『吉原裏同心』の動画一覧

本編

1回 希望の光

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

下級武士・神守幹次郎(小出恵介)は、夫・荘五郎(皆川猿時)から理不尽な扱いを受けていた幼なじみ・汀女(貫地谷しほり)を救い出し三年の放浪の後、江戸・吉原へ向かう。無理やり荘五郎の手下に入れられてしまった、汀女の弟・信一郎(上遠野太洸)を救い出すためだ。待ち構えていた荘五郎一派に立ち向かう幹次郎の剣の腕を陰から見ていたのが、吉原の治安を守る自警団・四郎兵衛会所の頭取である四郎兵衛(近藤正臣)だった。

2回 守りたい人

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

剣の腕を生かし吉原裏同心になってほしいとの四郎兵衛(近藤正臣)の申し出を幹次郎(小出恵介)は断る。一方、汀女(貫地谷しほり)は、遊女たちに読み書きを教えるようになるが遊女・梅園(奥菜恵)の作った俳諧に不穏なものを感じる。借金の形に妹が売られるのを防ぎたい梅園は、昔なじみの悪党・藤兵衛(山口馬木也)がたくらむ吉原での火事場泥棒の片棒を担ごうとしていた。幹次郎と汀女は梅園に思いとどまらせようとする。

3回 許せぬ奉行

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

吉原裏同心として働く決意をした幹次郎(小出恵介)は、吉原を視察に来た南町奉行・村山(ダンカン)に卵をぶつけた犯人を捜す中、遊女・きく(富田靖子)に行きつく。きくは昔、村山が身請けして妾(めかけ)にしようとした時、頑として聞き入れなかった。きくには好きな男・喜助(天宮良)がいると知った村山は、無実の罪をかぶせ喜助を江戸所払いにしたのだ。幹次郎はきくと喜助が村山への恨みを晴らそうとしていることを知る。

4回 年季明け

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

遊女・おかん(高橋由美子)となじみ客の大工・幸助(おかやまはじめ)が心中未遂事件をおこした。おかんの年季明けに一緒になる約束をしていた二人だが、年季が明けるなり、おかんの借金の証文を見世の主・徳蔵(近童弐吉)が出してきたのだ。字の読み書きの出来ないおかんの代わりに証文を書いたなじみ客・喜兵衛は、突然おかんの身うけを申し出て幸助を慌てさせる。幹次郎(小出恵介)は徳蔵と喜兵衛が組んでいるのではと疑う。

5回 父と娘

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

薄墨太夫(野々すみ花)の元にまだ少女の面影を残したおけい(宮武美桜)が遊女になりたいと現れる。父・谷平(柳沢慎吾)の借金のかたとして吉原に売られる前に自ら来たというおけい。しかし谷平が現れ、金の算段がついたという。ばくちには手を出すなと谷平に釘をさす幹次郎(小出恵介)。しかし、谷平は悪質な女衒(ぜげん)・庄助の企みによりまたばくちに手を出してしまい、おけいを本当に売らなければいけなくなってしまう。

6回 隠しごと

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

文に毒をつけてなじみ客・清右衛門(市川しんぺー)を殺害した容疑で、売れっ子遊女・雛菊(徳永えり)が連行される。先輩の遊女・鞆世(黒谷友香)は雛菊を救って欲しいと幹次郎(小出恵介)に頼み込む。雛菊と会って無実を確信した幹次郎は、文を運んだ正五郎(三浦祐介)を捜すが、雛菊と恋仲である事を示す遺書を残し、死んでいた。雛菊への疑いが深まる中、幹次郎は清右衛門に恨みを持つ番頭・茂蔵(半海一晃)にたどり着く。

7回 いいなずけ

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

薄墨太夫(野々すみ花)をひそかに付け狙う男が現れた。四郎兵衛(近藤正臣)が心当たりを聞いたところ、薄墨太夫はもともと武家の娘で、いいなずけがいたという過去が明らかに。家庭の不幸のため、自ら吉原へ来た薄墨太夫。四郎兵衛の指示で幹次郎(小出恵介)が警護をすることになった。やがてその男は昔のいいなずけの弟・鋭三郎(辻本佑樹)だとわかる。薄墨太夫の願い通り、幹次郎は鋭三郎を殺さずに捕らえようとするが…。

8回 覚悟あり

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

穀物問屋の武七(篠井英介)と息子・公太(浜田学)は、吉原会所の乗っ取りを計画していた。浪人を雇い四郎兵衛(近藤正臣)の命を狙うが、幹次郎(小出惠介)が立ちはだかる。公太は、幹次郎と汀女(貫地谷しほり)が一緒に居るのを目撃。すると汀女が一人になったのを狙い誘拐する。汀女を探す幹次郎の前に公太が現れ「女房を返して欲しけりゃ、四郎兵衛を殺せ」と脅す。一方、汀女が書いた手紙の切れ端が吉原の外で見つかる。

9回 明日の幸せ

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

遊女・柳里(星野真里)は身請け話が決まり、吉原を出て幸せになろうとしていた。ところが、手習いに来た柳里は、汀女(貫地谷しほり)の前で泣き始める。三年前に一緒になる約束をした徹三郎(千葉哲也)が、身請け話を聞いて殺しに来ると言う。汀女が幹次郎(小出恵介)に相談をしていると、相庵(林隆三)の診療所に、仙右衛門(山内圭哉)がぎっくり腰で吉原から運ばれてくる。これを見た汀女は、柳里を助ける方法を思いつく。

10回 姉の願い

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

遊女・小春(馬渕英俚可)の心中事件に駆けつけた幹次郎(小出恵介)。小春はまだ息があり「文吉…」と言い息絶える。小春は「もうじきいいことがある」と周囲に話していた。それは弟の婚礼だった。さらに小春は「弟に渡すお金を預かってほしい」と薄墨太夫(野々すみ花)に渡していた。幹次郎は、弟思いの小春が心中した事に疑念を抱く。一方、会所で小春の弟・文吉(内野謙太)が「婚礼は姉を安心させる為のうそだ」と告白する。

11回 かたき討ち

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

与五郎(豊原功補)へのかたき討ちを取りしきることになった会所。溝呂木忠也(佐野和真)は父・六兵衛(村野武範)を殺されたかたき討ちで与五郎を探し回りやっと見つけた。追われる身の与五郎を他人に思えない幹次郎(小出惠介)。忠也は腕の良い助っ人を雇っていると聞き、ひきょうに思う幹次郎は与五郎の助っ人に。かたき討ちの朝、会所が追うスリの集団が現れる。吉原へ行くか悩む幹次郎に与五郎は仕事へ行けと促す。

12回 我が町(最終回)

  • 42分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

幹次郎(小出惠介)は、越中山岡藩から剣術の指南を頼まれる。吉原へは恩義があり、江戸を離れるのを悩む幹次郎と汀女(貫地谷しほり)。そのころ、四郎兵衛(近藤正臣)の所に、会所頭取の座を狙う勘助(原田大二郎)が来ていた。越中行きを聞いた四郎兵衛は、剣の道を教える仕事は幹次郎にふさわしいと話を受けるよう勧める。旅立ちの日、吉原を名残惜しむ二人。そして勘助は、腕の立つ幹次郎の不在を狙って、吉原を襲いに来た。

「新春吉原の大火」

  • 88分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

佐伯泰英原作の人気シリーズ「吉原裏同心」スペシャル版。神守幹次郎(小出恵介)と妻・汀女(貫地谷しほり)は吉原で3度目の正月を迎えていた。1年でもっとも華やかなおいらん道中を一目見ようという人々でにぎわう中、事件は起こる。吉原きっての人気おいらん・香瀬川太夫が道中の直後、こつ然と姿を消したのだ。実は遊女が突然姿を消したのは、今回が初めてではなかった。幹次郎はこの前代未聞の失踪事件を解決できるのか?

PV

再生
[お試し] 1回 希望の光
  • 1分未満 
  • 無料

下級武士・神守幹次郎(小出恵介)は、夫・荘五郎(皆川猿時)から理不尽な扱いを受けていた幼なじみ・汀女(貫地谷しほり)を救い出し三年の放浪の後、江戸・吉原へ向かう。無理やり荘五郎の手下に入れられてしまった、汀女の弟・信一郎(上遠野太洸)を救い出すためだ。待ち構えていた荘五郎一派に立ち向かう幹次郎の剣の腕を陰から見ていたのが、吉原の治安を守る自警団・四郎兵衛会所の頭取である四郎兵衛(近藤正臣)だった。
再生
[お試し] 2回 守りたい人
  • 1分未満 
  • 無料

剣の腕を生かし吉原裏同心になってほしいとの四郎兵衛(近藤正臣)の申し出を幹次郎(小出恵介)は断る。一方、汀女(貫地谷しほり)は、遊女たちに読み書きを教えるようになるが遊女・梅園(奥菜恵)の作った俳諧に不穏なものを感じる。借金の形に妹が売られるのを防ぎたい梅園は、昔なじみの悪党・藤兵衛(山口馬木也)がたくらむ吉原での火事場泥棒の片棒を担ごうとしていた。幹次郎と汀女は梅園に思いとどまらせようとする。
再生
[お試し] 3回 許せぬ奉行
  • 1分未満 
  • 無料

吉原裏同心として働く決意をした幹次郎(小出恵介)は、吉原を視察に来た南町奉行・村山(ダンカン)に卵をぶつけた犯人を捜す中、遊女・きく(富田靖子)に行きつく。きくは昔、村山が身請けして妾(めかけ)にしようとした時、頑として聞き入れなかった。きくには好きな男・喜助(天宮良)がいると知った村山は、無実の罪をかぶせ喜助を江戸所払いにしたのだ。幹次郎はきくと喜助が村山への恨みを晴らそうとしていることを知る。
再生
[お試し] 4回 年季明け
  • 1分未満 
  • 無料

遊女・おかん(高橋由美子)となじみ客の大工・幸助(おかやまはじめ)が心中未遂事件をおこした。おかんの年季明けに一緒になる約束をしていた二人だが、年季が明けるなり、おかんの借金の証文を見世の主・徳蔵(近童弐吉)が出してきたのだ。字の読み書きの出来ないおかんの代わりに証文を書いたなじみ客・喜兵衛は、突然おかんの身うけを申し出て幸助を慌てさせる。幹次郎(小出恵介)は徳蔵と喜兵衛が組んでいるのではと疑う。
再生
[お試し] 5回 父と娘
  • 1分未満 
  • 無料

薄墨太夫(野々すみ花)の元にまだ少女の面影を残したおけい(宮武美桜)が遊女になりたいと現れる。父・谷平(柳沢慎吾)の借金のかたとして吉原に売られる前に自ら来たというおけい。しかし谷平が現れ、金の算段がついたという。ばくちには手を出すなと谷平に釘をさす幹次郎(小出恵介)。しかし、谷平は悪質な女衒(ぜげん)・庄助の企みによりまたばくちに手を出してしまい、おけいを本当に売らなければいけなくなってしまう。
再生
[お試し] 6回 隠しごと
  • 1分未満 
  • 無料

文に毒をつけてなじみ客・清右衛門(市川しんぺー)を殺害した容疑で、売れっ子遊女・雛菊(徳永えり)が連行される。先輩の遊女・鞆世(黒谷友香)は雛菊を救って欲しいと幹次郎(小出恵介)に頼み込む。雛菊と会って無実を確信した幹次郎は、文を運んだ正五郎(三浦祐介)を捜すが、雛菊と恋仲である事を示す遺書を残し、死んでいた。雛菊への疑いが深まる中、幹次郎は清右衛門に恨みを持つ番頭・茂蔵(半海一晃)にたどり着く。
再生
[お試し] 7回 いいなずけ
  • 1分未満 
  • 無料

薄墨太夫(野々すみ花)をひそかに付け狙う男が現れた。四郎兵衛(近藤正臣)が心当たりを聞いたところ、薄墨太夫はもともと武家の娘で、いいなずけがいたという過去が明らかに。家庭の不幸のため、自ら吉原へ来た薄墨太夫。四郎兵衛の指示で幹次郎(小出恵介)が警護をすることになった。やがてその男は昔のいいなずけの弟・鋭三郎(辻本佑樹)だとわかる。薄墨太夫の願い通り、幹次郎は鋭三郎を殺さずに捕らえようとするが…。
再生
[お試し] 8回 覚悟あり
  • 1分未満 
  • 無料

穀物問屋の武七(篠井英介)と息子・公太(浜田学)は、吉原会所の乗っ取りを計画していた。浪人を雇い四郎兵衛(近藤正臣)の命を狙うが、幹次郎(小出惠介)が立ちはだかる。公太は、幹次郎と汀女(貫地谷しほり)が一緒に居るのを目撃。すると汀女が一人になったのを狙い誘拐する。汀女を探す幹次郎の前に公太が現れ「女房を返して欲しけりゃ、四郎兵衛を殺せ」と脅す。一方、汀女が書いた手紙の切れ端が吉原の外で見つかる。
再生
[お試し] 9回 明日の幸せ
  • 1分未満 
  • 無料

遊女・柳里(星野真里)は身請け話が決まり、吉原を出て幸せになろうとしていた。ところが、手習いに来た柳里は、汀女(貫地谷しほり)の前で泣き始める。三年前に一緒になる約束をした徹三郎(千葉哲也)が、身請け話を聞いて殺しに来ると言う。汀女が幹次郎(小出恵介)に相談をしていると、相庵(林隆三)の診療所に、仙右衛門(山内圭哉)がぎっくり腰で吉原から運ばれてくる。これを見た汀女は、柳里を助ける方法を思いつく。
再生
[お試し] 10回 姉の願い
  • 1分未満 
  • 無料

遊女・小春(馬渕英俚可)の心中事件に駆けつけた幹次郎(小出恵介)。小春はまだ息があり「文吉…」と言い息絶える。小春は「もうじきいいことがある」と周囲に話していた。それは弟の婚礼だった。さらに小春は「弟に渡すお金を預かってほしい」と薄墨太夫(野々すみ花)に渡していた。幹次郎は、弟思いの小春が心中した事に疑念を抱く。一方、会所で小春の弟・文吉(内野謙太)が「婚礼は姉を安心させる為のうそだ」と告白する。
再生
[お試し] 11回 かたき討ち
  • 1分未満 
  • 無料

与五郎(豊原功補)へのかたき討ちを取りしきることになった会所。溝呂木忠也(佐野和真)は父・六兵衛(村野武範)を殺されたかたき討ちで与五郎を探し回りやっと見つけた。追われる身の与五郎を他人に思えない幹次郎(小出惠介)。忠也は腕の良い助っ人を雇っていると聞き、ひきょうに思う幹次郎は与五郎の助っ人に。かたき討ちの朝、会所が追うスリの集団が現れる。吉原へ行くか悩む幹次郎に与五郎は仕事へ行けと促す。
再生
[お試し] 12回 我が町(最終回)
  • 1分未満 
  • 無料

幹次郎(小出惠介)は、越中山岡藩から剣術の指南を頼まれる。吉原へは恩義があり、江戸を離れるのを悩む幹次郎と汀女(貫地谷しほり)。そのころ、四郎兵衛(近藤正臣)の所に、会所頭取の座を狙う勘助(原田大二郎)が来ていた。越中行きを聞いた四郎兵衛は、剣の道を教える仕事は幹次郎にふさわしいと話を受けるよう勧める。旅立ちの日、吉原を名残惜しむ二人。そして勘助は、腕の立つ幹次郎の不在を狙って、吉原を襲いに来た。
再生
[お試し] 「新春吉原の大火」
  • 1分未満 
  • 無料

佐伯泰英原作の人気シリーズ「吉原裏同心」スペシャル版。神守幹次郎(小出恵介)と妻・汀女(貫地谷しほり)は吉原で3度目の正月を迎えていた。1年でもっとも華やかなおいらん道中を一目見ようという人々でにぎわう中、事件は起こる。吉原きっての人気おいらん・香瀬川太夫が道中の直後、こつ然と姿を消したのだ。実は遊女が突然姿を消したのは、今回が初めてではなかった。幹次郎はこの前代未聞の失踪事件を解決できるのか?

この作品をみた人はこちらもみています