で、アーリア理想郷たるドイツは君らの努力(民族浄化)にかかっているという内容だ。側近であるヒムラーやゲッペルスの姿も垣間見られる!

ユダヤ殲滅という妄想にとり憑かれ建設された死の工場「アウシュビッツ」
犠牲者の数はいまだに特定されず推定120万人・・・!
ナチス帝国の礎となった「アーリア至上主義」。「アウシュビッツ強制収容所」とはヒトラーが夢見た「アーリア理想郷」を実現するために作られた。終戦後、「罪を忘れない」ためにユネスコが「負の世界遺産」のひとつとして認定。今もその姿を保っている。

配信開始日:2014年02月21日

アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄の動画まとめ一覧

『アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄

レンタルする

アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄

324ポイント

アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄
視聴期間: 7日間 324ポイント
視聴時間:01:13:53

作品を発表するたび賛否両論の嵐を巻き起こしながらも、コンスタントに映画を製作し、確実にファンを増やし続けているドイツの映画監督・俳優ウーヴェ・ボル。彼は前作「ダルフール・ウォー熱砂の虐殺」での熱が冷めやらぬ間に、第二次大戦時の独裁者ヒトラーや、人類浄化計画を目的に建設したアウシュビッツ「地獄の門」に関する構想を描き始めていた。その矢先、現代ドイツの若者がアウシュビッツの存在を否定する現場に遭遇、ボルを愕然とさせる。このままでは「アウシュビッツ」はなかったことにされてしまう!「誰も教えないなら、俺が教えてやる!」本作はそんな彼の決意表明から始まる。現役高校生へのインタビューと並行し、アウシュビッツでの情景が再現として繰り広げられる。「列車からガス室までの過程である、収容所の〝普通の"一日を描いた」というボル監督だが、ショッキングな映像を、あなたは最後まで見届けることができるだろうか?

アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

ウーヴェ・ボル

製作年

2010年

製作国

 ドイツ

出演キャスト

ウーヴェ・ボル

ウーヴェ・ボル

マクシミリアム・ガートナー

フリードヘルム・ガートナー

こちらの作品もチェック

ナチスの墓標 レニングラード捕虜収容所

ナチスの墓標 レニングラード捕虜収容所

そこは鉤十字終焉の地。耐え抜くか、朽ち果てるか―

終戦のエンペラー

終戦のエンペラー

あなたはまだ、本当の日本を知らない―

レッド・ドーン

レッド・ドーン

北朝鮮、アメリカ全土占領

2012

2012

世界の余命、2年──。

フィフス・エレメント

フィフス・エレメント

超大作SFアクション!

新・フランケンシュタイン

新・フランケンシュタイン

ただいま。

投稿されてきた!呪いの心霊映像6

投稿されてきた!呪いの心霊映像6

心霊映像集の決定版!あなたは心霊現象を見たことがあるだろうか?

アポロ18

アポロ18

NASAが月に行かなくなった本当の理由が、今明かされる。

ex エックス

ex エックス

ゾンビ・アクション!!

デビルマン

デビルマン

裏切り者の名を受けて戦う男 魔界の勇者・デビルマン降臨!

操り人間

操り人間

切ってつなげて、繋いできって

エンド・オブ・ホワイトハウス

エンド・オブ・ホワイトハウス

ホワイトハウス、陥落。

(C)2010 BLR3 Filmproduktions GmbH & Co. KG