異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~

第10話 女傭兵/トリアエズナマの秘密(前編)

「異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~」の「第10話 女傭兵/トリアエズナマの秘密(前編)」をフル動画で配信中!

  • 28分

レンタル

標準画質 /7日間 /110pt

登録してレンタル

レンタルしてから30日以内に視聴を開始してください。初回再生から7日間視聴可能です。期間をすぎると視聴ができませんのでご注意ください。

画質について

あらすじ

「女傭兵」 東王国(オイリア)の女傭兵・リオンティーヌは、北方の貴族の元へ向かう途中、ある人物を探していた。戦場で相まみえたあの男は、いまどうしているのだろうか。リオンティーヌは戦ったあの日の借りを返しにきたのだ、と言うのだが……。 「トリアエズナマの秘密(前編)」 市参事会議長バッケスホーフが、居酒屋「のぶ」の買収に乗り出した。しのぶがその申し出を頑なに断ると今度は「トリアエズナマは御禁制の酒である」と脅してきた。帝国の法律に抵触していたら、信之としのぶも最悪死罪になってしまうかもしれない……!?

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』の動画一覧

まとめ買い

全話第2話~第12話

  • 14日間 660 pt 〜

    45%OFF

お嬢様の難題/はじめての海鮮丼 / しのぶちゃんの特製ナポリタン/キスの日 / 盗人/仕事帰りの豚汁 / 中隊長の弱点/招かれざる客 / 親方喧嘩/美女と油揚げ / メンチカツ/密偵とサラダ / 仁義なき蒲焼き/中隊長の凱旋 / 初夏の天ぷら盛り合わせ/三酔人のカラアゲ問答 / 女傭兵/トリアエズナマの秘密(前編) / トリアエズナマの秘密(後編)/老人と魚 / 北方三領邦会議之顛末/古都のエール

本編

再生
第1話 おでんのじゃがいも/若鶏の唐揚げ
  • 28分 
  • 無料

「おでんのじゃがいも」 古都アイテーリアで衛兵として働くハンスが、同僚のニコラウスに連れて行かれたのは、居酒屋「のぶ」という名の不思議な酒場だった。期待を膨らませるハンスの前に出されたのは、透き通る黄金の酒「トリアエズナマ」、そして見たこともない温かな料理「おでん」だった。 「若鶏のから揚げ」 衛兵隊長・ベルトホルトが、部下のハンスを伴い、最近噂の居酒屋「のぶ」にやってきた。ベルトホルトは信之の腕前を試すため、古都ではまずいものの代名詞とされる、鶏肉料理を注文する。

第2話 お嬢様の難題/はじめての海鮮丼

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「お嬢様の難題」 ヨハン=グスタフと、わがままな姪っ子ヒルデガルドという二人の貴族がやってきた。ヒルデガルドの注文は、「臭くなくて辛くなくて酸っぱくなくて苦くなくて硬くなくてパンでも芋でもお粥でも卵でもシチューでもない、おいしいもの」。古都にある数々の名店も匙を投げたその難題に、信之はどう答えるか。 「はじめての海鮮丼」 麦の仲買人・イグナーツは、妹の結婚相手であるカミルの気の小ささを心配していた。妹を任せられるような立派な男になってほしい。そう願うイグナーツは、未来の義弟の度胸を試すため、ある試練を課す。

第3話 しのぶちゃんの特製ナポリタン/キスの日

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「しのぶちゃんの特製ナポリタン」 ゲーアノートはあの手この手で税金を搾り取る、泣く子も黙る徴税請負人である。居酒屋「のぶ」に目をつけたゲーアノートは、支度中の店で店主・信之の帰りを待ちながら、店の粗探しを始める。 「キスの日」 衛兵・ハンスはニコラウスから、今日は居酒屋「のぶ」が「キスの日」であることを聞いた。「キスの日」とはいったい何なのか。まさか、しのぶちゃんが、そんな破廉恥な……! 「キスの日」を楽しみにしていたというしのぶの言葉の真相は……!?

第4話 盗人/仕事帰りの豚汁

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「盗人」 居酒屋「のぶ」に盗人が入ったという知らせを受けて、聖職者である助祭・エトヴィンがニコラウスを伴ってやってきた。しかし店は通常通りに営業している。ニコラウスがしのぶを問い詰めると……居酒屋「のぶ」に入り込んだ、盗人の正体は……? 「仕事帰りの豚汁」 冬の寒さが厳しい夜。居酒屋「のぶ」の前に衛兵のニコラウスが倒れていた。しのぶたちに助けられたニコラウスは、その身に降りかかった災難と、その後の厳しい試練の数々を語り出す。ニコラウスが乗り越えられたその秘策とは?

第5話 中隊長の弱点/招かれざる客

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「中隊長の弱点」 鬼と呼ばれ恐れられるベルトホルトの唯一苦手な食べ物は、イカである。イカ漁師の娘と見合いをすることになったベルトホルトは、信之に様々な料理を出してもらい、何とか苦手を克服しようとするが……ベルトホルトとイカにはどんな因縁があるのだろう。 「招かれざる客」 美食家で知られる〈気取り屋〉ブランターノ男爵とその従者たちが居酒屋「のぶ」に押しかけてきた。用心棒を使って強引に店を貸し切った従者のダミアンは、「シュニッツェル」を出せと言ってくる。信之が作り方を訊きに出ている間、しのぶとエーファはまかないようのサンドイッチを作り始めるが……。

第6話 親方喧嘩/美女と油揚げ

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「親方喧嘩」 鍛冶職人マイスター(名人)・ホルガ―と、ガラス職人マイスターのローレンツは、互いをよく知る幼なじみ。自分の頼んだ料理のほうがトリアエズナマに合うだの、こっちのほうが美味いだの喧嘩を始めてしまって剣呑な雰囲気に!? 「美女とあぶらあげ」 お客が全員帰っていった閉店間際、その女はいつの間にかカウンターに腰掛けていた。水干を着て、不思議な雰囲気をまとうその人は、油揚げをつまみに冷酒を傾ける。その物憂げな目にはどこか見覚えがあると、信之としのぶは首を傾げる。

第7話 メンチカツ/密偵とサラダ

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「メンチカツ」 宿屋〈飛ぶ車輪〉亭を営むロルフとコローナがやってきた。コローナは、孫の嫁にしたいと迫るが、突然の申し出に困惑するしのぶ。一方で、信之はロルフから「どっちの店の出す肉料理が美味いか」という勝負を持ちかけられていた。 「密偵とサラダ」 帝国の隣国、東王国(オイリア)の密偵・ジャン=フランソワ・モーント・ド・ラ・ヴィニーは、帝国の古都・アイテーリアで潜入調査をしていた。食材の流通能力を調べていたジャンは、居酒屋「のぶ」で出されたサラダに衝撃を受ける。

第8話 仁義なき蒲焼き/中隊長の凱旋

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「仁義なき蒲焼き」 水運ギルド「金柳の小舟」のラインホルトの部下が、「水竜の鱗」のゴドハルトの縄張りに手を出してしまった。賠償は運河の漁業権くらいしか出せないが、その川で捕れるうなぎは泥臭くてあまり食用に使われないらしく……。 「中隊長の凱旋」 無事にヘルミーナと結婚し、古都へ凱旋したベルトホルト。しかし新居への引っ越しを失敗し、ヘルミーナを居酒屋「のぶ」へ預けてほしいとやってくる。ちょうど「のぶ」はうなぎの蒲焼きが評判になって、大繁盛していた。

第9話 初夏の天ぷら盛り合わせ/三酔人のカラアゲ問答

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「初夏の天ぷら盛り合わせ」 〈花園の熊〉亭が店を閉めることになった。常連客たちは店主のビョェルンを囲み、盛大に人生の門出を祝う。美味い料理と酒を、ビョェルンは自分の店に長年通ってくれた常連客たちと楽しんでいく。その姿を見た信之としのぶの胸に、ある思いが生まれる。 「三酔人のカラアゲ問答」 唐揚げの味付けは「シオ」と「ショーユ」どちらを注文するか、シオ派のベルトホルトとショーユ派のニコラウスが言い争っている。自分の支持する唐揚げがいかに素晴らしいかを力説するが、いっこうに結論が出ない。ついに意見を求められたハンスの答えは……?

第10話 女傭兵/トリアエズナマの秘密(前編)

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「女傭兵」 東王国(オイリア)の女傭兵・リオンティーヌは、北方の貴族の元へ向かう途中、ある人物を探していた。戦場で相まみえたあの男は、いまどうしているのだろうか。リオンティーヌは戦ったあの日の借りを返しにきたのだ、と言うのだが……。 「トリアエズナマの秘密(前編)」 市参事会議長バッケスホーフが、居酒屋「のぶ」の買収に乗り出した。しのぶがその申し出を頑なに断ると今度は「トリアエズナマは御禁制の酒である」と脅してきた。帝国の法律に抵触していたら、信之としのぶも最悪死罪になってしまうかもしれない……!?

第11話 トリアエズナマの秘密(後編)/老人と魚

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「トリアエズナマの秘密(後編)」 信之としのぶの運命の日がやってきた。トリアエズナマの嫌疑について、調査担当のゲーアノートは、持ち前の能力を遺憾なく発揮して調べ上げた。店に集まった全員の前で、その内容を公表するゲーアノート。それにより、驚くべき事実が明らかになる。 「老人と魚」 貴族・ヨハン=グスタフが、威厳のあるひとりの老人を連れてきた。老人はトリアエズナマを味わいと快活に笑い、様々な料理を味わっていく。ただならぬ雰囲気をまとうヨハンの伯父であるこの老人、いったい何者なのだろうか。

第12話 北方三領邦会議之顛末/古都のエール

  • 28分 
  • 7日間 110 pt 〜

「北方三領邦会議之顛末」 先帝の命令で、ラガー流通の許可がおりた。その報告に喜ぶしのぶたち。久々にナポリタンを注文することができたゲーアノートは、先日行われたという北方三領邦との会議で起きた出来事について話し始めた。それはどこかで聞いたことのあるようなもので……。 「古都のエール」 ブランターノ男爵が、上物のエールの樽をたくさん持ち込んで、客全員に振る舞ってくれた。居酒屋「のぶ」の危機を乗り越えられたのは、店を想ってくれる客たちがいたからこそ。居酒屋「のぶ」が古都に繋がり店を開いてから、半年が経とうとしていた――