ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風

死の闇が、忍び寄る。 何が起こるか、誰も知る由はない。 第68回エミー賞最多12部門受賞 世界が驚愕してやまない今最も熱い超ド級ドラマ!

『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』の動画一覧

まとめ買い

全話1話~10話

  • 字幕/吹替 
  • 30日間 2,640 pt 〜

    20%OFF

紅の女 / 故郷 / 背任者 / 異客の書 / 扉 / 血盟の血 / 砕かれし者 / 誰でもない者 / 落とし子の戦い / 冬の狂風

本編

1話 紅の女

  • 50分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第1話 「紅の女」 原題: The Red Woman (R15+相当) 脚本:デヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス 監督: ジェレミー・ポデスワ Jeremy Podeswa “黒の城(カースル・ブラック)”で腹部を刺され息絶えたジョン・スノウを発見したダヴォスは、ジョン支持派を集めアリザーに対する反撃策を練る。ラムジーの元から逃れるため塔から飛び降りたサンサとシオンは、森の中に逃げ込むが追っ手に見つかってしまう。ミアセラの帰郷を待ちわびていたサーセイだったが、帰ってきたのはジェイミーだけだった。一方、ドスラク人部族に囚われたデナーリスは自分がかつてのカール・ドロゴの妻でありドラゴンの母だと名乗るが・・・。

2話 故郷

  • 54分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第2話 「故郷」原題: Home (PG12相当) 脚本:デイヴ・ヒル 監督: ジェレミー・ポデスワ Jeremy Podeswa ブランは“三つ目の鴉”とかつてのウィンターフェルに立ち、幼少の頃の父エダード(ネッド)・スタークやホーダーの姿を目撃する。トメンは母サーセイに受罰から守れなかったことの許しを乞う。ミーリーンでは、鎖につながれたままのドラゴンが弱体化するのを危惧したティリオンがある行動に出る。ウィンターフェルではルース・ボルトンと正妻の間に男子が誕生するが・・・。“黒の城(カースル・ブラック)”では、ジョンの死を受け入れられないダヴォスがメリサンドルにある依頼をする。

3話 背任者

  • 52分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第3話 「背任者」原題: Oath Breaker (R15+相当) 脚本:デヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス 監督: ダニエル・サックハイムDaniel Sackheim メリサンドルの魔術で蘇ったジョンは、状況を理解できず茫然とする。デナーリスは、かつてのドスラク人部族の王の妻たちが暮らす村に強制連行され“寡妃の会”の女たちに取り囲まれる。ウィンターフェルでは、ボルトン家の援助を求めに来たアンバー公がラムジーにある人物を差し出す。“黒の城(カースル・ブラック)”では、謀反の罪でアリザーらが絞首刑にかけられる。自らの手でオリーをも処刑したジョンは「俺の務めは終わった」と言い残し、総帥の毛皮を脱ぎ捨て出ていく。

4話 異客の書

  • 59分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第4話 「異客の書」原題: Book of the Stranger (R15+相当) 脚本:デヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス 監督: ダニエル・サックハイムDaniel Sackheim ジョンが“黒の城(カースル・ブラック)”を出て行こうとしていた矢先、何者かが門前に到着する。高巣(アイリー)城では久々に戻ったリトルフィンガーが、兵を集めサンサを助けようとロビンに進言する。ハイ・スパローはマージェリーを牢から出し、自らの過去を語って罪について諭そうとする。サンサらと別れたシオンは鉄(くろがね)諸島に帰還する。一方、サンサらと食卓を囲むジョンの元にラムジーから脅迫状が届く。ジョラーらと逃亡するのを拒んだデナーリスは、ある奇策に打って出る。

5話 扉

  • 57分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第5話 「扉」原題: The Door (PG12相当) 脚本:デヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス 監督: ジャック・ベンダー Jack Bender サンサは突然現れたリトルフィンガーに、なぜ自分をラムジーの元に送り込んだのかと怒りをぶつける。視力を取り戻したアリアはセカンドチャンスとしてある人物を殺すようジャクェンに命じられる。鉄(くろがね)諸島では、ベイロンの跡継ぎとしてヤーラとその叔父ユーロンの2人が名乗りを上げる。壁の向こうにタイムトリップしたブランは、ホワイトウォーカーの長、“夜の王”に見られ腕に触れられてしまい・・・。

6話 血盟の血

  • 52分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第6話 「血盟の血」原題: Blood of My Blood (Ratingなし) 脚本:ブライアン・コグマン 監督: ジャック・ベンダー Jack Bender ホーダーを残し森へ逃げたブランとミーラは謎の男に助けられる。サムとジリは、サムの故郷ホーン・ヒルで母と妹に温かく迎えられるが、野人を憎む父親には冷酷な扱いを受ける。ジャクェンの指示通り劇団女優の暗殺の機会を窺うアリアは、楽屋で彼女に話しかけられてしまう。マージェリーは“贖罪の道行き”の罰を受けるべく聖堂前に立たされる。ドスラク人部族の大軍を率いてミーリーン帰還を目指すデナーリスは・・・。

7話 砕かれし者

  • 50分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第7話 「砕かれし者」原題: The Broken Man (PG12相当) 脚本:ブライアン・コグマン 監督: マーク・マイロッドMark Mylod ハイ・スパローと話すうちに次は祖母の身が危ないと察知したマージェリーは、一刻も早くキングズ・ランディングを去るよう祖母を説得する。ジョンとサンサはダヴォスと共に北部の名家を回り、加勢を求めるが難航する。ブロンと兵を率いてリヴァーラン城に着いたジェイミーは、ブリンデン・タリーに城を明け渡すよう要求する。真の自分に戻りブレーヴォスを出ようと試みるアリアだったが、謎の老婆に声をかけられ・・・。

8話 誰でもない者

  • 58分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第8話 「誰でもない者」原題: No One (R15+指定) 脚本:デヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス 監督:マーク・マイロッドMark Mylod 負傷したアリアは自分が殺すはずだった舞台女優の楽屋に逃げ込み、手当てしてもらう。ハウンドは村人を惨殺した“兄弟団”を追い、敵討ちする。ミーリーンでは、ティリオンとヴァリスの策が奏功して町に活気が戻ったかに見えたが・・・。キングズ・ランディングではトメンが重大なお触れを出す。リヴァーランに着いたブライエニーは包囲戦を張っていたジェイミーと再会し、ある作戦を提案する。まだ傷の癒えないアリアの元に再び追っ手が現れ・・・。

9話 落とし子の戦い

  • 59分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第9話 「落とし子の戦い」原題: Battle of the Bastards (R15+指定) 脚本:デヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス 監督: ミゲル・サポチニク Miguel Sapochnik ティリオンとの取引に反しピラミッドを攻撃し始めた奴隷主人たちに対し、デナーリスは3頭のドラゴンを率いて応戦する。兵を可能な限り集めたジョンは、ついにラムジーと対峙し臨戦態勢となるが、その夜、作戦をめぐりサンサと衝突する。ミーリーンに着いたシオンとヤーラはデナーリスに謁見し、船の提供と引き換えにヤーラへの鉄(くろがね)諸島の返還を依頼する。そして、北部奪還とリコンの命をかけ、ついに落とし子同士の戦が始まる…。

10話 冬の狂風

  • 68分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

第10話 「冬の狂風」原題: The Winds of Winter (R15+指定) 脚本:デヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス 監督:ミゲル・サポチニク Miguel Sapochnik サーセイとロラスの審判の日。なかなか姿を見せないサーセイを迎えに出たランセルがベイラー大聖堂の地下に駆け込む少年を不審に思い、後を追うと・・・。ミーリーンでは、デナーリスがダーリオに別れを告げ、ティリオンを“女王の手”に任命する。ブランは、若き日の叔母リアナが居る塔で、ある真実を目撃する。キングズ・ランディングに戻ったジェイミーは焼け落ちた大聖堂を横目に城へ帰還。玉座の間で見たものは・・・。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズ