ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

映画史上特筆すべき熱狂を呼び起こした『ハリー・ポッター』シリーズの主演を務め、若くして世界的なスーパーアイドルとなったダニエル・ラドクリフ。2011年の完結編『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』で大役をやり遂げた彼が、その次に挑むべき作品として数ある企画の中から自ら選び取ったのが、このブリティッシュ・ゴシック・ホラー『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』である。

原作は、栄えあるサマセット・モーム賞やウィットブレッド賞などに輝く現代イギリスの人気作家スーザン・ヒルの「黒衣の女 ある亡霊の物語」。1983年に出版されたこのベストセラー小説は、1982年にTVムービー化され、ラジオ・シリーズや舞台劇にもなった名作中の名作だ。そしてこのたび『吸血鬼ドラキュラ』(58)などの怪奇映画で一世を風靡し、『モールス』(10)で復活を果たした老舗のホラーレーベル、ハマーフィルムが、15年もの構想期間を経て執念の映画化を実現。この奇跡的なコラボレーションが実り、世界中で1億3000万ドル以上の興収を叩き出し、ホラー&スリラーのジャンルにおいて近年最も成功を収めたイギリス映画となった。

配信開始日:2018年08月24日

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館の動画まとめ一覧

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

レンタルする

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

330 pt

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:35:29

19世紀末のロンドンに暮らす若き弁護士アーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は、4年前に愛妻ステラを亡くして以来、失意のどん底に沈んでいた。そんなある日、事務所の所長から新たな仕事を命じられた彼は、ひとり息子ジョセフをロンドンに残し、田舎町クライシン・ギフォードへの出張に旅立つ。列車を乗り継いで現地に着いたアーサーに課せられたのは、最近他界したアリス・ドラブロウ夫人の“イールマーシュの館”に赴き、彼女の遺言書を見つけ出すこと。ところが沼地の島にぽつんとそびえ立つ館にはただならぬ陰鬱なムードが漂い、謎めいた“黒衣の女”が森や窓辺に出没する。やがてこの館の忌まわしい過去と、町の大勢の子供たちが相次いで変死している事実を探りあてたアーサーは、自らも恐るべき呪いの連鎖に巻き込まれていくのだった……。

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

ジェームズ・ワトキンス

製作

ブライアン・オリヴァー

脚本

ジェーン・ゴールドマン

撮影

ティム・モーリス=ジョーンズ

美術

ケイヴ・クイン

編集

ジョン・ハリス

音楽

マルコ・ベルトラミ

原作

原作『黒衣の女 ある亡霊の物語』スーザン・ヒル著(ハヤカワ文庫)

製作年

2012年

製作国

 イギリス  カナダ  スウェーデン

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

ウーマン・イン・ブラック2 死の天使

ウーマン・イン・ブラック2 死の天使

あの<イールマーシュの館>の惨劇、再び。

こちらの作品もチェック

レルムズ - 悪魔の館

レルムズ - 悪魔の館

極限の恐怖に次々と襲われる一行の運命とは・・・。

死霊館のシスター

死霊館のシスター

『死霊館』、『アナベル』の恐怖はここから始まった―。

インシディアス 最後の鍵

インシディアス 最後の鍵

そこに、誰かいる―。

エクリプス

エクリプス

日食が訪れる時。名前を呼ばれたら、あいつが来る。

ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館

ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館

引越し先の<家>で巻き起こる怪奇現象の正体とは――。

シスター

シスター

若干14歳の新人監督が世界中のホラー映画祭を熱狂させた!

ヴィクター・クロウリー/史上最凶の怪人

ヴィクター・クロウリー/史上最凶の怪人

史上最強の殺人鬼ー新たなるスラッシャー伝説が始まる

ラスト・シフト 最期の夜勤

ラスト・シフト 最期の夜勤

見ては、いけないもの・・

アルカディア

アルカディア

Rotten Tomatoes 大絶賛!驚異の97%支持を獲得した傑作SFスリラー!

ライト/オフ

ライト/オフ

電気を消したら“それ”は来る

ザ・リング リバース

ザ・リング リバース

『リング』の衝撃から20年―。 

ザ・ギフト

ザ・ギフト

全米が戦慄したサイコ・スリラー、日本上陸!

(c) 2011 SQUID DISTRIBUTION LLC, THE BRITISH FILM INSTITUTE.