X‐ファイル シーズン3

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

X‐ファイル シーズン3

"X-ファイル"とは、FBIの緻密な科学捜査でさえ真相究明できない未解決事件のレポートのこと。女性捜査官スカリーはモルダー捜査官の補佐としてX-ファイル課に転属してくる。モルダーは…

『X‐ファイル シーズン3』の動画一覧

まとめ買い

全話第1話~第24話

  • 字幕/吹替 
  • 30日間 2,772 pt 〜

    30%OFF

祈り  / ペーパークリップ / D.P.O. / 休息  / 名簿  / 胃液 / 歩兵  / 土牢 / 二世 / 731 / 黙示 / 害虫 / 星 / グロテスク / 海底 / アポクリファ / プッシャー / 骨董 / 賭博 / 執筆  / 化身 / ビッグ・ブルー / 電波 / タリサ・クミ

第1話~第12話

  • 字幕/吹替 
  • 14日間 1,584 pt 〜

    20%OFF

祈り  / ペーパークリップ / D.P.O. / 休息  / 名簿  / 胃液 / 歩兵  / 土牢 / 二世 / 731 / 黙示 / 害虫

第13話~第24話

  • 字幕/吹替 
  • 14日間 1,584 pt 〜

    20%OFF

星 / グロテスク / 海底 / アポクリファ / プッシャー / 骨董 / 賭博 / 執筆  / 化身 / ビッグ・ブルー / 電波 / タリサ・クミ

本編

第1話 祈り Blessing Way,The

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

スモーキング・マンは組織の圧力を受け、盗まれたMJファイルを必死に取り戻そうとしていた。モルダーが行方不明な上、FBIを停職処分になり失意のスカリーは、謎の"マニュキアマン"に出会う。彼はスカリーに、身近な者が彼女の命を狙っていると警告する。一方、ナバホ族の人々によって瀕死の状態で救い出されたモルダーは、彼らの"祈り"の儀式によって死の淵から甦っていた。スカリーは警告された殺し屋とはスキナーではないかと疑い、彼と対決する。その間に姉のメリッサがスカリーの家を訪れていた。モルダーを襲った暗殺者たちがスカリーを狙って潜んでいるとも知らずに……。

第2話 ペーパークリップ Paper Clip

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

復活したモルダー、そしてスカリーは、モルダーの父と共に古い写真に写っていた人物を探し求める。彼の名はビクター・クレンパー。元ナチの戦犯で、50年代に行なわれた通称「ペーパークリップ作戦」に関わっていたとされる科学者だ。クレンパーは写真を撮った場所がウェスト・ヴァージニアの鉱山であることを明かし、スカリーに「ネーピアの定数」を知っているか、と質問をするのだった。一方、暗殺者に撃たれたメリッサは病院に収容されるが、意識不明の重体だった。モルダーはメリッサの元に、スカリーの代理として、自分の命を救ったナバホ族のホスティーン老人を差し向ける。

第3話 D.P.O.

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

オクラホマ州コナービルで、落雷によると思われる若い男性の死亡が多発する。スカリーはその5人目の被害者の解剖を行なう。一見、死体に異常は見られなかったが、その心臓は黒焦げ、眼球の水晶体は白濁していた。スカリーは死因を特定しきれず悩む。だが保安官のテラーはFBIの介入を煙たがり、彼らの死因は落雷だと言い切った。モルダーが死亡現場近くのゲームセンターのゲーム機で得た手がかりを元に、二人は自動車修理工場で働く青年グレン・ピーター・オズワルドと会う。実はグレンは5件の落雷事故の最初の被害者で、唯一の生存者だった。

第4話 休息 Clyde Bruckman’s Final Repose

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

占い師連続殺人事件の最新の殺害現場に呼ばれたモルダーとスカリー。犯行は被害者の臓物と眼球を採り出すという残虐なものだった。そこにタレント霊能者ヤッピが現れた。ヤッピの大仰な霊視に僻目する二人だが、現場の刑事たちは大真面目だ。その後セントポールで新たな被害者が発見された。発見者のブルックマンは、なぜか人の死に方だけを霊視できる特殊な能力の持ち主だった。ヤッピとは違い、彼は自分の能力を疎んでいた。そこにかえって真実味を見いだしたモルダーは、彼に連続殺人犯の捜査協力を求める。だがブルックマンは非協力的だった。彼の中にはある思いが渦巻いていたのだ。

第5話 名簿 List,The

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

フロリダ州イーストポイント刑務所で、強盗殺人の罪で11年あまりも獄中にあった囚人が、今にも極刑に服しようとしていた。名はニーチ・マンリー、彼は最後まで自分の無実を主張し、不当な仕打ちを恨み続けていた。処刑間際に、彼は「必ず甦って5人の命を奪う」と言い残す。その後刑務所内で、2人の看守が次々と謎の窒息死を遂げた。モルダーとスカリーは、マンリーの呪いとなにか関係があるのではないかと疑う。囚人仲間のスペランサは、マンリーが復讐したがっていた5人の人物の実名を知っていた。それを聞き出そうとするモルダーたち。しかし所内にはスペランサを狙う者がいた。

第6話 胃液 2Shy

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

クリーブランドでローレン・マッカルビーという女性が変死体で発見された。彼女の死体は干からびたようになって、全身が粘液にまみれていた。モルダーはミシシッピ州で起きた女性の知景事件との関連を疑い捜査を開始、スカリーは遺体の検死を行なおうとする。しかし、まさに作業を始めようと死体安置所のロッカーを開けた瞬間、骨以外の部分の組織が溶けて流れ出したのだ。スカリーはモルダーに、遺体は何か胃液に似た成分によって激しく痛んでおり、脂肪成分が著しく減少していたと告げる。ローレンと失踪した女性達には、新聞の恋人募集欄に投稿していたという共通点があった。

第7話 歩兵 Walk,The

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

エバンストン基地陸軍病院に入院しているスタン中佐は、自殺未遂を何度も繰り返していた。彼は何者かが自分を恨んでおり、3カ月前に焼死した妻子も殺されたのだと信じていた。スカリーは中佐が典型的な戦争後遺症であると考える。しかし実は、エバンストン基地には、以前にも家族を火事で失い数度の自殺未遂の上、命を絶った軍曹がいたのだ。基地の責任者であり、かつて湾岸戦争の際に指揮官として活躍したキャラハン将軍は、なぜか事件の捜査に消極的だった。軍曹と中佐と将軍は、実は湾岸戦争で同じ隊に所属していた。果たして事件は、上官たちに恨みを持つ兵士の仕業なのか?

第8話 土牢 Oubliette

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

シアトルのヴァレーウッズ高校に通う15歳の少女、エイミー・ジャコブが自宅から連れ去られた。同じ頃、食堂に勤めるルーシーという女性が、鼻から血を出して倒れ、病院に運ばれた。彼女は幼い頃誘拐され、犯人に5年間も監禁されるという痛ましい過去を負っていた。DNA鑑定の結果、彼女の服に付いた血に、エイミーのものが混ざっていると判明。モルダーは、ルーシーとエイミーには常識では説明しがたいつながりがあると推測し、ルーシーにエイミーを助けるのを手伝ってほしいと頼む。だが捜査員はルーシーを疑っていた。スカリーはモルダーに「ルーシーに妹の姿を見ている」と言うのだが…。

第9話 二世 Nisei

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

モルダーが通信販売で"異星人の解剖"のビデオテープを25.95ドルで購入した。スカリーは相手にしないが、モルダーは映像にわざとらしさがないため、テープに映っているのは真実だと信じる。アレンタウンの通信販売元、ニューポートニューズの湾岸警備隊本部、UFOサークルの女性会員宅と手がかりを追ううち、政府が海底に沈んだUFOとその乗員を回収し、極秘に調査しているのではないかという疑惑が浮かび上がってくる。そこには、大戦中に731部隊で残虐な実験研究を行なったという日本人医師らが関わっているらしい。スカリーはその医師の一人の顔になぜか見覚えがあった……。

第10話 731

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

異星人とUFOの疑惑を追って、モルダーはカナダ行きの列車に連結された隔離車両にたどり着いていた。モルダーは隔離車両責任者の日本人医師ザマを探すか、ザマは何者かに殺害されてしまう。一方スカリーはウェスト・ヴァージニアのハンセン病研究施設で、全身が変形した何百もの人々の死体が遺棄されているのを目撃する。スカリーは彼らは政府による極秘の人体実験の犠牲者だと信じるが、モルダーは人類と異星人の交配種だと主張した。隔離車両の中に隠された秘密を探ろうとするモルダー。その彼を謎の男が襲った。しかも隔離車両には、ザマの手によって時限爆弾が仕掛けられていた。

第11話 黙示 Revelations

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

聖痕や奇蹟を駆る人間が次々と殺されていた。ケビン・グライダーは手足からたびたび原因不明の出血をする少年で、次の標的として狙われる恐れがあったため、モルダーとスカリーは彼を保護するため赴く。いつもは超常現象に懐疑的なスカリーが、今回に限ってなぜかケビンの身に起こる奇蹟を信じようとする。ケビンの父、庭師のジャービスもケビンに特別な力があると信じていた。だがジャービスは謎の男に襲われたケビンを庇い、死んでしまう。その遺体は死後も変化なく、微かに花の香りが漂うのだった。ケビンは本当に神の使いなのか?そして彼を付け狙う男は何者なのか?

第12話 害虫 War of the Coprophages

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

消毒作業のため、モルダーはやむを得ず住んでいるアパートを離れていた。彼は、ミラーズグローブの保安官から妙な話を聞く。町で害虫駆除の作業員がゴキブリに襲われ、死亡しだというのだ。さらに死者は増え続け、町はゴキブリに怯え始める。モルダーは2ヵ月前に建ったという農務省の研究施設を怪しんで、乗り込む。そこにはベレンバウムという女性の昆虫学者が一人いるだけで、異常はなかった。ベレンバウム博士を信用したモルダーは、彼女の協力を得て事件の謎を解明しようする。一方スカリーはモルダーの身を案じて町に駆けつけるが、町はゴキブリのためにパニック状態に陥っていた。

第13話 星 Syzygy

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ニューハンプシャー州コミティでは、男子高校生が次々と殺され、地元の人々は悪魔崇拝者のしわざだと恐れていた。モルダーとスカリーは現地へ赴くが、彼らの目の前で、3人目の被害者ブームの棺が燃え出す。二人はブームが死んだ際、その場にいたという女子高生、テリーとマージに話を聞く。彼女たちは、ブームの死には悪魔教が関係していると証言した。一方で、町の私有地から骨が掘り出され、住民の恐怖とパニックは極限状態に達してしまう。彼らによる悪魔狩りが、今にも始まろうとしていた。その間も少年少女の犠牲は増え続ける……。果たして悪魔教は本当に実際するのか?

第14話 グロテスク Grotesque

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

3年間に若い男性を7人も殺害したという容疑で、ジョン・モストウという男が逮捕された。しかしその後も犠牲者は止まず、事件の担当者であるFBIのビル・パターソンは苦悩していた。そこにモルダーとスカリーが、新たに捜査に加わった。モストウは芸術家崩れで異常なほどにガーゴイルのモチーフに固執していた。捜査を続けるうちに、モルダーはいつしか自らもガーゴイルに取り葱かれたようになっていく。パターソンとスカリーは常軌を逸したモルダーの捜査方法を危ぶむ。その頃、事件の凶器がFBIの保管室から消えているのが判明。発見された時、そこにはモルダーの指紋が付いていた……。

第15話 海底 Piper Maru

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

カリフォルニア州サンディエゴにフランスのサルベージ船パイバーマルが緊急入港した。乗組員は一人を除いて全員被爆していた。彼らは太平洋北緯42度東経171度の海底で何かを引き上げようとしたらしい。それはかつてタラパス号がUFOを回収したのと同じ位置だった。モルダーは一人だけ無事に帰還した潜水夫のゴルティエを追う。証拠をたどり香港まで赴くモルダー。彼はそこでクライチェックと再会した。一方、姉の殺人事件の捜査が打ち切られると聞ぎ、スカリーはスキナーを糾弾する。自身も不満を感じていたスキナーは上部からの圧力に抵抗するが、暗殺者に撃たれ、重傷を負ってしまった。

第16話 アポクリファ Apocrypha

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

クライチェックは盗んだテープの情報を香港で売っていた。だが仏政府は情報売買について一切を否定した。帰国したモルダーはクライチェックを取り逃がし、テープを取り戻すこともできなかったが、スモーキング・マンとの会見に成功し、貴重な情報を得る。タラパス号が海底から引き揚げたのは第二次大戦中に米戦闘機が撃墜したUFOだったのだ。病院に運ばれ一命をとりとめたスキナーが再び襲われた。スカリーは犯人を捕えるが、それは姉のメリッサを殺した犯人と同一入物だった。モルダーとスカリーは犯人の供述を元に、UFOが移送されたというノースダコタの廃ミサイル工場へ向かう。

第17話 プッシャー Pusher

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

プッシャーと名乗る男が、自分は連続殺人事件の犯人だと警察に電話で告白してきた。モルダーたちは彼を逮捕し、有罪を立証しようとする。プッシャー=モデールは、相手を暗示にかけ自殺するように仕向ける特殊な能力を持っていた。捜査の結果、彼の脳には腫瘍ができており、余命いくばくもないことが判明。彼に特殊な能力が宿ったのは、その腫瘍のせいだったのだ。モデールはかつてFBI捜査官になる夢を抱いていたが、それが果たせなかったため、エリート捜査官であるモルダーに異様な対抗心を燃やしていた。モデールと対決するため、モルダーは一人で、彼のいる病院に乗り込んでいく。

第18話 骨董 Teso Dos Bichos

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

南米エクアドル、テソ・ドス・ビチョス遺跡で、地元民セコナ族の崇める巫女・アマルの墓が発掘された。セコナ族の反対を押し切って、出土品をボストンに送ろうとしたローズベルト博士は失踪。3週間後、ボストン自然史博物館で2人目の失踪者が出る。どちらの現場にも大量の血痕が残っていた。モルダーとスカリーは、調査隊に参加しており、セコナ族と博物館の間の交渉役のピラク博士に事情を聞く。だがピラクの様子はどこか変だった。そのうち3人目のルートン博士が失踪し、彼の食いちぎられた小腸が木の梢に引っかかっているのが見つかる。これは墓を荒らされたアマルの崇りなのか?

第19話 賭博 Hell Money

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

葬儀場の火葬炉で、中国人の男が生きたまま焼かれて死ぬ事件が続出していた。モルダーたちは、11件目の事件の起きたサンフランシスコで調査を開始。火葬炉には"鬼"という字と"地獄の金"と呼ばれる祭礼用のお札が焼け残っていた。中国系アメリカ人刑事のチャオによれば、中国歴7月15日、お盆の日には、地獄の門が開いて悪霊がこの世に戻ってくるという。ある晩、墓地で不正に埋葬された中国入の遺体が発見された。遺体には手術の跡があり、角膜と腎臓と心臓が失われていた。二人は、閉鎖的な中国入社会の中に、臓器売買に関わる悪質な臓器摘出の組織があるのではないかと推測する。

第20話 執筆 Jose Chung’s from Outer Space

  • 45分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ワシントン州クラス郡で、車の中から少年少女が何者かに連れ去られるという事件が発生した。無事に保護された2人は、UFOに乗った異星人に誘拐されたと証言。モルダーとスカリーは現地に向かい、2人を別々に尋問する。しかし、彼らの証言は微妙に食い違っていた。そこへ誘拐現場を目撃したという人物が現れるが、今一つ証言に信悪性がない。彼は目撃後、黒服の男たちに脅されたという。その上今度は、モルダーらの元に異星人の死体が発見されたという知らせが。しかし発見者はUFOオタクだった上、異星人は着ぐるみで、中には人間の死体が入っていたのだ。事件はさらに大騒動に……。

『X-ファイル』シリーズ

この作品をみた人はこちらもみています