夫婦善哉

こちらの作品は
NHKまるごと見放題パック対象です

夫婦善哉

大阪が生んだ文豪・織田作之助生誕100年の節目に、その代表作である名作『夫婦善哉』を、最高のキャスト・スタッフで初の連続ドラマ化。

『夫婦善哉』の動画一覧

本編

1回 芸妓とぼんちが出会うて惚(ほ)れて ああしてこうしてこうなった

  • 58分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

貧しい一銭天ぷら屋の娘・蝶子(尾野真千子)は、親の反対を押し切って憧れの芸妓(げいこ)となったのもつかの間、化粧品問屋のぼんぼん・柳吉(森山未來)と出会い、恋に落ちる。放とうざんまいに怒り、父・半兵衛(岸部一徳)は柳吉を勘当。蝶子と柳吉は駆け落ちするが…。柳吉に何度も裏切られ、“踏んだり蹴ったり”の人生だが、蝶子は愛と機転で乗り越えていく。ダメな男とアホな女の笑って泣ける流転人生が始まる。

2回 親の愛でも手切れ金でも切れぬ心が仇(あだ)となる

  • 58分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

蝶子(尾野真千子)と柳吉(森山未來)は、関東煮屋を始める。二人で精を出す毎日が蝶子は幸せだったが、柳吉は妹・藤子(田畑智子)が婿養子・桐介(大東駿介)を迎え、父・半兵衛(岸部一徳)が完全に自分を切り捨てたことを知る。さらに、蝶子の母・お辰(根岸季衣)が倒れ、柳吉も腎臓を患って入院。手術代がかさみ、蝶子は店を売りに出す。母の死に目にも会えず、再びヤトナで働く蝶子のもとに父・種吉(火野正平)が現れる。

3回 死んでも治らんあほな女が死んでも遂げたいあほな夢

  • 58分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

蝶子(尾野真千子)は、かつての同僚・金八(佐藤江梨子)の援助で、「サロン蝶柳」という名のカフェーを開き、柳吉(森山未來)もちゅう房で料理の腕を振るう。ある日、柳吉の妹・藤子(田畑智子)が娘・文子(青山美郷)を連れて店に現れる。喜ぶ蝶子は文子をもてなすが、女給・菊代(村川絵梨)と客とのトラブルが起こり、最悪の展開に。やがて、柳吉の父・半兵衛(岸部一徳)が危篤との知らせが。蝶子に最大の試練が訪れる。

4回 めをとぜんざいひとりでふたつ あほは二人で一人前(最終回)

  • 57分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

別府にやってきた柳吉(森山未來)と蝶子(尾野真千子)は、化粧品問屋「大阪屋」を開く。蝶子は、いつか街の中心に大きな店を開き「日本一の夫婦になる」という夢を抱く。近所の貸席「玉初」のおかみ(松田美由紀)と仲良くなった蝶子は、柳吉の遊びの監視を依頼。やがて戦争が始まり、商売も傾き始め、柳吉は行き場のない虚しさを抱える。大阪では、柳吉の娘・文子(青山美郷)が望まぬ結婚を拒み、恋に落ちた学生と駆け落ち。

PV

再生
[お試し] 1回 芸妓とぼんちが出会うて惚(ほ)れて ああしてこうしてこうなった
  • 1分未満 
  • 無料

貧しい一銭天ぷら屋の娘・蝶子(尾野真千子)は、親の反対を押し切って憧れの芸妓(げいこ)となったのもつかの間、化粧品問屋のぼんぼん・柳吉(森山未來)と出会い、恋に落ちる。放とうざんまいに怒り、父・半兵衛(岸部一徳)は柳吉を勘当。蝶子と柳吉は駆け落ちするが…。柳吉に何度も裏切られ、“踏んだり蹴ったり”の人生だが、蝶子は愛と機転で乗り越えていく。ダメな男とアホな女の笑って泣ける流転人生が始まる。
再生
[お試し] 2回 親の愛でも手切れ金でも切れぬ心が仇(あだ)となる
  • 1分未満 
  • 無料

蝶子(尾野真千子)と柳吉(森山未來)は、関東煮屋を始める。二人で精を出す毎日が蝶子は幸せだったが、柳吉は妹・藤子(田畑智子)が婿養子・桐介(大東駿介)を迎え、父・半兵衛(岸部一徳)が完全に自分を切り捨てたことを知る。さらに、蝶子の母・お辰(根岸季衣)が倒れ、柳吉も腎臓を患って入院。手術代がかさみ、蝶子は店を売りに出す。母の死に目にも会えず、再びヤトナで働く蝶子のもとに父・種吉(火野正平)が現れる。
再生
[お試し] 3回 死んでも治らんあほな女が死んでも遂げたいあほな夢
  • 1分未満 
  • 無料

蝶子(尾野真千子)は、かつての同僚・金八(佐藤江梨子)の援助で、「サロン蝶柳」という名のカフェーを開き、柳吉(森山未來)もちゅう房で料理の腕を振るう。ある日、柳吉の妹・藤子(田畑智子)が娘・文子(青山美郷)を連れて店に現れる。喜ぶ蝶子は文子をもてなすが、女給・菊代(村川絵梨)と客とのトラブルが起こり、最悪の展開に。やがて、柳吉の父・半兵衛(岸部一徳)が危篤との知らせが。蝶子に最大の試練が訪れる。
再生
[お試し] 4回 めをとぜんざいひとりでふたつ あほは二人で一人前(最終回)
  • 1分未満 
  • 無料

別府にやってきた柳吉(森山未來)と蝶子(尾野真千子)は、化粧品問屋「大阪屋」を開く。蝶子は、いつか街の中心に大きな店を開き「日本一の夫婦になる」という夢を抱く。近所の貸席「玉初」のおかみ(松田美由紀)と仲良くなった蝶子は、柳吉の遊びの監視を依頼。やがて戦争が始まり、商売も傾き始め、柳吉は行き場のない虚しさを抱える。大阪では、柳吉の娘・文子(青山美郷)が望まぬ結婚を拒み、恋に落ちた学生と駆け落ち。

この作品をみた人はこちらもみています