王妃の紋章

王妃の紋章

   

   
王家の掟--。
憎しみ合うこと。愛しあうこと。殺しあうこと。
もっと見る

配信開始日:2021年06月11日

王妃の紋章の動画まとめ一覧

『王妃の紋章』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

各話

王妃の紋章

レンタルする

王妃の紋章

字幕

299 pt

王妃の紋章
視聴期間: 2日間 299 pt
視聴時間:01:53:48

中国、五代十国、後唐の時代。
<<菊の節句>>とも称される9月9日の重陽節--王家の人々が一堂に集まり、永久の繁栄を祈る祝祭の日を前に、遠征に出ていた王(チョウ・ユンファ)と、外地に赴いていて第二王子・傑(ジェイ・チョウ)が王宮に帰ってくる。しかし、そのめでたさとは裏腹に、王宮内に渦巻いていたのは秘密の匂いと不穏な空気・・・。

王と王妃(コン・リー)のあいだはとうの昔に冷え切っており、王妃は継子である皇太子(リウ・イェ)と長年にわたって不義の関係を続けていた。一方、病気がちな王妃をことさらに気遣い、自ら腹心の宮廷医に命じて"特別な薬"を調合させる王。それを毎日、決められた時間に、決められたとおりに飲むことが、王妃に課せられた絶対の掟。

皇太子は王妃との関係を断ち切りたいと願いながらもかなえられず、ひそかにつきあっている宮廷医の娘と王宮から脱出することを夢みている。久しぶりに母親と再開した第二王子は、明らかに衰弱している母の様子を気にかけながらも、病身を押してまで一心不乱に菊の刺繍を続けるその姿に不吉な予感を覚える。

宮廷内に密偵を放ち、自分が飲んでいる薬の中身を突き止めてもなお、薬を飲むことをやめようとしない王妃の決意。密偵を務めたのは宮廷医の妻。彼女にも王に憎みを抱く理由があった。誰もが知らぬ顔で、表面だけを取り繕い、それぞれ胸に秘めた策略を練り上げていく。それは、王家の中で唯一、汚れを知らない無邪気な存在に思えた第三王子も例外ではなかった・・・。

王妃の紋章の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

チャン・イーモウ

共同脚本

ウー・ナン、ビエン・ジーホン

製作

ビル・コン

製作年

2006年

製作国

 中国 中国の国旗  香港 香港の国旗

出演キャスト

(C) Film Partner International Inc.